twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

小公女セーラの部屋にもクリスマスの灯火。


連日アップしている
スコープのクリスマスコンテンツ、
メインステージにはkiviキャンドルホルダー
アメジスト&グリーンをたくさん使って
華やかにやっとります。

が、メインステージを作るには
裏のステージもあるわけで、
料理担当、写真担当のスタッフは、
洗い物などの合間を見つつ、キッチン横の
小部屋で人知れず食事をとるわけです。

そんな「小公女セーラの部屋」と
呼ばれている空間に、
クリスマスだから、とシャチョウが
キャンドルを灯してくれていた。

サルパネヴァスチールプレートに
グリーン、セビリアオレンジ、クランベリーの
高級クラスの暖色kivi。(7,000円越えだべ!)
宝石のようなkiviコーナーのおかげで、
セーラも、メイドのベッキーも、
クリスマスの気分が味わえて、
心もじんわり温まり、とても幸せでした。

と、ボロ雑巾のように働いたかのように
書いてみましたが、実は裏ステージは
酒と食べ物に溢れており、だらしない笑顔で
結構楽しくやっているという事実。
キャンドルのおかげで、いつもより
お酒も進んじゃったーという事実。

クリスマスとは言っても、台所に立つ
時間が長い女性目線で言うと、
実はキッチン周りでキャンドルを灯すのが
一番盛り上がるんじゃない?(自分が)
そんな風に思った、裏クリスマス。

text:スコープ 酒井

  0  入力フォームを隠す