twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
iittala / Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015)

 

iittala / Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015)

(Lakla & Egg / 2015年発表 2015年アニュアルバード&エッグ)

2015年、最後の最後になってしまいましたが
アニュアルバード再入荷いたしました!
今回も全て個別撮影して販売します。
(Eggの再販売は2016年の年明け以降となります)

本国のイッタラのサイトを見たら
LaklaはBean Goose(ヒシクイ)と説明がありました。
実物のヒシクイは褐色の地味な色で
Laklaとは全く似ていないのですが
そんなことはドンマイ!気にするまい!
今回はアニュアルバード4年ぶりの透過ガラスで
さらにアニュアルバード初となるグリーン!
バードファンなら定番のツボをダブルで
グッと押さえられ、「そこそこそこ!」と
声が出るほど気持ちいい、そんな
アニュアルバード&エッグなのです。

ボディーは色が濃く、発色のよいグリーン。
サイドには銀色がうねるような
縞模様になった楕円の羽柄。
頭にもブルー系の透過ガラスが使われ
くちばしはラスターの仕上げ。
タイプとしては昔からよく見られる
スタンダードなバードではありますが
バード販売の10年以上のスコープの
経験から申し上げますとLaklaはツボだらけ。
例年以上に人気のバードとなるのは
間違いないと思われます。

窓際に置く場所があるなら
光を透過するタイプが文句なしにオススメ。
窓際にスペースがなくても
背景が明るい場所、
光の差し込む場所であれば十分。
透過する深いグリーンの美しさが引き立ちます。

数あるガラス製バードの中で、
一年間だけ作られ、生産年も刻まれる
アニュアルバードは、記念年の贈り物や
家族の記念品として大事にされる方も多く
非常にファンの多い人気シリーズ。
1996年から続いていて2015年でなんと20作目!
エッグは更に数量も限定されていて
(2015年は750個)裏には
ナンバリングもされています。

そうそう、毎度お伝えしていることですが
スコープではもう何年もの間、
フィンランドのアンティークショップや、
各国のオークションサイトで探したりして
過去のアニュアルバードを集めていますが
まだフルコンプできていない。。。です。

アニュアルバードは
販売終了してしまうと、後は、オークションや
アンティークショップに並ぶのを待つしかない。
そんなに見つからない物でもないのですが
この年!と思って探すと結構見つからなくて
特に近い年の物ほど不思議と見つからないから
特別な年のバードは、通常販売しているときに
手に入れるのが絶対いいです!それ絶対!です。

 

iittala
Oiva Toikka (オイバ・トイッカ)


 

 

アニュアルイヤーにアニュアルバード

スコープでは、スタッフに子供が生まれると
その年のバードをプレゼントするという
ものすごくありがたい習慣があって、
僕も、次女が生まれた2010年にRosebud、
長男が生まれた2013年にMistle Thrushと
その「ありがたい習慣」にあやかりました。
悔しいことに、長女のときはその習慣が
まだなくてですねぇ。 もらえませんでした。

変な話、子供って、いつ生まれるか
分からないじゃないですか?
2009年のバードがいいからって
2009年に生まれるわけじゃないっていうか。
あたりまえだけど、子供も選べないけど、
バードも選べないんですよね。

だから、スコープのみんなからのプレゼント
っていう気持ち的なものはあったんですが、
最初から愛着があったわけではなくて・・・。

でも20年後、30年後の
子供たちが成長したときのことを想像したら
バードたちも20年物、30年物のビンテージ。
子供と一緒に年を重ねた将来が
ある時ふと、「あ、いいな」って思えて
長女が生まれた年のアニュアルバードCucunorは
あとから、探して買いました。

並べた感じでCucunorとRosebudだけの時も
気に入っていたのですが
4月に生まれた長男のMistle Thrushを一緒に並べると、
これまた、ナイス。

ピンクと赤が女の子で、青が男なんて奇跡。
さらに海みたいな青って言うのもね、
長男の名前との相性も合っててすごくいい。

「あら、この子達仲良く育ってくれそうじゃない?」
なんて密かに思って、いいね+1 みたいな。
そんな風に、いいねがプラスされるたびに
愛着も増していくんでしょうね。

子供が生まれた年に限らず、
結婚したり、家を建てたり、会社を設立したり
そういうスペシャル イヤーには
最初から愛着のある物ではなくて、
愛着をプラスしていけるものを
手に入れてみるのも
僕はいいなって思います。

text: スタッフ 鈴木




iittala / Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015)
材質 無鉛ガラス
サイズ Lakla:約W220×D105×H140mm
Lakla's Egg:約φ90×H120mm
(サイズは目安です。商品により数cmの誤差があります。)
生産 Made in Finland
備考 Lakla 刻印:O.Toikka IITTALA 2015
※Laklaの数字は個体識別用でシリアルナンバーではありません。
Lakla's Egg 刻印:O.Toikka IITTALA 2015 ***/750(手彫り)
※Lakla's Eggは750個限定。シリアルナンバー入り。
 
  •  こちらのバードは個別販売となります。
  •  楽天支店と在庫を分けて販売しています。→ 楽天販売ページ

Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015)

  • シリアルNo.430
  • シリアルNo.430¥55,000(税抜き)
  • シリアルNo.442
  • シリアルNo.442¥55,000(税抜き)
  • シリアルNo.443
  • シリアルNo.443¥55,000(税抜き)
  • シリアルNo.446
  • シリアルNo.446¥55,000(税抜き)
  • シリアルNo.448
  • シリアルNo.448¥55,000(税抜き)
  • シリアルNo.453
  • シリアルNo.453¥55,000(税抜き)
  • シリアルNo.454
  • シリアルNo.454¥55,000(税抜き)
  • シリアルNo.460
  • シリアルNo.460¥55,000(税抜き)
  • シリアルNo.467
  • シリアルNo.467¥55,000(税抜き)
  • シリアルNo.472
  • シリアルNo.472¥55,000(税抜き)
  • 99背中に1mm程のグレーの点が3個みられます。
  • 99¥55,000(税抜き)
  • 102底面に2mm程度のグレーの点がみられます。
  • 102¥55,000(税抜き)
  • 115尾の左に細かい気泡の集まりがみられます。
  • 115¥55,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました
  • 119頭の左側にピンホールがみられます。
  • 119¥55,000(税抜き)
  • 129首の後ろにヨレがみられます
  • 129¥55,000(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました
  • 130左首元に7mm程の細長い気泡がみられます
  • 130¥55,000(税抜き)
  • 132尾にピンホールがみられます。 右前方に1mm程の黒い混入がみられます。右前方にヨレがみられます。
  • 132¥55,000(税抜き)

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) シリアルNo.427
  • シリアルNo.427
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) シリアルNo.428
  • シリアルNo.428
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) シリアルNo.447
  • シリアルNo.447
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 85
  • 85
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 86
  • 86
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 87
  • 87
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 88
  • 88
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 89
  • 89
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 90
  • 90
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 91
  • 91
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 92
  • 92
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 93
  • 93
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 94
  • 94
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 95
  • 95
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 96
  • 96
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 97
  • 97
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 98
  • 98
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 100
  • 100
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 101
  • 101
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 103
  • 103
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 104
  • 104
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 105
  • 105
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 106
  • 106
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 107
  • 107
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 108
  • 108
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 109
  • 109
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 110
  • 110
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 111
  • 111
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 112
  • 112
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 113
  • 113
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 114
  • 114
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 116
  • 116
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 117
  • 117
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 118
  • 118
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 120
  • 120
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 121
  • 121
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 122
  • 122
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 123
  • 123
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 124
  • 124
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 125
  • 125
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 126
  • 126
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 127
  • 127
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 128
  • 128
  • Birds by Toikka Lakla (Annual Bird & Egg 2015) 131
  • 131
  • ガラス製品について
  • ハンドクラフト製品について