twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

超絶お手頃だったって、いつか強く思う日がくる。きっとくる。くるんだよー。

iittala / Birds by Toikka Sieppo

僕の今いる場所にもバードが
いくつか置かれてます。でも、
前に借りておりました
スコープアパートメントみたいに
バードを何十個も置けるような
広い場所は残念ながらない。
だから、ちょこちょこバードを
置いてます。それはビデオテープ
レコーダーの上だったり
ダイニングの端だったり、
コンポの上だったりキッチンの
小さな窓のサンだったり、
目線よりも上、少し高い位置に
ある壁の段差だったり
ベッドサイドテーブルの上や
スツール60の上に花瓶と一緒に
おいてみたり、チョコチョコと。

そういった隙間に置く。
よく考えるとオイバの家でも
棚に飾られたバード達より、
本箱の上、天井すれすれ位置に
ズラリとバードを並べた光景が
実にリアルで印象的だった。

部屋を飾る。いや、
部屋の隙間を飾る。
そんな事にバードは向いてるんだな。
でも僕の空間には大きな隙間がない。
だから大きなバードを飾る場所は
限られてきてしまう。
でも、今の場所であっても
小さなバードがいられるぐらいの
小さな空き地はある。
そんな所に飾ってみよう。

オイバード界において、
かなりの小型種族であり、
その起源ともいえるシエッポ。
1972年リリース当時の作り方&
仕上げにて製作してみました
スコープのシエッポ第二弾
発売開始でございます。

今回の配色は3種類です。

≪ブラウン+クリア≫
初期シエッポのド定番配色。
ブラウンは元々クリアくちばし
しかないと思うので今回も
ブラウンはこれ以外作りません。
なのでブラウン狙いの方は
どうぞお見逃しなく。

≪コバルト+グリーン≫
ビンテージシエッポではレアな
コバルトブルーは、クチバシが
ブラウンのタイプも作りますが
鮮やかな配色はこちらです。
キューヒューとの相性はこれが
抜群。後々アメジストを加えれば
キューヒューテール配色完成。
多分、これが一番人気でしょう。

≪グリーン+イエロー≫
こいつは2015年アニュアルの
Laklaと並べて飾るとチリバツ。
本当はクチバシのイエローが
パウダーになる予定でしたが
イエローガラスへ変更となり、
かなりクリアに近い。
ブラウンと一緒にスロソルヤと
並べるのも洒落ています。

今回のシエッポ企画はバードを
今まで買った事ないんだけど
興味はあるんだけど、
どれにしたらいいか迷うんだけど
バードって案外大きいなって
そう思うんだけど、だから
小さくてお手頃なのが欲しいな
って思うんだけど、買ってない。
そんな方々つまり多くの方に
とって、始まりのオイバードは
始まりのシエッポにて企画です。
なので単品の数を増やしました。

アニュアルバードも高くなり
来年リリース予定のスコープ
オリジナルバードの見積もりも
予想の1.5倍と強烈に高い。
世界的にバード人気が高まっている
って事なんだけれども、
人気高いと高くなるってのも
?な話だけれども、ここまでくると
スコープの力ではどうしようもなく。
力不足ですみません。

スコープの企画パワーで
何とかなってた時代の産物
シエッポを存分に楽しんで頂ければ
それでいいのかと、先のことは
あまり深く考えないようにしようと
僕には珍しく少し諦め気味です。

text:シャチョウ

  0  入力フォームを隠す