twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

合宿日記 バター薄斬り名人


バターが超・薄く切れる、
東屋のバターナイフ。
スタッフ野田は、毎朝家族のパンに
バターを乗せる担当なんだそうで、
日々のお手伝い成果なのか、
バターを素晴らしくまっすぐ均等に、
1mm~2mmの薄さで切ることができる。

焼けたパンの上にナイフを
少し置いて温めておくといいよ。
と、もっと美しく切るための探求心は
まだまだ止まない様子。

私の家のバターというと、
断面が常にナナメ。四方八方から
ナイフを入れるから超多角形。
こんなところにも人となりが現れるような…。

四角い箱に四角いバターが
納まっている様子は美しかった。
バターとの向き合い方を考え直した朝。

2016年1月30日
佐島撮影合宿にて。

  0  入力フォームを隠す