twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
アラビア カラーズ

Arabia / Arabia Colors

明るい日常のイエロー
アアタミ、エエヴァ復刻が
アラビアカラーズになった経緯

フィンランドにいて、どこかのレストランで、そんなテーブルセットをみた訳でもないし、いつか訪れたフィンランドの家庭で見た訳でもない。そんな経験や記憶は何処にもないのだけれど、ホワイトとイエローのテーブルセットに不思議とフィンランドの日常を感じている。2000年にスコープでティーマを取扱開始した当時、イエローは絶大なる人気だった。日常使いはホワイトで十分と思っていた僕のテーブルにも、優しいイエローが加わり、その愛用は今も続く。今やフィンランドの蚤の市で反射的に手が伸びるのはイエローの食器である。使い心地の良い日常使いの黄色、それがイッタラやアラビアのイエロー、フィンランドのイエロー、そんな風に僕の目に映る。振り返るとティーマ(1981年~)に限らず、その前身キルタ(1952~75年)にもイエローは含まれる。イエロー以外は、深いブルーやグリーン、ブラック、ブラウンといった濃暗色ばかりだから、イエローが唯一明るく優しい色だ。派手でなく、日常を明るくしてくれる色。ただ困った事にティーマのイエローは2005年に廃番となり、スコープ別注にて一度は復活したものの、最近は別注リクエストをしても、色の再現ができないと断られ続けていて、流石に諦め気味である。それならばと目を付けたのが、パラティッシから派生し1970年代に生産されていたアアタミ。生産期間は短く、ビンテージ人気は高い。プレートの表面はイエロー、裏面はホワイトで、カップも外はイエロー、内側はホワイトとツートンになっているあたりに、微かな洒落感がある。それでアアタミ復刻を目指してきたのだけれど、ティーマ同様、当時のイエローは再現できないとなり、近いイエローが採用され、違う色だからアアタミと名付けられないとなり、アラビアカラーズという新シリーズが生まれた。そしてスコープ別注として企画は進んでいると思っていたら、アラビア期間限定アイテムとなっていて、気付けば受注生産アイテムという立ち位置だった。加えてスコープが復刻したEevaオーバルプレート25cmもアラビアカラーズに吸収。オーバルプレート25cm、プレート21cm、26cm、カップ&ソーサーのラインナップとなった。(プレート26cmに関してはスコープでの取扱いはなんとなく見送り中)色々苦労したわりに、スコープ独自企画がアラビア受注生産企画の様相となってしまったのだが、まぁ、それはいいか。そして、ここまで色々書いておいて何ではあるけれど、使う方にはあまり必要でない話だったかもしれない。ただ北欧ビンテージに明るい方ならば、これはこれで少し興味を持って貰える話であるだろうし、企画した僕にとってリリースに至るまでの記憶の記録でもある。ちなみにアラビアカラーズの型は、パラティッシと同型であるから、パラティッシ使いであれば一緒に重ねて収納できるので、抜群に便利である。

Arabia (アラビア)
アラビア カラーズ

ホワイトとイエロー
そこに大きく加えて1色

このアラビアカラーズを使って思うのは、ホワイトだけ、イエローだけに絞らず、例えば半々で揃え、2色を組み合わせる使い方が特別気に入っているのだけれど、どうだろうか?カップ&ソーサーもオーバルプレートも、ホワイトとイエロー半々。そして、それらをバラバラに組み合わせて使う。カップ&ソーサーも色違いで組み合わせる。これぐらいベタ、ベタベタなアイデア、見る時代によっては強めにダサであるかのようなアイデア、その見え方の塩梅が楽しく、新しく、今になく、新鮮に目に映る。

アラビア カラーズ

更にホワイトとイエローという組み合わせに、もう一層、つまりテーブルクロスで1色加えてみた。ホワイトとイエローにスカイブルーのような爽やかな青。これは、実に楽しく明るい雰囲気となった。北欧を意識したつもりが、どこか南の島へでも行きたい気分になっている。つまり、最高だ。

アラビア カラーズ アラビア カラーズ

多くの方が既に知っているポイント、イッタラ・アラビアあるある、それは、とても有名な利点。カップ&ソーサーとして使う場合のソーサーがプレートであり、カップを置く窪みがないプレートがソーサーの役割を果たすから、プレート単体でも使えるという、シンプルながらとても便利なポイントを兼ね備えている。カップ&ソーサーとしてだけでなく、スープカップとパン皿のように別々でも使えるのは実に便利。ティーカップ&プレート16.5cmはお茶だけでなく、食事にも使えるからメインプレート程に外せないアイテムでもあり、少し余分を揃えていても無駄にはならない。またカップ&ソーサーというのは片方割れると使い物にならないのだけれど、それぞれに用途があれば、そうもならないのだから素晴らしい。

アラビア カラーズは濃淡の差あります

Eeva オーバルプレート25cm
Arabia Colors オーバルプレート25cm ホワイト

Eevaオーバルプレート25cmとしてスコープで販売しているお皿が、Arabia Colorsオーバルプレート25cmホワイトのそれにあたり、同じといえば同じなのだが、違うといえば少し違う。その違いというのは、大きくは生産地の違いである。スコープで別注し、現在も販売を続けているEevaオーバルプレート25cmはフィンランド製なのである。フィンランドのアラビア工場閉鎖前に、慌てて駆け込みでオーダーし、生産して貰った物であるから、フィンランド製、フィンランドのアラビア工場製だ。とはいえ白の色具合も違うわけではないし、アラビアロゴも同じであるから、目に見える違いがというのは、ほぼない。ただArabia Colors誕生前に生産された物であるから、裏面のロゴにArabia Colorsと印字されていないだけであり、フィンランド製というだけであり、フィンランド製であるからか裏面のロゴがよく歪んでいるというだけだ。Eevaオーバルプレート25cmのストックが完売した後は、Arabia Colors オーバルプレート25cmホワイトを入荷する事になる。その時に、このページにはオーバルホワイトが追加される事となる。またアラビアカラーズのプレートは、端の色が薄かったり、裏面に少し色が回っていたり、底のくぼみにうっすら釉薬がたまっていたりと個体差があります。ただ、どれも印象が大きく変わるほどではありません。ティーカップはプレートほどの個体差なく、プレート16.5cmと合わせてカップ&ソーサーとした場合も、気になるほどの差がでることはありませんでした。また、ティーマ イエローとの色の違いは?という質問が多かったので、ティーマ イエローとアラビア カラーズの色の違いを比べてみました。ビンテージのアアタミやキルタとの違いも分かります。

アラビア カラーズ イエローと、ティーマ イエローの違い

材質 磁器
寸法 オーバル25cm プレート : 約W247×D225×H35mm
21cm プレート : 約φ207×H28mm
16.5cm プレート : 約φ165×H25mm
カップ : 約φ88 W116×H67mm / 280ml
生産 Made in Thailand
備考
オーブン
(直火不可)
フリーザー 電子レンジ 食器洗浄器
  • 陶磁器製品に共通して見られますが、小さな黒点やピンホール、多少のがたつきはどれにもあり、良品としています。

説明書ダウンロード

Arabia Arabia Colors

  • イエロー
  • オーバルプレート25cm イエロー¥5,000(税抜き)
  • ホワイト
  • ティーカップ ホワイト¥3,000(税抜き)
  • イエロー
  • ティーカップ イエロー¥3,000(税抜き)
  • ホワイト
  • プレート16.5cm ホワイト¥2,500(税抜き)
  • イエロー
  • プレート16.5cm イエロー¥2,500(税抜き)
  • ホワイト
  • プレート21cm ホワイト¥4,000(税抜き)
  • イエロー
  • プレート21cm イエロー¥4,000(税抜き)