twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

#木屋

1/

12

和蒸籠

木屋

お手入れとハウツー

木屋の和蒸篭 使い方をマスターする。

木屋の和蒸籠をゲットしたら、トライしたいもの、 シューマイに餃子、おこわ、中華まん、茶碗蒸し… 寒い季節にぐっとくるホカホカが次々と襲ってくる。 さぞかしおいしいのだろうねぇ、妄想は膨らむばかり。 そんな和蒸籠の実力を、この目と舌で確かめるべく、 まずは撮影合宿に持ち出して、色々使ってみることにした。 さてこの私にうまく使いこなせるのだろうか。 今まで蒸籠というと中華蒸籠をイメージしていたけど、 今回使うのは和蒸籠。 分厚い蓋と深さのある身、取り外しのできる竹簾が特徴。 竹で編まれた蓋の中華蒸籠が蒸気を逃 続きを読む

7/

7

打ち出しフライパン

木屋

今日のスコープ

木屋 鉄フライパンの持ち手は、案外熱くなりにくい。

長く使うには、持ちやすさが結構大事。 鉄フライパンは持ち手が熱くなるもの。 当然、木屋の鉄フライパンも 一体型になった鉄で作られているので、 じわじわと熱くはなります。 でも、料理が終わるまでにミトンを 必要とするほどは、熱くなりません。 私は自宅で24cmを使っていますが、 ハンバーグ、野菜炒め、チャーハンなどの 一般的な料理で、今のところノーミトン。 私の手の皮、面の皮がブ厚いから、 という可能性も大なので、手の皮が薄そうな フライパンユーザーの女子スタッフ数名にも 聞いて回りましたが、他のスタッフも 続きを読む

3/

15

打出しフライパン

木屋

お手入れとハウツー

【鉄フライパン】 焦げ付かない使い方とお手入れ

使い初めにちゃんとクズ野菜を炒めたし、 使用後は洗って熱して油を引いているのに 私の鉄フライパンは焦げよるわ。 このように、私と同じように、 心が折れそうになってるエンジェルがいたら、 シャチョウが東屋さんに問い合わせ、 製造元の山田工業所から戻って来た 「焦げ付かない使い方とお手入れ」を このブログにまとめましたから、 これを参考にしてもらえば、もう一度 黒光りするフライパンを目指せるはず。 きっと、みんな成功するはずです! 焦げ付きの原因【1】 最初の儀式が甘い 使いはじめのクズ野菜を炒める 「油馴染 続きを読む

3/

15

打出しフライパン

木屋

2016年3月の記憶の記録

最初が肝心デアル

食べて風呂に入り寝る、食べるのだから、料理することも必要、となると、なべやかん、そしてフライパンがいる。木屋の鉄のフライパン、新生活のお供にとてもいい日用品だ。ロウ引きの包み紙を広げ、さっと洗ったら、多めに油を入れ野菜くずを炒める。これから長年ご一緒する事になるフライパンとの最初の儀式。新しい物との少しヨソヨソしい距離感も、このステップを踏む事で少し縮まる。何事も最初が肝心デアル。最近はIHも多いから、此れを使えない場合もあるのだけれど、神戸のマンションはガスキッチン。これで存分に活用できるぞ、と少しホッ 続きを読む

1/

22

薬味寄せ

木屋

シャチョウの日記

擂鉢やおろし金の目詰まり、一件落着。木屋の薬味寄せ。

もったいないなぁーと思う事も 毎日続けていると慣れちゃうもので 知らぬ間にそんな気持ちも果てしなく 薄らぎまして、ザックリ洗い流して おりますのは擂鉢とおろし金です。 僕の中では最早気にならない、 無に近い事になっておりますが、 やはり気にしている人はいまして そこを解決しようとする人がいる。 それもまた素晴らしき方法にて。 奈良県生駒市で作られる茶筅。 抹茶を点てる茶筅は繊細でして 1本でも先が折れてしまえば 売り物にならず、そんな失敗作が 多少なりとも出てくるそうでして そういった物や端材を別物に 作 続きを読む

11/

20

打出しフライパン

木屋

今日のスコープ

木屋の打ち出しフライパン、感じたままレポート

木屋の打ち出しフライパン 20cm、24cm、26cm、 サイズ感を、感じたままレポート。 以前の投稿でコメントを多くいただいた 鉄のフライパンが本日発売ということで、 昼食にナポリタンを作って試してみました。 まさかの3サイズ同時使いレポ、どうぞ~。 まずは、ナポリタンの具になる ソーセージ、タマネギ、ピーマン4人分を 24cmで炒めて、野菜の下準備。 容量的にまだ余裕あり。 フライパン返しも片手で軽快にいける。 ソーセージについた焼き目が美しい。 次に、茹で上がったパスタ200g多めの 2人分を26c 続きを読む

10/

28

打出しフライパン

木屋

今日のスコープ

その鉄フライパンは焦げないのかい?

朝食の撮影で使った 木屋のフライパン、 目玉焼きのフチがカリカリになる! と、スタッフ成戸が大絶賛。 いやいや、 鉄は焦げるんだって。 ウチの鉄フライパンなんて、 一人前のチャーハンが、 なぜか半チャーハンになって 出来上がるマジックフライパン。 えー、えー、半分はフライパンに 持っていかれてるって話ですわ。 だから使い始めてすぐの段階で、 目玉焼きが美味しく焼けるし、 そんなに焦げないよ~!と、 嬉しそうに話していた成戸を 薄ら目で斜め後ろから見ていたのです。 信じるべきはテフロン加工。 ティファールな 続きを読む