twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

和の食卓

和の食卓風景

和の食卓 いろいろ揃いました。

鍋を囲む。

ロケ地葉山でのひとコマは、みんなで囲む鍋。今日くらいはお上品に行きましょ、といつもの鍋を少し背伸び気味にバージョンUPでしっかりとネタを仕込む特別版に。下ごしらえをして、透き通ったきれいなお出汁で頂く料亭的鍋にトライ。白菜は下茹でして春菊を巻いて、海老や白身等の魚介類は、さっと湯通しして臭みをとる。材料をさっくりと混ぜた鶏団子をつくって、うずらの卵は串に刺して食べやすくしまひょ。普段感覚の準備時間を遥かに上回り、大幅に押した撮影時間。みんなお腹ぺこぺこになっていたけれど、手間をかけただけのことはあった、はず。お出汁にくぐらせて食べる鍋は、くったりならずにシャキっとしたまま、いつまでも最初の一杯の様な美味しさが続いた。最後にぐっつぐつになる鍋も良いけど、たまには少しよそいきの鍋もいい。すました顔で、鍋をつつく風景、どこか小津映画の雰囲気が漂ってませんか?っておこがましいわ、すいません。あぁ肝心の原節子役がいないか、いないなぁー。

ロケ地葉山でのひとコマ
布袋鍋とお玉杓子

布袋鍋とお玉杓子。

伊賀の土で作られた土鍋。保温性も高く、ゆっくりと熱が伝わるから、具材にもじんわりと味が染み込んで…つまり中身がどうであれ、この鍋だとなんだか美味しい。名古屋人なら、一人一鍋、小鍋で味噌煮込みも乙なもの。使っているうちに姿を現す貫入もいい味となり、我が家自慢の土鍋へと成長します。そんな布袋鍋にはお玉杓子を一緒に。土鍋を永く使うには、当たりの優しい木を使うのが一番。といっても、職人さんが一つ一つ削り出して作るお玉杓子は、生産が全く追いつかず、スコープの中では、入手するのが難しいことで有名なアイテムのひとつでもあります。

とり鉢、とり皿

とり鉢、とり皿。

一人ずつとり鉢・とり皿セットを確保したら、いよいよ鍋を開始。具材を取るには、少々深さのあるとり鉢のほうが良く、それ以外のおかずを取るには、とり皿の方がいい具合だった。少し小さめかなと思ったサイズも、使ってみると上品で丁度良いです。

九寸鉢

九寸鉢。

九寸鉢に鍋の材料を盛り付ければ、食卓が一気に華やかに。鍋はこうしたはじまりのテンションがとても重要だったりする。全てスタンバイしたら着席。具材をまとめておけば、お母さんが何度も台所と食卓を往復せずにすむのも良い。大きな食器だけど、これがないとやっぱり始まらない。

 印判小皿 正角皿 海鼠六寸皿 折敷 Bellman ジャグ クラウス六寸皿、手ぐぬい

そのほか。

土鍋の周りで賑やかし、盛り上げる、縁の下の力持ちな面々。これがないと、なんだかちょっともの足りない。

  1. 魚の小骨を出したり絞ったカボスを置いたり、お玉杓子の置き場になったり。小皿が常備されていると、何かと便利だから、ちょこちょこ使ってしまう。

  2. 大皿に乗り切らなかった鍋の具や、それ以外のおかずは正角皿に。丸いお皿が集まりやすい食卓に、四角が入ると雰囲気はなおよし。普段の生活でも、非常に登場回数の多い皿。

  3. 六寸皿はクラウスの絵皿が一番気に入っているけど、海鼠を混ぜて使っている様も洒落ていて、気に入っている。九寸皿のサイズをもう一度作ってくれるよう、東屋にリクエスト中。

  4. 薬味を色々のせた豆皿と、その豆皿の置き場となる折敷。醤油差しも大体その辺りにいる。大体友達。

  5. 鍋をずっと美味しく食べるために、注ぎ足し用お出汁やスープもジャグに入れて常備。鍋の中が少なくなったら、ここからお鍋に足す。麦茶ではない。

  6. さりげなくクラウスコラボ。土鍋の持ち運び、蓋オーペンにも手ぬぐいを駆使。さらに手が汚れたら、さっとぬぐえる濡れたおしぼりを常備、という女将的視点。手ぐぬいはOMKでゲットできます。

茶碗とお箸

花茶碗土灰
花茶碗 別注
伊賀飯碗

茶碗

茶碗一碗

ご飯をよそうお茶椀は、手に取る回数が一番多い食器だから、肌の相性が重要。土モノの風合いが好きで、経年変化を楽しみたいあなたは伊賀の飯椀を。お手入れのしやすさ重視、TEEMAなんかともよく一緒に使う~てなあなたは花茶碗もグー。花茶碗のドットとストライプは、Bob Foundationにデザインをお願いした、スコープオリジナル。

お椀

お椀

「ウレタン塗装の木椀に、満足しているわけじゃあないんです。ただ、他に気に入るものがないからね…」なんていいわけ時代を経て、やっと会えたね、TIME&STYLEの漆椀。和の雰囲気バリバリのザ・漆椀じゃないから、ハレの日だけじゃなく、日々の食卓で積極的に使える。長年使い続けると、どんどん艶が増すという漆特有の変化も楽しみ。

箸

箸

毎日手に取り、毎日口に入れるものだから、箸こそは間違いないものを選びたい、そんな一端の考えを持つようになったのも、東屋の箸を知ったからだろう。素朴だけど丁寧、一本ずつ美しく磨かれた良い箸を使うと、ご飯を食べる時も背筋がピンと伸びる気がする。

箸置き

箸置き

小さな磁器に細やかな柄が染付された箸置きは、和から洋まで、活版印刷の記号をモチーフにしたものから花をモチーフにしたものまで様々だから、好きな柄を手にし、その日の気分で使い分けるのも洒落ています。願懸けもあり。いろんな箸置きが、がちゃっと引き出しに収まっている、そんな見え方も気に入っています。

真ん中に来る皿

木瓜角皿
クラウス六寸皿
伊賀 長角皿

クラウス六寸皿

クラウス六寸皿

材料から生産まで純国産のピュア100%。ほぼハンドメイドで作られる六寸皿は、TEEMAでいうところの17cm的立ち位置。主菜を盛り付けてテーブルの真ん中に並べても、銘々の皿としても一番使いやすいサイズ。その皿に、クラウス・ハーパニエミが描く、美しい洋の柄が描かれるのだから、もうそれは無敵レベル。当然、東屋とシャチョウの超自信作となっています。和を飛び越えて、中華やアジア、洋との組み合わせも乙な、価値ある一枚。

海鼠釉六寸皿と九寸皿

海鼠釉六寸皿と九寸皿

九寸皿くらいの大皿が一枚あると、和食中心の食事でも、テーブルの真ん中に、メイン料理をどん!といけるから、その周りを小皿が取り囲むフォーメーションがうまくまとまる。黒地に料理も映えて、東屋の印判アイテムとの相性も良し。中華も良し。今後も少量がたまに入荷する感じになりそうなので、気になっている方は、在庫アリのタイミングでのゲットをオススメします。

木瓜角皿

木瓜角皿

端がたっているので、少し汁気のある食べ物、ポテトやマカロニのサラダをモリっと盛るのもいい。長角皿は定番の厚焼卵、焼き魚にこの上なくフィットするから、気づけば毎朝の登場。ちなみにシャチョウはゆで卵を角皿にのせるのが気に入っています。坂東英二並みの卵好き、コレステロールに要注意。

伊賀 長角皿

伊賀 長角皿

立派な長角皿、どかんとさんまをのせたい気持ちが先走るが、刺身や酒のつまみを盛るのもいい。食卓に並べば、粋な小料理屋くらいのポテンシャルに引き上げられる。椀より正味というけれど、器で味が変わるのも、あながち間違いではない。

重箱

重箱

重箱というと、ハレの日専用という印象が強いけれど、これは普段使いに大いに活用している。常備菜を入れて、食卓と冷蔵庫を行き来する姿も美しいし、食卓に並んだ姿も潔く気持ちいい。これなら毎度の食事に同じものが出ても手抜き感は0。

銘々やこまごまに丁度良い器

印判小皿
蕎麦猪口
印判豆皿

印判小皿

印判小皿

何かと手に取ってしまう、小皿の面々。取り皿に使ったり、お玉や取り箸の置き場にしたり、味見する時に使ったり、菓子皿として使ったり…と、その手軽さと用途の幅はワイドスクランブル。

とり皿・とり鉢

とり皿・とり鉢

鍋用のとんすいがないから、東屋にリクエストした器は、余計な装飾がないから、それ以外の時にも何かと調子よく、頻繁に登場。小鉢のように使っても、汁ものを入れてもOK、手に取った時も上品なサイズ感で、しっくり馴染むのが心地良い。お酒のおつまみを入れるのにも丁度いい。

印判豆皿・手塩皿

印判豆皿・手塩皿

薬味を入れたり、漬物を入れたり、少しだけ必要なものが洒落た器に準備されているのは、気が効いている。そして、大きな皿や茶碗の中に、細かな小皿が入り混じる姿は、ほほえましい。小紋柄をモチーフにしたものから、洋の雰囲気を織り交ぜたBob Foundationデザインまで、小さくてかわゆす。

蕎麦猪口

蕎麦猪口

蕎麦猪口という名前ですが、湯のみやぐい飲みとして使ったり、もずくや塩辛などを入れて小鉢の様に使うのにも丁度いい大きさ。呉須のボーダーが爽やかな輪線はTEEMA等の洋食器にもよく合います。一番人気は雨、続いてあられと続きます。あめあられ。

折敷と醤油差し

折敷と醤油差しはどうぞご一緒に

折敷半切は、軽食やちょっとしたお茶受けに使いやすいサイズ。けどスコープでは食卓の定位置としての使い方が定番。醤油差しや薬味を入れた豆皿をまとめたり、小皿を山積みしておいたり、パン朝食の時はジャムやバター、スプーンをまとめておく。こうした卓上の細々としたものが、きゅっと集合している姿は気持ちよく、使う時にも都合がいい。持ち運びも一発だから、準備も楽でキッチンとの無駄な往復も無くなる。これは非常にグッドではないかと、お試しあれと、思う訳です。

擂る

擂鉢、擂粉木、薬味寄せ

煎った胡麻や胡椒をつぶしたり、自然薯を丹念に擂って滑らかにしたり、このひと手間が料理をうんと美味しくする。調理した後も、器としてそのまま食卓に出せて、その無骨な雰囲気もこれまた良い。相棒には、天然木の擂粉木を。ゴリゴリと勢いよく擂るものだから、こちらも安心できる素材がいい。最後に薬味寄せを使えば、目の間に詰まった細かなところまできれいにこそげ、無駄なく美しく使えます。

擂鉢、擂粉木、薬味寄せ

絞る

レモンジューサー

レモンが、こんなにもきれいに搾れるジューサは見たことない。気持ちいいからやってみて。レモンを絞った後は、受けの部分で他の調味料と混ぜてそのままドレッシングを作ってもいいし、たれやソースをつくってそのまま食卓にだしてもいい。作りたては美味しさの重要な秘訣です。

レモンジューサー

美味しいお茶が飲みたい

ある人が、「私の気持ちを切り替え法、それはとびきり美味しいお茶を淹れて、ゆっくり味わう時間をもつこと」と話していた。そんな風に気持ちをリセットする自分なりの方法を持つこと、日常をうまくやりこなすには大事かもしれない。コーヒーも紅茶もいいけど、やっぱり日本茶、これがないと一日が始まらないし終わらない。最近は海外でも緑茶ブームらしいから、日本人たるもの、そろそろ上手にお茶くらい淹れられないと。ということで、そろそろわがものにするか、“お茶を淹れる”ルーティーン。

  • お湯を沸かします。
  • 急須と湯ざましを温めて
  • 急須に茶葉を入れます。
  • 冷ましたお湯を注ぎます。
  • 茶葉が開くのを待ちます。
  • 湯ざましにとって、そこから湯のみへ。
  • ゆっくりといただきます。
  • 銅之薬缶
  • 鉄瓶
  • 急須、湯冷まし
  • 茶筒
  • 汲み出し湯呑み
  • 土瓶丸湯呑
土瓶でおはぎ

土瓶でざっくり

伊賀の土瓶は、冷めにくく、急須よりも茶漉しの目が粗いので、番茶やほうじ茶を淹れるのに向いています。急須でゆっくりと丁寧に淹れたお茶もおいしいですが、お湯をザーッと注いで頂くお茶もいい。そんな気軽な日常に向いています。容量が多いからたくさん飲みたい時や大人数の時にも。こたつに土瓶、湯のみにみかん、素晴らしき哉!日本の風景。

汲み出し湯呑み

急須でじっくり

美味しい煎茶は急須で。常滑で作られる急須は、小さな穴が開いた茶漉し部分で、細かな茶葉もしっかりと濾せ、蓋がピッタリと塞ぐので、最後の一滴までしっかりと注ぎ切ることができます。茶法というと、難しく構えがちですが、この急須を手にし、後は茶葉の量、湯の温度に気をつければ簡単に美味しいお茶が淹れられます。後手のタイプは日本ぽさが薄れるので、中国茶や紅茶にも使えます。

丸急須

一人でまったり

コロンとした形がかわいい丸急須は、一人でとっておきのお茶を楽しむのに丁度いいサイズ。銀のお盆に、小さな急須、湯ざましとかわいらしい湯のみがセットされているのは、丁寧で美しい光景。仕事の合間や、午後の休憩、寝る前の一杯等、じっくりゆったりとお茶を楽しむのにはこのサイズをどうぞ。

和も洋もごちゃ混ぜが乙と思う。

家での食事はボーダーレス。ハンバーグもあれば、肉じゃがもあるし、と思えば餃子の横にお刺身があったりと、和食洋食の境目はほとんどない。最近では和食を食べながらワインなんてケースもしばしば。そんなフリースタイルな食卓だから、ぴっちり和食器で揃えるなんて決まりもなく、結局どんな食事にも、どんな食器にも合わせられるものを手に取る機会が多くなる。そんな風にジャンルを飛び越えて、自由にエンジョイできるスコープアイテムたちはこちら。その日の気分で、自由に作り、好きに盛りつけ、大いに呑む。なんでもござれのごちゃ混ぜが、ほんとの日常。その日常も、これを使えばちょっといい感じになっちゃうよ。イージードゥ料理、GOCHA混ぜのススメ。