うん、新玉ねぎの味!

味見をしながら、
シェフが自信たっぷりに
教えてくれたのは
新玉ねぎのポタージュです。

この白いポタージュを
美味しく作るコツは
焦げ目を付けないように、
弱火で、じっくり、じっくり
30分ほど炒めること。

時間をかけた分だけ、
玉ねぎは甘く濃厚な味になるんです。

普通の玉ねぎでも、作れるのかな?
とシェフに尋ねてみましたら、
出来ますよ。と返事した後で

でも、
この甘みは新玉ねぎにしか出せないなぁ
普通の玉ねぎではこの味にはならない
と、続けていました。

白く透きとおった新玉ねぎ。
今しか味わえない、
特別な美味しさなんですよね。



フローラに何を入れようか?
ワクワクした気持ちで作ってみたのは、
苺のショートケーキです。

一列に並んだ、綺麗な苺の断面も
フローラの可愛いお花柄の、
向こうに透けて見えています。

優しい味のスポンジに苺と生クリーム、
フローラで、作ってみませんか?

スポンジは市販のものをカットしても
もちろんOKなのですが、
このレシピで作るなら、
ケーキ型は15cmで!
150mmのフローラボウルに、
ピッタリはまるスポンジが
焼き上がります。

ふわふわのスポンジ。
たった2個の卵を泡立てるだけで
こんなに膨らむなんてと、
スポンジ作りは、結構はまりますよ♪

優しい味のスポンジに苺と生クリーム。
フローラで、ぜひ!



お祝いやおもてなしにもぴったりの
炊き込みご飯、鯛めしです。

豪華な感じのする鯛めしですが、
このレシピで使うのは切り身とアラ。
普段の食事で気軽に作りたいときには
切り身だけでも大丈夫!

この鯛めしは、
かつおと昆布で取った出汁を使って
鯛の風味にうま味をプラスするので、
気軽に美味しい鯛めしに仕上がるんです。

気軽で豪華に見える鯛めし。
普段の食卓にもおもてなしにも
おすすめの炊き込みご飯です!


東屋
伊賀 布袋鍋
東屋
宮島
東屋
印判小皿



腕をふるって料理したい時
そんな時にピッタリのレシピです。
何かのお祝い、節目、
誰かを応援したい時、
自分が元気になりたい時かもしれません。

今回のレシピは、フレンチのシェフに教わった中でも難易度マックス!
腕のふるい甲斐のあるお料理です。

サクサクのパイの中身はこんがり焼き目を付けたホタテがゴロゴロ。その周りには、こちらもホタテを使ったムースがふんわり。パイがサクサクなのは中身をキャベツで包んで、中のムースが直接パイに付かないようにしてあるから。

手順も多いですが、
レシピにはコツがたくさん。
一度作ってしまうと、なんだ意外と簡単
なんて言われてしまうかもしれません。

添えるソースは、
卵黄を湯煎しながら泡立てる
サバイヨンソース。
あっという間に出来る本格ソースです。

ぜひ腕をふるってみてください!


iittala
Sarjatonプレート26cm ※取扱い終了



赤かぶや赤大根の
鮮やかなピンク色をいかして
花びらみたいなサラダを作りました。

花びらのカーブは、お箸にくるっと巻きつけて氷水の中に入れて作ります。
これはお刺身のあしらいとして添えられる、くるんとした飾り人参を作る
手法なんですよ。

繊細な飾り人参とは違って、こちらはざっくりと何枚かをまとめて箸に巻きつけるのですが、それがちょうど自然の花びらのように、それぞれが不規則にカーブしていい感じ。お子様と一緒に作るのも楽しいですよ!

このサラダに添えるのは、
フランボワーズドレッシングです。
じつは、基本のドレッシングのビネガーとオイルの割合は決まっていて、組み合わせを変えるだけで様々なドレッシングが作れます。

今回は、フランボワーズビネガーとグレープシードオイルを使って、ピンク色のドレッシングに仕上げました。

甘酸っぱい香りがふんわり香る一品はバレンタインディナーのサラダにもピッタリですよ。


iittala
Kastehelmi プレート31.5cm ※取扱い終了



おうちでアイスクリームが
作れるなんて
ちょっと驚きです。

素材はシンプル!
スーパーで手に入る
身近な材料だけで作れるんです。

材料は、卵黄、牛乳、
生クリーム、グラニュー糖

あとバレンタインも近いので、
チョコレート。

大人向けに、干しぶどうのラム酒漬け
のトッピングも添えてみました。

手作りアイスで大変なのは
冷凍庫から何度か取り出し
かき混ぜて空気を含ませる工程。

でも、このレシピではそこが簡単!
フードプロセッサーを使います。

アイスクリームの下地を凍らせたら、
フードプロセッサーで
空気を練りこみ冷凍庫へ。
口どけなめらかな
アイスクリームの出来上がり♪

外は凍える寒さですが、
部屋をあったかくして食べる
冬のアイスクリームって
とっても贅沢な感じがします。


iittala
ボウル100mm



かぼす、すだち、ゆず、だいだい…
香りのよい柑橘類の果汁をしぼります。

次に、鰹節、昆布、醤油、みりん、
酢、酒、梅干と一緒に、
しぼった果汁を瓶に入れます。

冷蔵庫で1週間寝かせて出来上がり!

加熱しないので
柑橘のフレッシュ感はそのままで、
1週間寝かすことで、
まろやかな味わいに。
材料を瓶に入れるだけ!
なのに冷蔵庫で2か月も
保存出来るんです。
とても簡単な作り方ですが、
料亭で出てくるような上品な
お味のポン酢も基本は
このような作り方なんだそうです。

爽やかな風味のポン酢が、
おうちで作れちゃいますよ。



我が家では、
お父さんとお兄ちゃんが
眼鏡を曇らせながらハフハフとする
定番の鍋、水炊きです。

水炊きという名前ですから、
水から炊くのが正しい作り方
なのじゃないかと言われそうですが

今回ご紹介する水炊きは、
手羽先を1時間煮込んだスープを
ベースにして鍋を作ります。

手羽先のスープには
コラーゲンがたっぷり溶け込んでいるので、
鍋に入れた鶏肉はパサつかず
しっとりとした食感に。

スープを取った手羽先も
ほろほろに柔らかくなっていて
それも鍋の具にしていただきます。

なんといってもスープが美味しいので
シメの雑炊も最高ですよ♪

アツアツを、美味しいポン酢でどうぞ。



土鍋を使って作る、
湯豆腐のご紹介です。

なぜ土鍋を使うのかと言いますと、

土鍋は沸騰するまで
多少時間がかかりますが    
その時間で、
豆腐が芯まであたたまり、
そのかわりに、保温時間は長いので
湯豆腐を美味しくいただける温度を
食べ終わるまで保てるから。

ところで、湯豆腐の食べごろは
豆腐がぐらりとよろめく頃。
と言われています。

沸騰手前で火を止めて食卓へ。

土鍋だと、丁度よい頃合いが、
カセットコンロ無しでも
しばらく保てるんですよね。

つけだれとして作るだし醤油は
濃縮のめんつゆのように
使い勝手がよくて、
こちらもおすすめです。



クリームチーズ
アボガド
スモークサーモン
それぞれの素材を細かく切って
タルタルにしたら、
セルクルという型を使って重ねます。

パプリカの橙色のソースを添えて
色鮮やかな前菜のできあがり!

セルクルとは、筒の形をした製菓用の型で、
これを使うと普段の料理とはちょっと違う、
特別感が出るんです。

内側に一枚、オーブンシートを
あてておき、タルタルを重ねたら、
セルクルをそっと持ち上げ、外します。
のこったオーブンシートを、ゆっくり
はがすとアラ簡単!
綺麗な3色のラインが出てきます。

セルクル...製菓用品店だけでなく、
近頃では、100円ショップにも
置いてあるようですよ。



塩漬けした豚バラ肉。
フランス語でプティ・サレ。
イタリアのパンチェッタみたいなものです。

塩、砂糖、こしょう、水で、
ベーコンやハム作りに使われる、
ソミュール液、という漬け込み液を作って
そこに2日間漬け込みます。
そこから取り出して、常温で2時間、
冷蔵庫で丸1日、
ラップをせずに置いておきます。
これでプティ・サレはできあがり!
たったこれだけの塩漬けと熟成で、
くさみが抜けて、旨みが引き出され、
保存がきく、プティ・サレになります。

このプティ・サレを使って
美味しいポトフを作ります。

驚きなのが、大きめに切った
プティ・サレを鍋の底に置き、
ハーブを乗せたら、まずは
水だけをたっぷり注いで
1時間煮込みます。
味付けしていないのに、
おいしいスープが出来上がっています。

プティ・サレが出汁の素になるので、
そのあと、野菜を加えて煮るだけで、
美味しいポトフになるんです。

ちなみに、プティ・サレにした豚肉は、
冷蔵庫で1週間、
冷凍庫で2ヶ月間も保存可能です♪



5分こねて、30分おいて、
ひろげて、30分おいて、
30分ぐらい焼く、
フォカッチャの作り方です。

ふんわりもっちりな
焼きたてフォカッチャ。
おうちで焼くのも、
そんなに難しくないんです。

基本のプレーンの作り方なので、
お料理に添えたり、
サンドイッチにするのもおすすめです!

こんなに空気がさわやかだと、
サンドイッチ弁当を作って、
ピクニックに出掛けたくなりますね~♪



こどもから
おじいちゃん、おばあちゃんまで
みんなが大好きな、
フランスの家庭料理です。

そう、このお料理を作ってくれた
シェフは、教えてくれました。

みんな大好きだから、
大勢でテーブルを囲むときに
ピッタリだよ!

シャチョウもパクリと食べてひとこと、
海外で食べる味だ!
ラザニアのポテト版だね。

ミートソースに
マッシュポテトに
チーズ、ですから
なるほど、みんなが大好きな味!

オーブン皿ひとつに作って、
取り分けるお皿は、
Paratiisi 使ってみたり。
会話も弾みますね!


normann COPENHAGEN
Familia Warm
ARABIA
Paratiisi プレート16.5cm



フライパン1つで、15分でできあがり!

秋といえばサンマ!不思議なもので
これくらいの時期になると
自然と食べたくなるんですよね。

やっとお安くなってきたサンマ。
いろいろな食べ方で楽しみたいですね。

塩焼き、刺身も最高ですが、
今回のレシピは、トマトソース煮です。
三枚おろしで買ってくると、
骨がないぶん食べやすく、
とっても気軽に作っていただけます♪

フライパンでサンマの両面を焼いて
一度皿に取り、同じフライパンで、
ニンニク、アンチョビを
オリーブオイルで炒め、
トマト缶とオリーブを加えます。

ここまで10分。

そこへ焼いたサンマを戻し、
5分煮ます、これだけ~

合計15分で完成です!

アンチョビとオリーブで、味に深みがでますが、
入れなくても、それはそれでさっぱりと
美味しくできますよ♪


ARABIA
Paratiisi Paratiisi ovalplate 25cm ※カラーは取扱い終了
iittala
Teema プレート15cm



秋から冬にかけて、美味しいかぼちゃ。
でも、収穫のピークは夏なんだそうです。

収穫されるのは夏で、
2~3ヶ月貯蔵している間に
だんだん甘みと栄養が増してきて、

9月初旬から、冬至のあたりまで
スーパーにずらりと並ぶんですね。

美味しくスタンバイしてくれている、
かぼちゃを堪能したくて、
ポタージュを作りました。

バターや生クリームを使った、
しっかりコクのある濃厚なお味。

でも、最後に加える調味料は塩だけです。
素材の美味しさが
最高に引き出されていますよ~





強力粉と卵とオリーブオイルと水
手打ちパスタ、作ってみませんか?

ポルチーニのクリームソースと
合わせると、高級レストランの味!
なのに作り方は、パスタソースの中でも
一番簡単?と思えるくらいにお手軽です。
バターで炒めたベーコンに
ポルチーニと生クリームを
加えて軽く煮詰めるだけ♪

手打ちパスタに合わせると絶品!ですが
時間のない時には、
市販のパスタで作っても大満足の出来栄えです。

時間のある時には、
こねて、ねかせて、伸ばして、切って
の手間ひまが楽しい、手打ちパスタ作り♪
ぜひ挑戦してみてくださいませ!



とろーり半熟卵をくずしながら、
トマト煮込みと生ハムにからめて
いただきます。

地味だけど、
じっくり野菜を炒めるのが、プロの技だよ。

と今回、シェフに教えてもらった
スペイン料理、フラメンカエッグです。

玉ねぎとパプリカを
じっくり炒めて甘みを引き出し、
固形スープの素は使わずに、
優しい味の、トマト煮込みをつくります。

その上に
卵をのせてオーブンで半熟に仕上げたら、
生ハムをちらしてできあがり♪

生ハムの代わりに、ソーセージやベーコン
を焼いて乗せてもいいですよ。

ワインにも合うのですが、
朝食にするのもおすすめです。

ベースのトマト煮込みを
多めに作って冷蔵庫に入れておけば、
レンジでチン&オーブン5分で
忙しい朝でも、栄養満点の朝食で
元気に一日を始められますよ♪


iittala
Sarjaton ボウル ※取扱い終了



牛乳、卵黄、グラニュー糖。
バニラビーンズのツブツブ入りで、
最高の出来映え!

おかあさんの作ったプリンが、
どこのより美味しい

そんなこと言われたら、
何度だって作っちゃいますよね!

シンプルな材料、簡単な作り方。
これは娘にも覚えてもらいたいな、うん!



美味しー、ヘルシー、ビタミンC!
ガツンと濃厚な冷製スープ

このガスパチョのレシピは
野菜の皮や種を除き、
味付けは
塩、オリーブオイル、赤ワインビネガー、
だけで、あとはミキサーにかけるだけ
というシンプルなもの。

なんでそれだけで、ミキサーが回るのか?

というと、野菜に塩をふって
しばらく置いておくと出てくる
水分も一緒にミキサーに入れるから。

そう、水を少しも入れないから、
味が濃厚なんです!



アップルパイや八つ橋に、シナモン。
ジンジャークッキーも美味しいですし、
杏仁豆腐に八角なんかも香りづけに
使われていたりして、
デザートにもスパイスって
案外使われているんですよね。

でも、今回使うスパイスは、
シナモン、八角(スターアニス)、
カルダモン、クローブの4種類!
配合、分量、自分ではなかなか
思いつかない組み合わせですが、
プロにこっそり教えてもらっちゃいました♪

実はコレ、以前ご紹介した
マンゴーリキュール☆のレシピでも、
同じ組み合わせで作っているんですよ。

桃やマンゴーに合う、プロのスパイス使い、
試してみる価値アリです!
そのままで充分美味しい桃ですから、
作る前に食べちゃうって事もある
とは思いますが、ハズレな桃に当たったら、お試しのチャンスです♪


iittala
Ultima Thule ボウル115mm ※取扱い終了



ただ焼いただけのパプリカの味、
夏のごちそうだなって感じます。

焼きナスの要領で焼くんですが、
焼きパプリカにするには、
魚焼のグリルに入らないから、
焼き網をコンロに乗せて、直火で焼きます。

ちょっと大変そうなんですが、
あっという間に真っ黒になり、
水道で流すと皮がつるりと剥けて
面白い作業です♪

焼いただけでも美味しいですが、
オリーブオイル多めのマリネにするので、
結構日持ちがします。
夏のごちそうをちょっとずつ
味わえる一品ですよ♪



4種類のきのこ、にんにく、オリーブオイル
それだけで、もう美味しそうですが、
赤ワインビネガーを、ちょこっと加えます。

味が引き締まって、
冷蔵庫で冷やしても美味しいんです!

作りたてでも、冷蔵庫で冷やしておいても、
すぐ出せるおつまみに、いいですよ♪


iittala
Origo ボウル



このレシピも、とっても簡単です♪
ディルが入っているので、
スモークサーモンに合わせたり、
卵サンドに挟んだりしても美味しい!

もちろんそのままでも、
さっぱり、しゃきしゃき、
爽やかな美味しさです♪


Holmegaard
MINIMA Glass Bowl※3pcsセットは販売終了



コレ、簡単です!
せん切りにして塩で軽くもんで、
ホワイトワインビネガーで和えるだけ。

コツ無しの簡単さで、色鮮やかな一品!
盛り付けるのが楽しいです♪


ARABIA
Paratiisi Paratiisi ovalplate 25cm ※カラーは取扱い終了



レンズ豆っていっても、あんまり使ったことないですよね?でも、世界のいろんな所ですっごい食べられている食材みたいです。

虫めがねなんかに使われている凸型レンズは、このレンズ豆から名前が付けられたんだそうですよ。それくらい、古ーくからある身近な食材なんですね!

日本では、それほど馴染みがないですが、大豆と同じように、タンパク質豊富で栄養たっぷり!さらに大豆よりカロリーが低いのも魅力的!粒が小さいからすぐ煮えて、1回作ってみると、便利食材だな~って実感します。夏バテ防止にもピッタリですよ♪


iittala
Kastehelmi Plate17cm ※クリアは取扱い終了



作り置きできて、冷蔵庫から出してすぐ食べられるものが常備してあると、毎日のランチや、人が集まる時にも便利です。

今回は、食卓の彩りになる、小さなサラダ&マリネを6種類、連続でご紹介します。

1日目の今回は、切って混ぜるだけの簡単レシピ!にんじんのサラダ(キャロットラぺ)です。 レモンとオリーブオイルで、 ビタミンの吸収率がアップ♪
体に嬉しい一品ですよ~。


iittala
Kartio bowl 390ml ※Fグリーンは取扱い終了



今回のお料理は、
ビールによく合うフランス風天ぷら、
ベニエです。

ベニエというと甘い揚げ菓子が 有名ですが、フランスでは、おやつにも食事にもそれぞれベニエと呼ばれるものがあります。

食事として作られる方はまさに、フランス風 天ぷら!ですが、天ぷらとの違いは、具材につける生地に卵白を泡立てて入れること、そしてビールも入れちゃうことです。

泡立てた卵白とビールで、ふわふわで軽い食感の生地になるんですよ♪

このふわふわの生地をたっぷりつけて、天ぷらよりも低い温度で、ゆっくり中まで火をとおし、ほんのり生地に色がつくぐらいまで揚げます。

ハーブ塩、カレー塩の2種類のつけ塩を作って(といってもハーブとカレー粉をそれぞれ塩に混ぜるだけですが…)添えると、美味しさも盛り上がりも倍増です!


iittala
Origo プレート26cm ※販売終了



材料これだけ?
とうもろこしの冷製スープ

材料は、
とうもろこし、牛乳、塩、以上
こんなにシンプルな材料で、
ものすごく美味しいスープが
できちゃいます。

その秘密は…
芯を捨てずに牛乳で煮て、言葉通り
芯から甘みを引き出すんです。

スコープの中で試食会をした時も
「甘~い!材料これだけ?」
と、スタッフも皆驚いていました。

ちょっと自慢したくなる美味しさですよ♪


ARABIA
KoKoディーププレート24cm ※取扱い終了



大皿にドーンと盛り付けて♪
ザワークラウトと豚の煮込
シュークルート

シュークルートは、ドイツとの
国境近くにある、フランス北東部の
アルザス地方の郷土料理です。

ザワークラウト、豚肉、ベーコン、
ソーセージ、じゃがいもなどを
煮込んで作ります。

ザワークラウトは、スーパーやネットで
500円くらいで瓶詰で売られているのを
よく見かけます。

味はとても酸っぱいキャベツの漬物
なのですが、瓶のラベルを見てみると、
原材料は、白キャベツ、食塩、だけです。
酸っぱいのは酢が入ってるからではなく、
乳酸発酵しているからなのだそう。

そのせいかは分りませんが、
瓶の蓋が固くてなかなか開かないっ!
蓋の開け方も、レシピに
載せてありますよ~♪

大皿に盛り付けたら、キンキンに冷えた
白ワインやビールで乾杯~!

酸っぱいキャベツと、豚肉やソーセージの
相性が抜群で、今の季節にもサッパリ
食べられるおすすめレシピです。


normann COPENHAGEN
Familia Warm



梅雨とは思えないような強い日差し、
外から帰ってくると
暑いー!思わず口に出してしまいます。

とにかくサッパリしたものが食べたい!
そんな日にぴったりな
冷たいデザートをご紹介します。

グレープフルーツにミントゼリー
さっぱり爽やかです。
これに合わせるシロップは、
バニラビーンズ入りはちみつシロップ!

柑橘系にバニラビーンズを合わせるって、
聞き慣れない組み合わせだと思いますが、
これいいですよ~!
おとなのふりかけならぬ、
おとなのグレープフルーツゼリーに
仕上がってます。

この味を一言でまとめると、
ふんわり甘く爽やかな味。
甘くて爽やか、夏を予感させる味です♪


iittala
Kastehelmi bowl230ml ※クリアは取扱い終了



アスパラの簡単!下ごしらえ法
今まで迷いながら根元の固そうな部分を
適当に切って捨てていたアスパラ。
まだ食べられたんじゃないか?って思ってみたり、
食べてみたら繊維が口に残って残念な気分に
なったり、その境目って難しいですよね。
そんなモヤモヤを解消。
アスパラの美味しく食べられる部分と、
固くて捨てる部分とを、
ポキンと分ける方法を動画でご紹介♪

アスパラ長持ち!保存のコツ
アスパラは立てて保存すると長持ちします。
安定のいい容器の底に少し水を入れて、
端をほんの少しだけ切って、
立てて冷蔵庫に入れておきます。
水は毎日替えて1週間くらい、
これでピンピンしてますよ♪
ラップや袋はかけなくても大丈夫ですが、
気になるようならかぶせてももちろんOKです。
こうしておけば買い置きしても大丈夫です。



背が高いコップのような容器があると保存に便利!



ヨーロッパの特別な季節の味
白アスパラのオランデーズソース

4月末、フィンランド出張から帰ってきた
シャチョウが教えてくれました。

白アスパラって、
フィンランドの人達にとって特別な
食べ物なんだよ。どの店に入っても
白アスパラの特別メニューがあって、
みんな、この季節に白アスパラを
食べるのを楽しみにしてるんだよ。
むこうのはサイズも大きくて立派だけど、
あれって日本にも売ってるのかなあ?

近所のスーパーでも
売ってました、白アスパラ。
サイズは小さいのかもしれないけれど、
国産が出回っているんですね♪

シャチョウもフィンランドでは
オランデーズソースで
食べることが多かったそう。

さっそくレシピにしてみました、
ヨーロッパの特別な季節の味。
日に日に暖かくなる春を喜び、
夏を心待ちにしながら、
今の季節を楽しんでいるんですね。


ARABIA
KoKo Oval Plate 18×26cm ※取扱い終了



材料は3つ。
アスパラ・牛乳・生クリーム。

茹でたアスパラを、ミキサーにかけて、ザルで漉したらベースの出来上がり!
あとは牛乳&生クリームで割るだけ。

このレシピは、皮を剥かなくていいし、根元のカットも最小限でOK。
旨みを全部搾り出しちゃいます。

アスパラそのものの美味しさを味わえるオススメの一品です。



冷たい飲み物が美味しく
感じられる季節になりました。
マンゴーとベリー、
二種類のフルーツリキュール

甘いお酒っていうと、
お店で売っている缶のものか、
リキュールベースをジュースや炭酸水で
割ったカクテルみたいなものしか
思い浮かばなかったのですが、
これは、そのリキュールベースを
作っちゃうレシピです。

マンゴーリキュールは、
オレンジとスパイス数種にラム酒を、
ベリーリキュールは、ドライフルーツと
ハーブ、ウォッカを加えて作ります。

材料を揃えたら、作り方はどちらも簡単!
スパイスやハーブ類はネットで探すと、
意外なほど安かったりして
ついつい注文しすぎてしまいがちですが、
レシピを見ながら揃えられるから、
やっぱり便利ですよね♪

このリキュールをベースにして、
炭酸水で割って、氷を浮かべて
飲むのがおすすめです。


iittala
Kartio Mouthblown ※クリアは取扱い終了

normann COPENHAGEN
Cristal ※取扱い終了



ドライトマトとアンチョビ、ハーブを使ったソースで、白身魚と季節の野菜を簡単&美味しくいただきます♪

白身魚の皮をパリッと焼くコツは、皮目から焼き始めて、そのまま8割火を通すイメージで、さわらず我慢!
ひっくり返して身の方も焼いたら出来上がり♪

ポワレっていうからムツカシイお料理に聞こえますが、フランス語では「フライパンで焼く」という意味なのだそうです。

魚を焼いたフランパンの油を軽く拭き、刻んだ材料を混ぜながら煮立てて、1分ほどで、ソースも出来上がり。
ドライトマトをお湯で戻す時間を含めても、30分もかからず出来てしまいます。

付け合せの野菜は、今が旬のいろいろな種類の豆を揃えてみました。
スーパーでも豆コーナー、
今、充実してます。


iittala
Sarjaton Plate 26cm ※取扱い終了



金太郎あめみたいに
どこを切っても同じ柄♪
じゃがいもと鰯のテリーヌ

きれいな柄を崩さず
きれいに切るコツ、ありますよ。

鰯、じゃがいも、
黒オリーブとアンチョビ、菜の花、
そしてまた、じゃがいも、鰯と重ねてから
キャベツで巻いて、その上から、
ラップで巻いて、そのまま切るんです。

ラップはお皿に乗せてからそっと外します。
そうすると、柄が崩れず
盛りつけまでスムーズ!

作って冷蔵庫に入れておけば、
切ってすぐ出せる一品として重宝します。

組み合わせはじゃがいものベースに
合うものなら、何でもOK!
ベーコンだけ!も、イケますよ。



このクレープの生地作りの
コツは、1つだけ。
順番通りに混ぜること。
そうすると、ダマにならずに
なめらかな生地になりますよ。

ベリーのジャムも、冷凍MIXベリーに砂糖を加えて煮るだけ。

お子さんと一緒に作ってもたのしい。 一緒に食べるのはもっとたのしい!

クレープ&ベリーのジャム
盛り上がると思うなぁ♪


Holmegaard
MINIMA Glass Bowl ※3pcsセットは販売終了

normann COPENHAGEN
Mormor Butterboard



休日におすすめ!
子供も大人も満足できる
ハンバーグとスープのメニュー

ハンバーグって
子供が大好きなメニューの代表ですが、
このレシピは大人の方にも
とても喜んでもらえます!

牛かたまり肉を、粗みじんにして
包丁でたたき、小判型にして焼くので、
ハンバーグとステーキの中間くらい、
フランスで、ステークアッシェ
(アッシェ=みじん切り)って呼ばれる
牛肉100%のハンバーグです。

その上から、オレンジの甘みと酸味が
入ったトマトソースをたっぷりと。
このオレンジ&トマトソースが
スコープスタッフの中でも大好評!
ケチャップと思って口に運ぶと驚きますよ!
オムレツなどの卵料理にもよく合うので、
残ったソースで楽しめます。


iittala
Origo Plate 20cm ※取扱い終了



パリパリ食感で、
手がとまらなくなる美味しさ!
優しい甘さのさっぱりピクルス。

このピクルス、
お砂糖を使っていないんです。
優しい甘さはレーズンと、
野菜そのものから出た甘みだけ。

だからさっぱりと美味しくて、
カリフラワー、にんじん、
きゅうり、みょうが…と、
パリパリ食べ進んでいって
しまうのですが、
時々出てくるレーズンが、
思いがけず美味しくて、
こちらもおすすめです。


Holmegaard
MINIMA Glass Bowl ※3pcsセットは販売終了



短時間で失敗のない
デザートといえばコレ!

クランブルというのは、
生地を混ぜ合わせて
オーブン天板にざっと広げて焼くだけの
ぽろぽろしたクッキーみたいなもの。

冷蔵庫で寝かせたりする時間や
麺棒で均一に伸ばすひと手間もないので
オーブンで焼く時間を合わせても
全工程30分もあればできあがり!

冷たいアイスに焼きたての
サクサククランブル。
思い立ったらすぐにできて、
しかも最高に美味しいデザートです。

気軽に集まっておしゃべりしたいとき、
クランブルなら、忙しくても手作りの
おやつを振る舞うことができますよ。

そしてもうひとつ最高なのが、
生地を焼いているときのいいかおり!
小麦粉とバターの焼けるかおりって、
本当に幸せな気分になれますよね~。


iittala
Kastehelmi bowl230ml
Maribowl
Maribowl small使用したカラーは販売終了



ヴァプールって?
それは、フランス語で蒸し料理のこと。

桜の季節に出回る真鯛は、
産卵前で脂がのり、
体の色も鮮やかになるので
「桜鯛」と呼ばれます。

一年の中で一番美味しい
時期を迎える桜鯛と、
これまた旬のあさり&春野菜。

春にぜひ味わって
頂きたい一皿です。



作る工程も楽しい!
キッチンの鍋で燻せる
スモークサーモン

生のサーモンを、フタをした鍋の中で香り付けする冷燻という方法だから、部屋に煙が広がる心配なし!

華やかな前菜の スモークサーモンが家でも作れちゃうことに本当にビックリしたのですが、何よりも、自分の知っているスモークサーモンとは格段違うみずみずしい美味しさに
驚いたレシピです。

ホームパーティに是非!



スプーンですくうたびに
きれいなピンク色!
なめらかな口当たりで
香りのよいレバームース。

美味しくなるコツは、
レバーを半日から一日
牛乳につけておくこと。
そうすることによって、
レバー特有のくさみがとれて
香り良く仕上がりますよ。
バゲットをそえてどうぞ。



菜の花、ぜんまい、そら豆、たけのこ…
春野菜の、ちょっと苦みのある風味が、
アンチョビとパルミジャーノに
よく合っていて、
お酒のつまみにもなるサラダです。

春野菜の苦みには、
冬の間に体の中にため込んだ毒素を
体の外に出す効能があるらしいです。
子供のころには良くそう言われて、
我慢して食べてましたが、
大人になったらその苦みが、
おいしく感じられるんですよね。


Holmegaard
MINIMA Glass Bowl ※3pcsセットは販売終了



このレシピを、一言でお伝えすると、
「豚肉をラードで4時間煮込む料理」
調理時間を聞くと、それだけで
ちょっと腰が引ける気もしますが
4時間低温でじっくりコトコト、コトコト。
ずっと最弱火のままですから、
その間は別の台所仕事が出来ます。

作ってしまえば、
1週間位の保存がきいて、食べる時に
フライパンで温めるだけだから
パーティーでお出しするのにも
便利なお料理だなって思います。

さらに、使用後のラードは
濾して冷蔵庫で1か月、
冷凍庫で半年ほどは持ちますから、
新しいラードを1~2本足して
またコンフィやリエットを作れば、
捨てずに繰り返し使えます。

今回はこのコンフィに合う
ハーブたっぷりの
爽やかなソースも添えました。
酸味とハーブの香りがきいた、
さっぱりとした味のソースです。
色合いも春らしくていいですよ。


iittala
Sarjaton Plate 26cm ※取扱い終了



フランス料理の前菜などに
ちょこっと出てくるケークサレ。

日本語に直訳すると塩ケーキ。
バターとベーコンの風味が
効いていて甘くないので、
ワインにもとっても合います。

立ち位置的には、
キッシュやスコーンと似ています。
日曜日のブランチや、
おもてなしの最初に
テーブルにあると嬉しい一品!

中に入れるベーコンを、
スモークサーモン+黒オリーブ
バジルペースト+ドライトマト
などいろいろ変えて
バリエーションが楽しめますよ。



家庭でもできる!
魚のアラ、野菜、塩だけから作る
本格ブイヤベース。

ひと手間はかかりますが、ブイヨンなどを使わずに作ったスープはそうそう家庭では味わえない奥深い味。

後はこのスープに、鍋をする要領で野菜や魚介類を入れて完成。

赤いスープに色鮮やかな具材を入れ、魚介とハーブが香り立つグツグツシーンが最高に盛り上がるので、「洋風の鍋」と位置付け、テーブルの真ん中でコトコトさせて目と鼻で楽しみながら、熱々をどうぞ!

そして旨みの出たスープを一滴残らずいただける、シメのリゾットもお忘れなく~。



日持ちがして美味しい!
家飲みの嬉しいおつまみ
オリーブのコンフィ

オリーブを、低温のオリーブオイルで
ハーブとニンニクと一緒に
20分煮たら出来上がり。

コンフィとは、
お肉などを80℃くらいの低温で
オイル煮にすることで、
美味しく保存がきくようにした
フランス料理の調理法。
冷蔵庫で1ヶ月くらい保存できるので、
気軽に美味しいおつまみが
すぐに出せるのがとっても嬉しい!

オリーブを美味しくしてくれた
オリーブオイルは、
ハーブオイルとしてバージョンアップ!
パスタやサラダはもちろん、
お魚を焼く時に使っても
美味しいですよ。



ワインのお伴に
豚肉のリエットを作り置きしておく。
保存も効いて、美味しい!
これ最高です。

1kgは多いって感じるけど、
なんのなんの。
チョコチョコ食べてれば終わります。
それでも多ければ
友達にプレゼントしましょう。
凄く喜ばれますよ!

そして、食べ終わるとすぐに
作りたくなっちゃうんですよね。
買うと量が少なくて高いから、
安く大量に家で作る。

リエット用の器も
スコープオリジナルで作りたくなり、
レバーペーストのレシピにも
挑戦したくなりました。


iittala
Purnukka

normann COPENHAGEN
Mormor Butterboard





クリスマスにはやっぱり骨付きチキンがないと!ということでクリスマスレシピのトリは、チキン!

骨付きもも肉を美味しく焼くところまでは、動画で紹介していますので是非参考に焼いてみてください。

前もって必要なだけ焼いておいて食べる直前にオーブンで表面をあたためてもいいですね。

そして更にスペシャルにする為に、彩りとソースのひと手間。
カラフルなゆで野菜をプレートに盛り付け、その手前に乾燥ポルチーニと生クリームで作った簡単ソースを敷きます。

皮がパリパリに焼けたチキンをドーンと盛り付けてクリスマスのワンプレートが完成!

コクのあるポルチーニソースがとっても美味しいのでバゲットと一緒にどうそ。



ちょっと前にご紹介したレシピ、フォンダンショコラの生地をケーキ型に流し込んで焼くとガトーショコラになります。

チョコレートムース→
フォンダンショコラ→
ガトーショコラ
3つのデザートが楽しめるというスーパー優秀なムース生地!

ムースの状態で冷蔵庫で5日ほど保存が可能。冷凍もできるので必要な日に解凍すればあとは焼くだけ!です。

シンプルなので、クリスマスにはラズベリーを飾って華やかにしてもいいですね。プレートもここぞと華やかなものを選んでみました。

10月に開催したスコープスタッフのディナーパーティーではバニラアイスクリームを添えて最後のデザートに出してもらいましたが甘すぎないガトーショコラと溶けかけのアイスの組み合わせがたまらなく幸せな美味しさでした。


iittala
Taika Plate 30cm
Taika Plate 22cm
※取扱い終了



週末のティータイムを楽しむのに簡単でオススメなのが人気のデザートレシピ、トライフル。

イチゴとブルーベリーをいっぱい使って、この季節ならではのクリスマス感を楽しめるようにアレンジしました。

夏には生クリームにヨーグルトを半分混ぜて、さっぱり仕上げましたが、今回は冬なので生クリームだけで。
8分立てで仕上げると、カスタードクリームとの相性も良く、トロッとして食感も見た目もグッド!

メインのトッピングはベリー系でまとめていますが、実は間にバナナもサンドしています。 バナナが入ると美味しいですもんね。

フルーツソースは、ラズベリージャムを水でのばしただけの簡単ソース。最後に、粉砂糖をふるってミントの葉を散らすと完成度がぐっと上がりますよ!


Holmegaard
MINIMA Glass Bowl ※3pcsセットは販売終了



美味しく肉を焼けるようになってくると
必要になるのは、そう!ソースっすぅ!

赤ワインをドーンと1本煮詰め
野菜も沢山使って作りあげる
自家製ソースだけに市販の物とは
別次元に美味しい。美味しいです。

もちろんリッチに使って
一発で使い切ってもいいのですが
僕的には節約気味に使って
少し冷蔵庫にとっておいて
また別の日に肉を焼いて
楽しむのがオススメです。

まだ、あのソースが冷蔵庫に残ってる!
この感覚が、とってもHAPPYなので。
だって、お気に入りの
ソースやディップが冷蔵庫にあるって
嬉しくないです?
って個人的には思う(笑)



クリスマスレシピにしては地味?
でも、本当に美味しいのです!
カブと牛乳とバターだけで作る
素材パワー全開の贅沢カブスープ。

僕自身、カブは得意ではないんだけど
これは美味しい!って思ったなぁ。
だから、誰にでも気に入って貰えるはず。

クリスマスには、
素材の力で元気になれそうな
カブのスープを
是非作ってみてください。

※浅漬けのトッピングはお好みで~
って個人的には思う(笑)



レシピを教えてくれたフレンチのシェフが フランスの有名レストランで修業していた時にパティシエから教わったレシピだそうです。

こんなレシピでデザート作れる機会なんてそうそうないから是非お試しあれ。

小麦粉を使わずに卵とチョコレートで作るムース。冷やして食べると凄く美味しい。
それをオーブンで軽く焼くとフォンダンショコラ、しっかり焼くとガトーショコラになるという1つで3度美味しいスーパーレシピ。

そのフランスのレストランではデザートとしてチョコレートムース、フォンダンショコラ、ガトーショコラを少しづつ一緒に出していたそうです。

今回は僕達が愛用しているカップ&ソーサーを使いフォンダンショコラを作ってみました。

チョコレートムースは冷蔵すれば5日間、冷凍しちゃえば長期間保管できるのでムースさえ作っておけばフォンダンショコラやガトーショコラを食べたい時にいつでも作れちゃいます。

こんなデザートを家でバンバン作ったら確実に盛り上がっちゃうと思うなぁ!



家で作って食べるイメージのない
でも、作れるものなら作ってみたい。
そんなパテ・ド・カンパーニュにプロ指導のもとチャレンジしてみました!

手に入れにくい「網脂」は使わずベーコンを使用。型も使わず、食器棚にあったTeemaスクエアプレートを使いました。

すると、分量も食器にピッタリ!
そして、美味しかったですぅ~。

そんな大量に食べる物でもないから数日チョコチョコおつまみにしてワイン飲みながら楽しんじゃいましょう。もちろんパーティーの前菜にもどうぞ。



サングリアって僕の中では夏のイメージがあるんだけど、クリスマスシーズンにもいいんじゃない?って思ったので、早速試してみたところやはり、このシーズンにピッタリ! クリスマスにサングリアはいけている!
そう思われます。

赤いし、飲みやすいし
なんだかいっぱい飲めちゃって
長い時間酔っぱらっていられて楽しいし。

ワインにフルーツをいれ一晩ねかせる。
作り方は簡単で、アッという間に完成です。もっと飲みやすくしたければ、ジュースを入れてもいいってスペインに留学してた 友達から聞きました。

簡単で、大量に作れる赤いカクテル?
今年の冬は昼間からサングリアでも飲みながら盛り上がりつつクリスマスの準備をしちゃうのいいんじゃないのかな?
もちろんディナーのお供にも最高です。


normann COPENHAGEN
Cristal
取扱い終了




クリスマスには家で美味しい牛肉を焼いてみたい。そう思って、プロに美味しいお肉の焼き方を伝授していただきました!

まず、分厚い肉を焼くときは、表面に焼き色がつくくらいしっかり焼き、フライパンからおろして、お肉を休ませ、余熱を利用しじっくり熱を伝えます。

休ませる時はお皿に置くより、天ぷらバットのような物を使う方が接地面が少なくベタ付かないので良いです。

そのあと火を弱火にして再度フライパンにのせ、表面が熱くなるくらいまで焼いていきます(大体3分程度)。

表面が熱くなったら、また休ませます。

フライパンの上で熱する時間と、休ませている時間が同じくらいになるような感覚で何度か繰り返してゆっくり焼き上げると、ジューシーで柔らかいお肉に焼き上がります。

ここぞという日には、どうぞお試しください!



最初は、焼き色が付くまでしっかり焼き、
両面がしっかり焼けたら、一度フライパンから下ろして休ませます。



家での料理をマックスまで高め、今年のクリスマスは ホームパーティーで盛り上がりたい。

先日、フレンチのシェフを招いて社内パーティーを開催したのですがその時の料理が本当に美味しかった。

その料理をお家でもできないかなぁ?とシェフに協力して貰いスコープのレシピ化する事にしました。(その様子はこちら)

その第一弾がメインディッシュ
「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」

レシピをみると大変そうですが実はそんな事もありません。
必要日数は3日と長いですが初日は肉をワインに漬け込むだけ。2日目少し頑張ればパーティー当日は温めて、盛り付けてオシマイ!

今回の撮影はスコープのスタッフが作ってます。超うまかったんですよ!!
これが、家で作れるのかぁ~。。。って、本気で感激しましたもん。
是非、今年のクリスマスにお試しあれ。

クリスマス前にワインでも飲みながら1度練習してみるのも楽しいですよ。
誰でもできるから、大丈夫です!


iittala
Sarjaton Plate 26cm ※取扱い終了

Time & Style
Aye wine glass