twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

赤紫蘇ジュースの作り方も書いておきました。


今年も気が付くと畑の赤紫蘇が
わさわさと景気よく育っていたので
夏恒例の紫蘇ジュースを作りました。

紫蘇ジュースを知らない人に話すと
高確率で「それ美味いの?」
って返事が返ってきます。
おそらく青紫蘇が青汁になる、
もしくは赤紫蘇が梅干に
変換されてジュースになる
そんなイメージなのでしょう。

僕的にはエルダーフラワーと同じ
ハーブドリンクの感覚で
とても大好きな飲み物。
特にこれからの季節には欠かせません。

いつもは煮出した赤紫蘇の液体に砂糖と
クエン酸を入れて仕上げるのですが、
今年は蜂蜜とレモンで作ってみました。
結果、小ぶりな国産レモン5個では
酸味が足らず無添加を目指したくせに
去年余ったクエン酸を
ちょい足しして完成させるという
軟弱紫蘇ジュースとなりました。

紫蘇ジュースは酸味に酢を使ったり
レシピはネットで調べても千差万別。
ちなみに今回の軟弱紫蘇ジュースの
レシピというかアバウトな手順は
以下の通りです。

————————-
赤紫蘇の葉 300g
水 2L
蜂蜜 500g
レモン5個
クエン酸(適量、味を見て調整)
————————-

1・赤紫蘇の葉を良く洗い水気を切る。
2・沸騰した湯に赤紫蘇投入。3分煮出す。
3・笊にガーゼなどを敷いて漉して、
紫蘇と液体に分ける。紫蘇を軽く搾る。
(強く絞りすぎると苦味が出そうな気が
するので軽く搾ってます。)
4・液体を再び火にかけ蜂蜜を入れ煮詰める。
5・搾ったレモン汁を入れ、もう少し
煮詰める。今回は酸味が足りなかった
のでクエン酸に応援要請。
6・冷まして完成!
ビンやペットボトルに入れて保存します。

タモリ倶楽部の録画を見ながらやってたら
30分くらい煮詰めちゃったので
今回の出来上がりは1.25L程になりました。
水やソーダで割るとちょうどいい感じ。
この辺はカルピス並に適当です。

分量や作り方に
決まりがあるわけではないので
お好みでご調整して問題ありません。
ほぼ失敗しないので難しく考えず
1回作ってみるとコツがつかめます。
今年は紫蘇が採れるだけ作って
自分なりのレシピを
完成させようと思ってます。

text:スコープ 平山

  0  入力フォームを隠す