twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
Artek (アルテック) /  アンブレラスタンド 115 Artek (アルテック) /  アンブレラスタンド 115

Artek / アンブレラスタンド 115


見るからにアルテック

積層合板を曲げ三角形に仕上げた
フレームと3本の無垢材、
そして取り外しできる真鍮トレイ。
素材感にとても品ありな傘立て115。

構造はいたってシンプルで
素材そのものに近い家具だからこそ
いつまでも使い続ける事ができます。
アルテックの棚にも使われている
三角形のフレームは
Stool60のLレッグのような
アイコン的パーツだから
見るからにアルテックの製品。
知識はなくても一目でアルテックだと
わかる人も多いのではないでしょうか。

そう、シンプルなデザインだから
いつまでも飽きる事なく使えるって
言葉をよく耳にするけれど
飽きないからいいというものでもなく
そういわれて物を手にして使っていても
飽きてないようで、忘れてしまっている、
価値がなくなってしまっている、
そんな物が多い気がします。
結局、デザインだけの問題ではなく
素材も含んだバランスに
品がないといけないのでしょう。
この、まさに「アルテックな傘立て」は
いつまでも使い続ける事ができる
いつまでも価値を持ち続けてくれる
忘れられる事のない名品だと
スコープは感じています。
実際、1930年代から製造は続いていて
非常に息の長い製品ですから
それは間違いないでしょう。
だって、使い続けていった先の姿が
楽しみで仕方ないですもん。
間違いないですよ。

Artek (アルテック) /  アンブレラスタンド 115

1930年代から続くもの

1950年以前から製造されていたのは
確実なんだけどって
友達のビンテージディーラーから聞き
自分の手持ち資料を調べていたら
1935年~39年の製品群に掲載されていました。
1930年代から作られていたようです。
トレイの素材は元々ブリキで
それが真鍮へとグレードアップ。
その後、更に変更があり1980年代の物は
プラスチックトレーでした。
(※その期間が結構長かったようです。)
そして、また現在の真鍮製に戻ります。
だから、今の物はいいですね。
プラスチックトレイにすればコストは下がり
そうですけど、品が大きく落ち、この傘立て
には少々不釣り合いな印象があります。
過去より今の物づくりの方が姿勢が良い
というのは、非常に素晴らしい事だと思います。

  • 水受け
Artek (アルテック)
Alvar Aalto (アルヴァ・アールト)
材質 本体:バーチ (ラッカー塗装)
トレイ:真鍮
サイズ 約W270×D230×H475mm
重量 約1.5kg
生産 Made in Finland
  • 木製品について

Artek アンブレラスタンド 115

  • ¥54,500(税抜き)