twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

Oiva Toikka | オイバ・トイッカ
Flora | フローラ

Brand:iittala | イッタラ
Production Period : 1966-91 / 2002 / 2014-

1963年からヌータヤルヴィガラス工場のデザイナーとして着任したオイバ・トイッカ。当時のヌータヤルヴィガラス工場は、プレスガラスの製造が急速に発展し、カイ・フランクの5035グラス(1963-1967)や5037グラス(1964-1972)等が生産されていました。オイバ・トイッカは、そのプレスガラスを用いて、1964年にKastehelmiシリーズをリリースし大成功をおさめ、それに続く新作としてデザインしたのがFloraです。1960年代半ばは、フィンランドで花や果物をモチーフにした新しいデザインがたくさん生まれています。例えばマイヤ・イソラがデザインした、マリメッコの代表作Unikko(1964年)、ビルガー・カイピアイネンがデザインしたアラビアのParatiisi(1968年)もこの頃の作品です。そんな時代にガラスに使用される事のなかった植物をモチーフにして、ガラスの凹凸で図案を表現するという新しいガラスシリーズが誕生しました。スタート時は、型押し(プレス)のタンブラーでしたが、それはすぐに中止され、薄い仕上がりとなる型吹きでの生産へと切り替えられました。1966年の生産開始以降、様々な形、サイズ、カラーを増やし、大幅なラインナップ変更、生産終了となりながらも、多くのユーザーからのリクエストを受けて再生産され、今もイッタラを代表するロングセラーとなっています。ただ人気商品だったので類似製品も多く、よく見ると柄が違っていたり、そもそもガラスではなくプラスチック製だったりする物まで存在します。(Floraの生産に必要な金型というのは非常に高価で気軽に作れる物ではありません。あまり見た事のない珍しい柄というのは基本的に存在しないと考えていいと思います。)そんな類似品多発な程に人気となったフローラの長い歴史を見ていると、大きく4つの時代に分けての見方ができそうです。

第一世紀:1966年~1977年

スタートのカラーラインナップは、クリア、ブルー(現在のライトブルー)、バイオレット、グレー。アイテムラインナップは、タンブラー2サイズ、パンチグラス、ボウル240mmでした。その後も毎年新たなアイテム、サイズが次々に追加され、発売から2年後の1968年にはアメジストも追加されます。テーブルを飾ったり、食事を楽しんだり、家での生活を豊かにするフィンランドの人達に、こういったものが非常に喜ばれたことがよくわかります。Floraは更に海外へも輸出され、特にドイツやアメリカで大ヒットしました。カラー展開がクリアのみへと変更されるのは1978年ですが、1973年には全ての脚付アイテム、そして多くの色ガラスのアイテムが廃版になっています。

COLOR

クリア、ブルー、バイオレット、グレー、アメジスト

LINEUP

タンブラー 15cl / タンブラー25cl
ボウル 150mm / 190mm /240mm
ステムボウル 150mm / 190mm /240mm
脚付グラス:シェリーグラス6cl / パンチグラス10cl / カクテルグラス10cl
ワイングラス15cl / ビアグラス25cl
シュガーボウル10cl / クリーマー10cl
ピッチャー100cl /150cl / 200cl
ベース 150mm / 210mm / 255mm(脚付)

MEMO

第一世紀は計測方法が違うので容量表記が現在と異なります。
15clが現在の23cl、25clが現在の36clです。当初は小さかった訳ではない。

1968年発売のクリーマーとシュガーボウル。シュガーボウルは、現在の80mmボウルと同じ形、柄もほぼ一緒です。加えてパンチグラスの上部分とも同じです。(但し、パンチグラスのみ、底の柄が少し違っています。)

シュガーボウルとクリーマーにのみグリーンの展開がある。

第一世紀は、おそらくこの他にも、色々なアイテムが生産されていたのではないかと予想されます。氷がグラスに流れ出ないようにピッチャー(1968-1991)の注ぎ口が曲げられた物もみつかりました。またボウル240mmのオパールガラスのように、試作として作られたと思われる物が、人の手に渡っている場合もあります。

ベースに注ぎ口を作り、持ち手を付けるとピッチャーになります。

様々な色が存在するシュナップスグラスは何故だかクリア以外、カタログや資料に出てきません。その理由はそもそもシュナップスグラスはノベルティとして作られた物だからという事らしいです。

第二世紀:1978年~1991年

オイルショックの影響もあり色ガラスを使ったアイテムは生産終了し、カラーは完全にクリアのみの展開となります。その一方で、グラスにはシュナップス、ダブルオールドファッション、ハイボールなどが加わりサイズは豊富に。プレスガラスで作られるプレートもラインナップに加わりました。派手で豪華なアイテムは終了となり、実用面を重視したラインナップへと修正されていった、そんな印象を受けます。

COLOR

クリア

LINEUP

タンブラー23cl / 36cl、ピッチャー120cl / 200cl
ボウル 80mm / 150mm / 190mm / 240mm
チーズカバー 、プレート 40cm / 26cm / 17cm
シュナップスグラス 5cl / ウイスキーグラス 37cl (D.O.F) / 43cl (H.I.B)

MEMO

ビンテージショップで聞いた話、17cmより小さい皿が存在するらしい。

第三世紀:2002年

過去の販売時からの知識しか情報はないのですがラインナップは5アイテム。クリアのみで短期間ですが再生産されました。スコープで取扱開始した2003年5月には既に廃版となっていたので2002年の限定生産だった可能性が高いです。日本国内では化粧箱に入った状態で販売されていたのでギフトアイテムとして人気でした。

COLOR

クリア

LINEUP

タンブラー23cl / 36cl、ボウル100mm / 150mm / 190mm

第四世紀はスコープの時代

タンブラー2サイズ、ボウル3サイズ、ピッチャー1サイズというラインナップで、スコープ単独での復刻を実現ました。それは奇しくも、Floraの全盛期を支えたヌータヤルヴィ工場の閉鎖が決まった2013年末。その後閉鎖される2014年初めにかけて、ヌータヤルヴィ工場とその仕事を引き継ぐイッタラ工場との2箇所で生産されるという、少し特別な物となりました。それもあり初回納品された6アイテム(全てクリア)に限り、普段のイッタラシールではなくヌータヤルヴィシールが貼られています。更に2015年7月には、Floraにとって実に37年ぶりとなる新色セビリアオレンジが登場。続いて光源により色の変わるアメジストを使ったボウル80mmもOMKに投入となりました。まだまだ続きます。

材質 ガラス
生産 Made in Finland
備考 ビンテージ品ですので、食器として国内に輸入するための食品衛生法の基準を満たしているかの検査は通しておりません。飾り・コレクションとしてお楽しみください。

scope ARCHIVES Flora

No.0007 [1971-1973]

生産期間がわずか2年と短いアイテム。ベースは同じ年に高さ150mmのものも作られています。ピッチャーの注ぎ口とハンドルがない物、それがベースです。

  • Vase 210mm Violet No.0007φ115×H210mm / 636g
  • Vase 210mm Violet No.0007
    φ115×H210mm / 636g¥25,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました

No.0008 [1970-1973]

ステムのついているアイテムは確認できる範囲で全て1973年に廃番となっているので、このサイズもおそらく同様かと思います。その推測が正しければ生産年数は3年となるので、ヴィンテージ市場でなかなかお目にかかれない理由もわかります。ボウル150mmにステムが付いているで、熱でのカットができず、ボウル縁は研磨処理されています。

  • Stem Bowl 150mm Blue No.0008φ156×H185mm / 696g
  • Stem Bowl 150mm Blue No.0008
    φ156×H185mm / 696g¥35,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました

No.0009/No.0010 
[1966-1973]

Flora発売当初のラインナップに含まれていたアイテム。ボウル部分は、シュガーボウルやボウル80mmとほぼ同じサイズですが、底部分を含め、若干の柄の違いがあります。このアイテムを加えることでシリーズの印象ががらりと変わり、Floraがより華やかで豪華に感じられます。

  • Punch Glass 10cl Clear No.0009φ78×H94mm / 139g
  • Punch Glass 10cl Clear No.0009
    φ78×H94mm / 139g¥8,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました
  • Punch Glass 10cl Clear No.0010φ79×H93mm / 133g
  • Punch Glass 10cl Clear No.0010
    φ79×H93mm / 133g¥8,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました

No.0011/No.0012 
[1969-1973]

25clと当時は表記されていましたが、実際は現在のタンブラー36clにステムがついた物ですから、ビアグラスとして活用できる十分な容量があります。同じ型を使用して、様々なアイテムを作りラインナップを拡大していく、オイバらしい発想が感じられます。クリアのみの生産だったようです。

  • Beer Glass 25cl Clear No.0011φ63×H160mm / 180g
  • Beer Glass 25cl Clear No.0011
    φ63×H160mm / 180g¥10,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました
  • Beer Glass 25cl Clear No.0012φ63×H160mm / 182g
  • Beer Glass 25cl Clear No.0012
    φ63×H160mm / 182g¥10,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました

No.0013/No.0014 
[1967-1973]

15clと当時は表記されていましたが、実際は現在のタンブラー23clにステムがついた物です。ビアグラスより一回り小さく、繊細な雰囲気があります。クリアのみの生産だったようです。

  • Wine Glass 15cl Clear No.0013φ55×H143mm / 159g
  • Wine Glass 15cl Clear No.0013
    φ55×H143mm / 159g¥9,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました
  • Wine Glass 15cl Clear No.0014φ55×H143mm / 145g
  • Wine Glass 15cl Clear No.0014
    φ55×H143mm / 145g¥9,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました

No.0015/No.0016 
[1966-1972]

Flora発売当初からラインナップされているタンブラー25cl。現在ではタンブラー36clと表記されている物と、容量やサイズは同じですが、柄は似てはいても、かなり異なっています。また生産時期にもよるとは思いますが、古い物の方が比較的柄がはっきりと(凸凹が激しく)表面に出ているようです。ヴィンテージには、縁の部分が研磨処理されているものもみられます。

  • Tumbler 25cl Blue No.0015φ63×H118mm / 131g
  • Tumbler 25cl Blue No.0015
    φ63×H118mm / 131g¥7,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました
  • Tumbler 25cl Blue No.0016φ63×H118mm / 126g
  • Tumbler 25cl Blue No.0016
    φ63×H118mm / 126g¥7,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました

No.0017/No.0018 
[1969-1973]

Floraの中で一番小さなシュナップスグラス。生産開始は1973年、生産はクリアのみと資料には記載されていますが、実際にはクリアだけでなく、バイオレット、グレー、ブルー、アメジストも存在しています。これは当初ノベルティとして作られていた物だから、販売のリストに出ていなかったのだと思われます。1983年にもシュナップスグラスは発売されていますが、そちらは細長い形で今回販売されるものとは異なります。

  • Schnapps Glass 6cl Blue No.0017φ50×H50mm / 51g
  • Schnapps Glass 6cl Blue No.0017
    φ50×H50mm / 51g¥4,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました
  • Schnapps Glass 6cl Blue No.0018φ50×H50mm / 51g
  • Schnapps Glass 6cl Blue No.0018
    φ50×H50mm / 51g¥4,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました