mina perhonen (ミナ ペルホネン)

 

minä perhonen
(ミナ・ペルホネン)

時の経過によって色褪せることのない服を目指し、オリジナルの図案によるファブリックを作るところから服作りを進める。チーフデザイナーの皆川 明氏を中心に、国内外の生地産地と連携し、素材開発や技術開発にも精力的に取り組む。ブランド名は、デザイナーがスカンジナビアへの旅を重ねる中で、そのライフスタイルやカルチャーに共鳴するというフィンランドの言葉から取った。「minä」は「私」、「perhonen」は「ちょうちょ」を意味する言葉。蝶の美しい羽のような図案や意匠を軽やかに作っていきたいという願いを込めている。ブランドロゴは、「私(四角)の中のさまざまな個性(粒の集合)」を表す。蝶の種類が数え切れないほどあるように、デザイナーの生み出すデザインもまた、増え続ける。


Brand history
1995 ファッションブランド「ミナ」設立。
2000 直営店を東京・白金台にオープン。
2002 初の個展「粒子」展を東京・スパイラル・ガーデンにて開催。
2003 ブランド名を「ミナ ペルホネン」とする。
    フリッツ・ハンセン社とのコラボレートにより、ミナ ペルホネンの布を
    まとった家具を発表。 オリジナルデザインによる家具も合わせて発表。
2004 日本に加えパリでも新作コレクションを発表し始める。
2006 デザイナー皆川 明が「毎日ファッション大賞」(毎日新聞社主催)大賞を受賞。
    デンマークのテキスタイルメーカー「KVADRAT(クヴァドラ)」より
    皆川 明デザインの生地が発表・発売される。
2007 京都に2店舗めとなる直営店をオープン。
2008 うつわコレクションを発表。

    フィンランドの家具ブランドArtekのスツールをミナ ペルホネンの布張りで発表。
2009京都に進展「ミナ ペルホネン アルキストット」をオープン。
   8月、デンマークrundrtaarnにてグループ展に参加。
   10月、オランダ Audax Textile Museum TILBURGにて単独の展示会を開催。