• カート
MOOMIN

スコープのMoominアイテムをまとめてみました。ムーミン キャラクターをモチーフに、1990年にスタートしたARABIAのムーミンマグシリーズは、毎年のように絵柄が追加され、コレクションアイテムとしても人気が高いシリーズ。廃番になったアイテムや、生産数量がもともと少ない限定アイテムは、オークション市場で高値で取引されることも。夏とクリスマスの時期に発売される限定マグを楽しみにしているファンも多いシリーズです。

Moomin マグ

自分のキャラを見つけたくなる

Arabia
Moomin マグ

廃番マグになった物を含め、ムーミンマグにはたくさんのキャラクターが存在する。自分と性格が似ているキャラを見つけたらマイマグ決定!毒舌キャラの人にはリトルミイ、現実逃避しがちな人にはスナフキン、結婚願望を強くアピールするならソースユール。そしてビンテージショップやオークションなので廃番になったキャラを見つけるとつい欲しくなり集めてしまうのもムーミンマグの魅力。すでに自宅の食器棚はムーミン谷状態です。酒

Moomin マグ フレンドシップ

『さびしがりやのクニット』の
1シーン

Arabia
Moomin マグ フレンドシップ

2018年までフィンランド国内とムーミン公式通販だけの限定品として販売されていたマグ「フレンドシップ」が2019年から日本でも購入できるようになりました。絵柄は、絵本『さびしがりやのクニット』からの1シーン。トーベ・ヤンソンが、孤独な気持ちを綴った読者からの手紙を読み、同じような辛さを抱える人たちのために、この絵本を書いたんだそう。色合いも鮮やかで、定番マグとはまた違う雰囲気。今の所限定ではないようですが、少し特殊な立ち位置のマグですから早めにゲッツしておくと安心です。シャ

Moomin マグ ハウスマグ

限定マグからの昇進

Arabia
Moomin マグ ハウスマグ

ムーミンママ、ムーミンパパ、ムーミン、スノークメイデン、スナフキン、スニフ、リトルミイ、ミムラ、スティンキー、フィリフィヨンカ、ヘムレンおばさん、サロメちゃん。総勢12キャラも登場しているオールスターマグ。2015年の期間限定マグでしたが2018年から定番マグになりました。もうひとつ積むとバランス的にムーミンハウスっぽくなって可愛いとスタッフフクイが言ってたので、もう一軒買っちゃおかな。酒

Moomin ハウスピッチャー、アフタヌーンインパーラー

ムーミンピッチャー 2種加わる

Arabia
Moomin ピッチャー

ハウスマグに続きこんなピッチャーが誕生。マグには紙でできた屋根が付属していましたが、こちら見事な陶器の蓋、いや、屋根が付いたピッチャーです。ポットではなく、いつものジャグに屋根の蓋がのっかったシンプルなつくり。牛乳やジュースをたくさん入れても、余った時に蓋があれば、そのまま仕舞えて便利。更にムーミンピッチャーがもう一種。ムーミンハウスの1階(パーラー)での午後のティータイムを描いた小さめ0.35Lジャグ。こちらは随分と可愛らしいサイズだから温めたミルク、紅茶のティーバッグやお砂糖なんかを入れて、一緒にサーブするのに使い勝手よさそう。シャ

Moomin True to its origins

True to its origins

Arabia
Moomin True to its origins

2017年に発表されたTrue to its origins。明るく楽しいムーミン一家のイメージとは少し異なる、寂しく静かでダークな一面を用いたこのシリーズはトーベヤンソンが大切にしていた、そして描きたかった世界をより忠実に形にした、ある意味とても重要なシリーズと言えます。マグだけでなく、ボウルやプレート、ジャー等ラインナップが揃うシリーズなので、部分的に取り入れるというのもいいですよ。これで渋好みな人もムーミンを持てる!ティーマブラックと合わせますとナイス雰囲気になります。シャ

Moomin チルドレンセット

チルドレンセット復活

Arabia
Moomin チルドレンセット

長らく販売していなかったのですが、久々にカタログを見返し、こうしたムーミンアイテムを再び取扱いするというのもよいのでは?という気になりまして今に至ります。可愛いだけでなく、リムが丸く立ち上がっている形がスプーンで掬い易いという実用性もある。小さな子がご飯トレーニングするのにも丁度いいのです。ヘビーに使ってるというユーザー酒井によると、この大きさと薄さがグラタンに丁度いいらしく素直にやってみたら確かに美味かった。薄くて焦げ多めグラタン。流石に僕が使ってたら気味悪いか。シャ

Moomin フィギュア

街に迷い込んだムーミン

Arabia
Moomin フィギュア

ムーミンシリーズにフィギュア登場と聞いても最初はフーンって程度だった。しかし、その年のクリスマス、『KIRO』というテーブルクロスを発売する際、それを一緒に並べてみたら、ムーミンたちが石畳広がるヘルシンキ街に迷い込んだ様で、なんだかグッときてしまった。調子にのり、キャンドルをガス灯に見立てたり、グリーンを木のように飾ったり、いい大人が盛り上がりました。小さなフィギュアをテーブルに飾るの楽しいです。成

Moomin 20 stories

ムーミン20ストーリー

特集
Moomin 20 stories

ライター萩原さんによる、ムーミンマグの20個のストーリー。今となっては入手困難なレア度マックス「Daydreaming」や、2012年にストックマンの150周年限定で販売されたマグなど。こうしてみると当時は定番マグとして普通に販売されていたのに、廃番になって今では手に入れられなくなったマグが本当に多いと感じます。お時間ある時にぜひ読んでみてください。福