• カート
Artek (アルテック) /  AMA500 ペンダントライト Artek (アルテック) /  AMA500 ペンダントライト

Artek / AMA500 ペンダントライト

マイレア邸の照明

アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルトがともに設計したマイレア邸(Villa Mairea)は、20世紀建築の名作として知られていて、現在も見学可能な現存する建築です。マイレア邸に関する厚い本も出版されていて、僕と付き合いのあるフィンランドデザインに関わる人々は皆々口をそろえ、そこへ行くことを薦めてくれます。僕にとってはまだ見ぬ、でも、いつかはの場所。そんなマイレア邸の図書室では「AMA500ペンダント」が今でも光を灯しているそうです。柔らかな光を放つAMA500ペンダントは、ダイニングテーブルやデスク上に一灯を吊るすのに向いたサイズ感であり、幅の広い開口部から食事や読書に十分な光が落ちます。シェード上部も塞がっているわけではなく、僅かながら光が漏れるよう作られているので、真鍮リングは光を反射して美しく輝いてくれます。それは天井を強く明るく照らすほどではないのですがホンノリと。天井への接続を覆い隠すための金属カバーも同色で付属していますから、全体を通して完成度は高いです。アルヴァ・アアルトの照明ビーハイブゴールデンベルを吊ると空間はエレガントで立派にみえますが、アイノ・アアルトの照明AMA500はそうはならず、どこか素敵な日常と見えます。そういった塩梅がこの照明の魅力なのだと思います。

Artek (アルテック) /  AMA500 ペンダントライト

マイレア邸 ライブラリーの写真

現在でもマイレア邸のライブラリーに吊るされている深緑色のAMA500ペンダントを再現したダークグリーンは、数量限定の特別色。スコープアパートメントにもダークグリーンを使い、完売して再入荷もできなくなったら定番ホワイトに差し替えよう、今ここに吊ってあるダークグリーンは緑好きのスタッフに売り付けよう。そう算段していたのですが、このダークグリーンが想像以上に気に入り過ぎてしまったから、ダークグリーンが完売した後のことを考えるのが嫌になってきています。でも、気合をいれて100個仕入れてますから、当面は先のことは考えなくてもいいと思うのですが。でも、いつか考えなくてはいけないんだな。

Artek (アルテック)
Aino Aalto (アイノ・アアルト)
Artek (アルテック) /  AMA500 ペンダントライト

from scope apartment

No.1 / 照明に強い色を持ってくる

アイノ・アアルトがデザインした物が好みです。余計がなく控えめで優しいから好きです。素朴なところもいいです。どこかザックリしていて少し大き目な辺りも好感が持てていいです。そして日常にとてもよく馴染むのが格別いいです。色々と丁度いいのです。このAMA500、一目して僕はビビっときました。やはりアイノ・アアルトでした。現在一番気に入っている照明はコレということになります。新たな撮影スタジオとして借りた岐阜の一軒家、ダイニングテーブルの上にAMA500を吊ることは即決でした。アルテックのテーブルの上にAMA500ダークグリーン、とてもよく馴染んでいます。僕はダークグリーンのAMA500を溺愛してしまっています。今のスコープアパートメントはAMA500ダークグリーンが空間の中心にある、ダイニングキッチンのアイコンのように見えています。照明といえばホワイトやブラックを無難に選びたくなるのですが、道はそればかりではなかった。ダークグリーンのような強い色を持ってくるのは想像以上に素敵であることが今回よくわかりました。テーブルクロス、カーテン、そして壁の色や柄を際立たせる方向はよく目にしますが、AMA500ぐらいの大きさと存在感ある照明に強い色を持ってくるだけで、周りの空間がサッパリしていても一気にその場所に個性がでます。照明に強い色を持ってくる、今まであまり考えになかったのですが、実際にやってみましたら素晴らしく良かった。これはやってみないとわからない。周りが綺麗にサッパリ整っていればいるほど、その威力は絶大です。かなり前に買った物なのですがビンテージのBeehiveダークブルーを秘蔵しています。急にそれを吊りたい場所が噴出してしまいまいた。そしてダークブルーを作りたくなる気持ちもよくわかるのです。照明に好きな色、強い色を持ってくる。空間が無難でサッパリしているのなら照明は好きな色を。その部屋には既に好きな色が添えられていれば照明は静かに無難に。バランスなんだと思います。(2020年6月16日 シャ)

Artek (アルテック) /  AMA500 ペンダントライト

Q&Aのログ

内側にネジがあたって銀色の引っ掻き傷ができてしまいました。

塗装表面を削ってしまい凹んでいるようなキズ場合は直せないのですが、金属が擦れて付いたメタルマークの場合はアルコールで拭くと簡単に取れます。キズを観察してみて表面的に銀色が付着しているようなら綿棒の先などにアルコールをちょんとつけて銀色の部分を軽く拭いてみてください。試したところ、写真のようになりましたので同じタイプのキズ(汚れ)であれば直せます。写真では無水アルコールを使いましたが、消毒用のアルコールでもいけると思います。

修正後

商品スペック

材質 本体・引掛シーリングカバー:スチール / パウダーコーティング
リング:ブラス
寸法 約φ320×H230mm(サイズ詳細) / 約2.3kg
生産 Made in China
備考 電球:E26 最大消費電力60W
引掛けシーリング取付式
ON・OFFスイッチ無し
電球付属

    説明書ダウンロード


Artek AMA500 ペンダントライト

    •  
    • ダークグリーン / ブラス 2m
  • NO IMAGE ダークグリーン / ブラス 1.25m

    あと 4個

      AMA500 ペンダントライト ダークグリーン / ブラス 2m ダークグリーン / ブラス 2m

    あと 22個

  • ¥90,200(税込)
    •  
    • ホワイト / ブラス 2m
  •   AMA500 ペンダントライト ホワイト / ブラス 2m ホワイト / ブラス 2m
  • ¥88,000(税込)