twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
東屋 (あづまや) /  猿山修の洋食器 ボウル1

 

東屋 / 猿山修の洋食器 ボウル1

まっすぐに作られた日本の洋食器


東京元麻布にて、古陶磁などを扱う古道具店「さる山」を主宰をする猿山修氏がデザインし、石川県小松市在住の陶工、岡田直人氏が製造を手がけた猿山修の洋食器。

「日本の洋食器を」を意図してデザインされたこの食器は、ひとつひとつ、ろくろで手挽きして作られています。

十分な深さがあり直線的なラインがモダンな印象のボウル1は4つのサイズが用意され、サラダ、煮物、スープ用のボウル、そして麺類や丼物用の器としてまで幅広い対応が可能です。

猿山修の洋食器は触感、形、重さにおいて「手どり感」が重要視されており、器を手にして食事をする日本人独自の感覚にしっくりと馴染みます。和食洋食が混在する食卓において親しみと使いやすさを両立した類稀な器といえます。

 

  • 食卓風景
  • 手どり感



人の手が量産する器


ヨーロッパの食器は、陶器から磁器へと移り変る過程で、よりシャープに、より薄く、より均一なものに良さを求めながら発展しました。そのため、現在ほとんどの洋食器が、均質に仕上がる型を使って生産されています。猿山修の洋食器は日本での洋食器の形・存在を考え、ヨーロッパとは違った陶器の発展方法でモダン化し製作されました。陶器では難しい磁器のような金属的なアウトラインを意識する一方、職人の手癖やちょっとした歪み、釉薬の揺らぎなど日本人の好む部分が無作為に残されています。この趣は底部分に施された刻印ひとつをとってみても感じとることができます。


  • 側面
  • スタッキング&サイズ比較
  • シリーズ
  • 刻印



ツメ焼き


普通、皿底面部分には釉薬がのっていないことが多いのですが、意匠的に底面にも釉薬をのせることがあります。その場合“ツメ焼き”という手法が使われます。焼成で釉薬はガラス質に変化しほぼ液状になり、ツメ焼きをしないと窯内で土台の板に貼り付いてしまうため、釉掛けした器の底面に米粒のような丸めた粘土を付け、土台板に置き窯へ入れます。
その後焼成し窯から出した後、底にくっついた丸い粘土を削り取ります。器の底にはツメ跡(め跡)として残り、裏面もひと手間加えたこだわりの表情を見せてくれます。


  • ツメつけ
  • 土台板に載せる
  • め跡

 

東屋 (あづまや)
猿山 修 (さるやま おさむ)
岡田 直人 (おかだ なおと)

 

材質 半磁器土(主原料:花坂陶石)
サイズ
S 約φ100×H43mm 190ml
M 約φ135×H58mm 450ml
L 約φ165×H70mm 800ml
XL 約φ198×H90mm 1500ml

個体差があるためサイズ・容量はあくまで目安です。(特に直径は1cm前後の誤差が発生する場合がございます。)

重量
S 約110g
M 約225g
L 約370g
XL 約770g

個体差があるため重量は目安です。

生産 Made in Japan
 
電子レンジ 食器洗浄器
 

東屋 猿山修の洋食器 ボウル1

  • S 100mm
  • S 100mm¥4,500(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました
  • M 135mm
  • M 135mm¥6,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました
  • L 165mm
  • L 165mm¥7,500(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました
  • XL 198mm
  • XL 198mm¥9,500(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました
  • 特徴
  • 釉薬のヌケ
  • 1つ1つ手作りで製作されているため、サイズや表情に個体差があります。それらを理由とした返品はお受けできません。ご了承下さいませ。
  • 裏面に釉薬がかかりきらなかったヌケが見られる場合がございます。
  • 本品の高台部分にはツメ焼きという特殊な製法で焼かれた際に出来た跡が数箇所必ず残っておりますことあらかじめご了承ください。
  • 陶器製品について
  • ハンドクラフト製品について