twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

A2で部屋干しタオルは臭わない。


タオルで顔を拭いた瞬間、生乾き臭ポワ~ン、
風呂上りの爽快感が台無しやないかい。

誰もが経験していると思いたい生乾き臭問題。
この臭いは《雑菌の繁殖》によるもの。
濡れている状態が長ければ長いほど、
雑菌は喜び喜んで増え続け、臭いを放つ。

湿度の高い雨の日の部屋干しはそれすなわち、
雑菌を培養しているようなもの。
では、そんなヤバイ状況の時、
私はいったい何をすれば良いのか。
乾燥機があればよかったけどウチにはないから、
扇風機を回しておこうと考えるも、
留守中にコンセントから発火したら
ボロ家は全焼し、隣の白亜の新築に
燃え移ったりして人生お終いか。。。

結局、干したタオルにA2を噴霧しておく
という方法が、最も安全&簡単で効果が高い。
A2は雑菌の繁殖を抑える効果があるので、
濡れてる状態が長くても
雑菌が繁殖しない=ニオわない。
すでに臭くなった手遅れタオルでも
A2して乾かすと、嘘のように
臭わなくなるのは体験済み。

そうとなると、タオルが新しいうちから、
雨の日の部屋干しの時だけでも
A2を予防的に使っておけば、生乾き臭や
黒カビがポツポツ発生することなく、
タオルの寿命はゲキ的に延びるのでは?

ブルー→ベージュ→ブルーに買替えた
我家の3度目のハウスタオル、
今回は臭くなる前に《予防噴霧》をして
梅雨に備えたいと思います。

text:スコープ 酒井

  0  入力フォームを隠す