twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

100kgもかけないけど、OKと言われると安心するー。

Zilio A&C /  Tra-ra コートスタンド Zilio A&C /  Tra-ra コートスタンド

Zilio A&C / Tra-ra コートスタンド

そのシーズンに着る服を
かけておきたい派の人には
これ完璧おススメです。


クローゼットにいつも着てる服、
つまりオンシーズンな服を
毎日しまうのは面倒くさいです。

パッと手にできる所に服が掛けてあり、
洗濯した服も掛けられる場所がある。
そんな風になると便利だという事は
Tra-raを使い始めて気付いた事でして、
実は思いっ切り後付けです。

以前はクローゼットに掛けてました。
でも毎回洗うわけでもない服があり
そんな服は風通しの良い場所に
掛けたい心理は強く働くわけでして、
そこで見つけたイタリアブランドの
コートハンガーTra-ra、
早速サンプルを取り寄せ使い始め
たのが、全てのキッカケです。

案外こういう物を探すと無いんです。
物干し台のMamaしかり
収納のFatty Containersしかり。

ホッコリ角丸的デザイン&骨太で
いかにも丈夫そうな物はよく見ますが、
それは残念ながら僕は欲していない。
では洒落た服屋さん的な金属製は
どうかというと、それもピンとこない。
かといってデザインが斬新だと
長く使い続けられないかもしれない。
このTra-raは僕にとって奇跡的な
バランスでして、線も細く存在感も
適度にあり、少し新しさも感じます。
そして服を大量に掛ける事ができ
しかも丈夫という実に優れた逸品、
地味なんですけれど、素晴らしい。
使って気付く名品だと思います。
使わないとその良さはわからない。

もう少し早く取扱いしたら良かった
のですが、あまりに自然に使い過ぎ
完全に忘れていました。本気で。

使い始めると徐々にクローゼットの
服もTra-raへ移動しまして、今では
常に着るそのシーズンの服は全て
ここに掛けています。これは便利。
そんな風に愛用歴が約3年を超えた頃
ふと気づいたのです。

これ取扱いしたらいいんじゃない?
やっとスコープでの取扱開始です。

組み立てる前は非常にコンパクトで
組み立てるとサイズも大きく
服を沢山掛けられるし丈夫です。
耐荷重も100kg以上あるようなので
衣類なら余程掛けても問題なし。
僕も目いっぱい掛け続け数年経ち
ますが歪んだ形跡はありません。

引っ越す時に大変だから
大きな家具はテーブル以外
手を出したくないのですが分解すると
超コンパクトだから、これは
そういった部分でもOKです。

スコープアパートメント引越しの時
引越業者の方も注目していました。
問い合わせの少ない家具だったけど
実際に見ると素晴らしいという事を
誰もが感じます。ナイスなのです。

Zilio A&C /  Tra-ra コートスタンド Zilio A&C /  Tra-ra コートスタンド

便利ポインツ
僕がこりゃいいやと思う所
使ってみましてどうでしょう。


服を沢山掛けらるのは当然として、
加えて4本のツノ部分が使えます。
ここに帽子を引っかけたり
ベルトのバックル部分を通して
引っかけたり、あとはアレです、
履いてたジーンズのベルトループを
通して、気分的にも干す的行動?
あとはトートバッグをかける。
このツノ部分は実に便利です。

これがあると無いとでは大きく違い
ツノがあっても太けりゃ使えない。
案外この太さというのが絶妙でして
これが無ければ魅力半減です。

最後に。
とても丈夫なのですが実に軽い。
指一本で運ぶ事ができるぐらい軽い。
ずっと使っていると色も濃くなり
良い雰囲気になっていきますよ。
長年のお伴に此れは激おススメです。

Zilio A&C
安積 朋子
Zilio A&C /  Tra-ra コートスタンド

Tra-raオプション棚板を作ってみました


Tra-raを使っていると大量に服を掛けられるから
これはいいぞ!と圧倒的な満足感が得られるの
だけれど、下のイゲタ部分に畳んだ衣類を
置いていると少し残念な結果になる。畳んだ衣類
が落ちてきたり、垂れるのだ。

ここに丁度よいサイズの板が欲しい。
それでTra-raと同じ材の積層合板でイゲタ部分の
サイズに合わせた、ネジ止めなもなく、
のせるだけの棚板を作ってみた。というだけ。
見た目重視で、棚板は極力薄く、合板の芯材が
安い材だと側面の見た目がよくないので
芯材も表面と同じ材。そしてオイルフィニッシュ。
ただ、大きさの割に薄い棚板にしたので、実は
これがかなり反る。反りを抑えようと厚くすると
反り以上に見た目が悪くなり、価格も高くなる。
なので反りは「あるもの」とした諦めた。だから
棚板は使い初めから多少反っている。
ただ反った板というのも自然でいいものと思う。
反りが余りに気になるようなら、山なりに反った
面を上向きに置くとがたつきは抑えられる。

Tra-raをより便利に使いたい僕が欲しい棚板
はこんな物なのです。なので同じく欲しい人が
いれば一緒に作りますから、どうぞ程度の物。
反りが気になる、細部が気になる、高い!
そう思えば買わない方が絶対にいいです。
自身で安価な材を同サイズにカットすれば、
手頃で反らない板を完成させる事も可能だから。
これでなくても全然良いのです。
僕はただ欲しい棚板を勝手に作ってみただけ
ですから。それが欲しいという人だけどうぞ。

スコープ女子2名でTra-raを組み立ててみました。
柱を広げるのがちょっと怖いですが、グイっといっちゃって大丈夫です。
付属の六角レンチだけで組み立てれるので、特に工具は必要なし。
1人でできない事もないですが、2人で組み立てたほうが楽です。

材質 Tra-ra : ビーチ

オプション棚板 : ビーチ積層合板

寸法 Tra-ra : W1075×D480×H1625mm
オプション棚板 : W950×D355×T9.5mm
生産 Tra-ra : Made in Italy
オプション棚板 : Made in Japan
備考 Tra-ra 耐荷重 140kg

Zilio A&C Tra-ra コートスタンド

  • ¥24,000(税抜き)
  • オプション棚板
  • オプション棚板¥6,000(税抜き)
  • 1月中旬 入荷予定