twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

 

木屋 / 薬味寄せ

一家に一個
おろし金、擂鉢のお伴
木屋の薬味寄せ


生姜をおろし酢の物にちょんと乗せる。
おろしニンニクを餃子のタネに混ぜる。
ゴマを擂ってきんぴらごぼうにかける、
卓上で薬味として添える。

ざっと考えただけでも、
日々料理をしていくなかでの
「擂る・おろす」という仕事の様が
いくらでも簡単に頭に浮かんでくる。

手間といえば手間なのだけれど
やはり擂りたて、おろしたては
香り良く断然美味しいのだから
目に見えて結果が得られる
わかり易く気持ちのいい良い手間だ。
特に東屋の擂鉢を使い出してからは
擂りたてのゴマの美味しさに開眼し
いよいよやめられなくなっている。

東屋の擂鉢を使うようになって
しばらく経った頃、東屋の社長から
「擂鉢使うなら必要でしょ」と
1つ手渡されたのがこの薬味寄せ。
木屋の新しい道具だった。

そう言われて初めて
今までの小さな不便を意識した。
当たり前の事かなって
実は気にもしていなかった事に、
そこで気付く事になった。

おろし金に絡まったショウガを
菜箸でずっとカリカリこそげたり
擂鉢の溝に入り込んだゴマを
もったいないと思いながらも
束子を使って洗い流していた。
まぁ普通はそうなる。でも、そうか。
この薬味寄せを使えばいいのか。
使う前から何だか少しスッキリした
気分になった。これはいい。

そしていざ台所に持ち込んでみれば
思いのほか出番は多かった。
特におろし金と一緒に使う事が多い。
日本料理以外でも
おろしニンニク、おろしショウガは
良く使うのだから当たり前か。

使い心地は、ひと掻きで綺麗に!
という訳ではなくて、
チャチャっと搔けば大体取れる。
そんな具合なのだが、それがまた
完璧過ぎず、現代のハイテク感を
全く感じない良い塩梅なのだ。
使い心地が良いというのは
こういう事なのかもしれない。

これがあるとないとでは
勝手がまったく違う。
格段に後片付けも楽になったし、
食材を無駄にしないという
気持ちよさも加わった。

もはやおろし金、擂鉢を使う時は
一緒に取り出す癖になる程だ。
こういうチョットした道具は
沢山いらないし単価も安いので
作る方としてはなかなか得る物が
少ない事だと思うのだけれども
使う方としては実にありがたいので
心より木屋に感謝である。



木屋(きや) /  薬味寄せ

 

産業構造デザイン
生産の過程が新しい


食にかかわる物、
口に入る可能性がある物は
自然の素材であって欲しい。
道具が化学製品だったら、それらは
少しづつでも削れていくのだから
食べているって事になるわけで
毎日の事と考えると怖い部分がある。
だから化学より自然、つまり
プラスチックより木や竹、土だろう。

この木屋の薬味寄せ、
素材は奈良の竹を使っています。
奈良県生駒市、茶筅の産地として
有名な土地で作られています、
と言えばピンと来る人もいる?

あのお抹茶を点てる茶筅というのは
非常に綺麗な道具なのだけれど
茶筅の少しカールした繊細な先が、
一本でも折れてしまえば、売り物に
ならなくなってしまうのです。
そこでそういったB品や製造時に出る
端材を利用し、この薬味寄せは
作られています。改めて形を見れば
なるほど、と気付く事でしょう。

これまでは使い道もなく
燃やしてただ処分されていた端材や
失敗作、そこに目を付けて
薬味寄せへと生まれ変わらせる。
新たな物作りの流れが生み出されま
した。そのアイデアと目線、
まさに天晴!感心しきりです。




木屋(きや)

 

材質
寸法 W20mmxH80mm / 約3g
生産 Made in Japan

木屋 薬味寄せ

  • ¥600(税抜き)