twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

8月9日はムーミンの日!


8月9日はムーミンの日!
ということで、
Moomin 20 stories」をご愛読
くださっていた皆さまお久しぶり、
ライターの萩原まみです。
スコープでの連載は終了しましたが
世間のムーミン人気は高まる一方。
アラビアのムーミンマグにも
次々に新柄が登場しています。

スコープでのお取り扱い再開は
もう少しお待ちいただくとして
その間にぜひ読んでほしい本を
ご紹介させてください。

まず、私が文章を担当いたしました
『ムーミンマグ物語』(講談社)。
スコープのサイトではご紹介
しきれなかった廃番や限定マグも
全65点、網羅しています。

そして、評伝決定版
『トーベ・ヤンソン 仕事、愛、
ムーミン』(講談社)。
第二次世界大戦の戦時下、思うように
絵が描けなくなったトーベは
いちばん最初のムーミン童話
『小さなトロールと大きな洪水』
に取り組み、同作は戦争終結の年に
出版されました。
今年は終戦70年であると同時に
ムーミン出版70周年なのです。
トーベの誕生日の8月9日は
「ムーミンの日」として日本各地で
イベントが開催されますが、
いうまでもなく、長崎に原爆が
投下された日でもあります。
評伝からは戦争に苦しめられ、
平和を心から願ったトーベの
強い想いも伝わってきます。

また、画家として生きたかったのに
ムーミンの大ヒットによって
キャラクタービジネスに
巻きこまれてしまったこと。
スナフキン、ビフスラン、
トゥーティッキらのモデルになった
人々との恋愛についても
当時の写真や日記の引用も交え、
率直に綴られています。

ムーミンにも作者にもそんなには
興味がないわ~という方にも
ぜひ知っておいていただきたい
トーベの哲学をひとつ。
たくさんのムーミングッズが
世に溢れていますが、トーベは
「使う人が自分で何か工夫できる
余地を残してほしい」と
言っていたといいます。
それって、スコープの精神にも
通じるものがあるのでは?
ガラスボウルにリースを入れたり、
ないものは作ってしまったりする
自由で柔軟な発想。
優れたデザイナーでもあった
トーベが生み出したムーミンは
流行りすたりを超越した
エバーラスティングな魅力を
持っています。
そんな秘密をこの本から感じ取って
いただければうれしいです。

text:ライター萩原まみ

※おすすめのムーミンアイテム
ムーミンモビールは第一弾は
11人のキャラから好きな6人選んで、
自分なりの演出が可能!
http://www.scope.ne.jp/flensted_mobiles/moomin_mobile/
第二弾の「ピクニック」はトーベも
大好きだった灯台と海がモチーフ。
今の季節にぴったり!
http://www.scope.ne.jp/flensted_mobiles/picnic/

『ムーミンマグ物語』
http://books.rakuten.co.jp/rb/12685029/
『トーベ・ヤンソン 仕事、愛、ムーミン』
http://books.rakuten.co.jp/rb/12953185/

text:スコープ 酒井

  0  入力フォームを隠す