twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

#Holmegaard

7/

19

ROYAL

Holmegaard

明日の昨日は、今日

終わって、また始まる。

高校を卒業して 友達が大阪の大学へ入学した。 その最初の夏休み、 地元で数カ月ぶりに会ったら 妙な大阪弁だった。 ほんまぁ~おれ大阪弁? むっちゃ楽なんやわー。 その妙な大阪弁を聞いた時、 何だかチョット遠い物を感じた。 それ以来、なんでだかそんなに 会わなくなってしまった。 そんな風に少しの事で 終わる事もあるけれど 終わってまた始まる事もある。 仲の良い大学時代の友達から 久しぶりに電話があって 遊びに来ることになった。 それは結構嬉しい事だったから 近くに住んでる友達にも連絡し 張り切ってお酒の準備 続きを読む

5/

31

Flora ベース

Holmegaard

シャチョウの日記

花を飾る事が日常になる芽

この花瓶と出会ってから、 花を飾るという事が 実に身近になったと思う。 花を飾る。 どれだけ花瓶を持っていても 日常にならなかった事が、 ひとつの物との出会いで大きく変わり 不思議な程にすんなりと 日々の生活に定着していく。 その変化の芽となったのが、 このフローラという花瓶であり、 実に使い易い日用品との出会いだ。 デンマーク王室御用達ブランド、 有名デザイナーとセールスポイントの 多い物なのだけれど、 それらは結局、使っていく中では、 どうでもよくなってしまう。 フローラの魅力は使い易さ、そこに尽きる 続きを読む

5/

27

Lantern

Holmegaard

今日のスコープ

初夏の虫除けはシトロネランタン。

年々、蚊の出る時期が早くなっている。 今年はまさかの2月に刺されたので、 とうとう蚊も、越冬エボ☆リューション! 進化したんじゃないかと疑っている。 まだ初夏の爽やかな風を感じていたいのに 目の前を上下しながら横切る 蚊のヤロウメ。コノヤロオメェ。 窓を閉めてエアコンも早すぎるし、 蚊取り線香で夏を感じるにも早すぎる、 そんな時期にアロマ的な香りも雰囲気も、 蚊除け効果の具合も丁度いいのが ランタン&シトロネラキャンドル。 ガラスのランタンを使うなんて、 酒井の分際でオシャレ過ぎやしない? っていう気もし 続きを読む

5/

10

lantern

Holmegaard

今日のスコープ

冬モノが夏にという、先取り的な?いや違う。

先取りはオシャレだけれども 遅れてんのは少しダサい印象がある。 先取り、遅れ、似たような事なのに その言葉尻からか印象は強烈に違う。 それが度を越してくると 更におかしなことになる。 冬に半袖半ズボンだとアホだと 思われる反面、夏に浜崎あゆみが どこぞのパーティーで毛皮を着てたら それはおしゃれ扱いとなっていた。 先取りだからだ。って、ちょっと待て。 それは冬の前の夏なのか 冬の後の夏なのか、わからないやない。 真逆にあるのは先取りなのか 遅れてるのか、わからないやないか。 そうか、結局はそうか、 人の問 続きを読む

2/

5

シャチョウの日記

花瓶でフローラをお試しアレ

スコープの看板女優 ダブルフローラ。 浅野温子的食器DEフローラ、 浅野ゆう子的花瓶DEフローラ。 どちらもナイスダッショー なんだけれどもー 浅野ゆう子の方を今月だけ 特別価格にしてみましたから 久方ぶりに花瓶フローラを 振り返ってみよう思います。 イクぜ!タカ!OK!トシ! タカ&トシ 正しくはタカアンドトシ。 スコープで取扱い始めたのは 2011年だから結構前の事です。 それ以来ずっと使ってるから それも飽きずに毎度使い続け てるから、持続性は実証済み。 花瓶フローラ最大の魅力は 花をお洒落に飾るの 続きを読む

12/

23

今日のスコープ

では、みなさん、頑張って

さてさて買い集めた 食器やキャンドル、テーブルクロスと、 手元には演出をお手伝いしてくれる 仲間が揃っているだろうから、 ここからはスコープではなく、 みなさんのパゥワァ―次第。 どんな風にどんな組み合わせで食器を使うか、 どんな料理を作るか、どんな流れにするのか。 テーブルに食器を並べ、 イメージを膨らませてみるのは とーーーーってもイイ事ですよ。 実際に置いてみると、 想像していたのとはバランスが大きく違う という現実を理解できますから。 料理する前で良かった! とにかく、食器やキャンドル、 花瓶のセ 続きを読む

12/

15

Flora ベース

Holmegaard

お手入れとハウツー

花瓶フローラの中を洗う。

花1本から大きな枝物まで、 生けやすくて安定感があって これ以上の花瓶はないと言い切れる フローラベース。 ただ1点、中が洗いずらい。 いろいろ試してみて、 その問題を解決してみました。 ① 漂白剤でつけおき 特に目立つ汚れがない場合は、たまに漂白剤を使ってぬめり落としをするだけで十分。少量の漂白剤お花長持ちの秘訣にもなるので、神経質にならなくても大丈夫。 ② 届く部分は歯ブラシで 首元部分の汚れには、歯ブラシでゴシゴシが一番。 ③ MQクロスでトルネード 濡らしたMQクロス(ニットがおすすめ)を回転させ 続きを読む

12/

10

今日のスコープ

シャンパンとベリー

最初の一杯どうする? 『シャンパンは女性を口説くための酒』って 獅子文六が書いていた。それを読んで以来、 相手に妙な勘違いをされないよう、 周りの人にシャンパンを勧めないように しているデリケートな僕である。 そして自分自身もシャンパンから 飲み始めて激しく酔った苦い経験が 度々あるから、普段は白スタートという ルールにしているけれど、 クリスマスはちょっと特別だ。 最初にシャンパンをポンとあけ、 楽しいパーティー始まりの狼煙を上げる。 ちょいと儀式めいた事、 クリスマスみたいな日は積極的に 取り入れた方 続きを読む

11/

11

Floraベース

Holmegaard

今日のスコープ

白い小花とユーカリとFloraベース12cm

Flora12cmに、3種類の花を生けてみた。 12cmといえば、可憐な花を一輪、 ちろりと挿すのがお家芸だったけど、 今回は秋のニューウェーブ、 コンビネーション技にトライしてみた。 Flora的、トリプルアクセル。 小さな花瓶に、何種類かの花を混ぜて飾る、 まあ新技というほどのことではないけど、 色のトーンを合わせれば、とても簡単に 気軽に花を飾れるのがうれしい。 淡く褪せたようなユーカリの緑は、 小さく白い小花たちと一緒になると それを引き立てて、また違った表情に。 今回はヤマシロギクと、レースフラ 続きを読む

11/

8

Flora vase 24cm

Holmegaard

今日のスコープ

ユーカリとFloraベース24cm

大きなユーカリの枝を、 そのままFloraに生けてみた。 枝のカット位置を間違えると、 花瓶に挿したときに、 くるりとひっくり返るから、 ハサミを入れるのは慎重に、 と言われたけど、ともかく この太い枝を切るのは、大変だから 一度そのまま挿してみる。 決して切るのが面倒というわけではない。 ところが、これが案外うまくいくパターン。 24cmのFloraベースは、さすがの安定感で、 ジャングル状態のユーカリを挿しても びくともしない。相も変わらず頼れるヤツ。 『これはこれでいいんやない?』 シャチョウ、鶴の 続きを読む

1 2