twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

#Paratiisi

9/

23

Teema Tiimi

iittala

今日のスコープ

Paratiisiオーバルプレートと一緒に使える茶碗。

ちょっと特別な日のメニューは、 ステーキとグリーンサラダ。 盛り付けるお皿はParatiisiオーバルプレート。 ここまでは、間違いない。 で、横にはパン&スープ。と まとめたいところだけれど、 実際は、ご飯とみそ汁を 無意識に用意してしまっている。 レストランの様にプレートに 平たくライスを盛ってみようかしらん。 いや、そうなると、フォークとナイフで ご飯を食べることになるぞ、欧米か~。 って、想像の段階で自分に突っ込む。 Paratiisiと茶碗。 フィンランドと日本。 食文化のベースが違うから 永遠 続きを読む

6/

19

Paratiisi Oval Plate 25cm

ARABIA

今日のスコープ

特別であることが大事なのだ

北欧食器といえば?アラビアのバレンシア、ティーマ等があがりそうですが、一部の通な人は、えっ、ティーマ?キルタでしょ、なんて事を仰りそうでもありますけれど、僕はここで敢えて、敢えてでもないか、敢えてでもないのだけれど、ももクロのパラティッシじゃない、モノクロのパラティッシをあげたい。それもメインプレートとして最も選ばれる丸皿21cmではなく、オーバルプレート25cm、これが抜群によいです。プレートで25cmと聞けば何だか少し大き過ぎじゃないかしら?と思われる方も多いでしょうが、イヤイヤ実際に使えばそんな事は 続きを読む

4/

20

シャチョウの日記

パラティッシページリニューアル

今更リニューアルってナンデだろ~って所でしょうが解説しよう!パラティッシはブラックのみに絞りました。僕もカラータイプ持っています。けれど、どうもブラックばかりを使ってしまうのです。好みの問題なのでしょう。長く使い続けてきまして、やはりカラーよりブラックの方が僕にはいいみたい。だから、スコープではカラーの取扱はやめてもいいかなって、そんな事でやめてしまいました。すみません。で、パープルもやめました。素晴らしくイイのですよ。特にカップ&ソーサーなんて最高です。大好きです。できれば取り扱い続けたかった。でも大人 続きを読む

2/

1

今日のスコープ

合宿日記 サンルイ島のプティフール

昨日のマーロウプリンに続いて 今日は葉山マダムの テッパン手土産という噂のある 『サンルイ島』の焼き菓子でお茶。 スコープ、ミーハーだもんで。 小さな焼き菓子プティフール。 箱からつまんだらそのまま一口で いってしまいそう。いや、いってしまうか。 その品格薄い行動を抑制してくれたのは テーブルセットに出しておいた パラティッシのプレート。 可愛らしい焼き菓子を 引き立てるプレートがあることで 一旦、手元で愛でるゆとりが出来た。 お紅茶を少しいただいてから 楽しませていただくわ。的な、 マダムな余裕ができて 続きを読む

12/

9

今日のスコープ

自宅でトリュフとパラティッシ

トリュフを思いっきり削ってみたい、 僕が長年抱いていた そんなドリーミンを叶えるべく、 クリスマスコンテンツに無理くり突っ込んだ、 トリュフを削りまくる場面の数々。 外食で思う存分トリュフを削ってしまう程の 豪気は備わっていないけれど、 自宅ならば頑張ればできる! 知り合いのハイ食材室へ 黒トリュフとスライサーをオーダーした。 アルデンテに炊いたリゾットに、 チーズをたくさん削り落とし、 テーブルに運ぶ。 そこへ念願のトリュフを投入! スライサーで削るとたちまち いい香りが部屋いっぱいに広がる。 GO・M 続きを読む

1/

30

取材・開発

遂に石本藤雄大先生もスコープとタッグでポン!やったでポン!ポポンのポン!

なんとなく、これからパラティッシの オーバルが更にアーチーチーだと思うので 他のオーバルも再度揃えて使ってみようと 思い立ちまして、いざ探してると ボウルが見つからない。んなもんですわな。 プレートは21cmと23cmと見つかったんです けどね。まぁ、よく考えればビンテージ っていうのも無限ではないから あの時あったのに、と言っても仕方ない。 次あるかなんてわかんない。それってのは 現行品も同じか。僕も、あー、これー、 前に在庫余るぐらいあったのになぁー、 もっと仕入て持ってればよかったとか。 ボットナと 続きを読む