ナウ!
twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
Artek 915 サイドテーブル Artek 915 サイドテーブル

Artek / 915 サイドテーブル

パイミオにて2019年春

2019年、僕の興味を大いに惹きまくってくれた家具は、アアルトの901ティートロリー、そして、この915サイドテーブルでして、気づけば研究心旺盛となり過ぎ、ヴィンテージにまで手を出す始末ですから、僕の興味はナカナカの盛り上がりを見せています。アアルト建築の代表作パイミオサナトリウム、そちらを2019年春、久しぶりに訪れました。今なお、エントランスホールでは、403アームチェアと915サイドテーブルが現役で活躍している様を確認しましたら、『改めまして、これはいいですなぁ』と思うわけです。パイミオサナトリウムの館内を巡っていても、入り口で目にしたサイドテーブルのことばかり考えてしまうのだから、僕の興味は相当に高まっていた、いや振り切っていたんだと思う。そのフィンランド出張において、印象に残った物を振り返れば、断然915サイドテーブルとなるものだから、帰国して早々に発注をすすめた。ずっと使われ続けているということは、つまり問題なく使い続けられているということで、それは他に替える必要もなかったという結果、そんな確かな物もないんじゃないだろうか。パイミオサナトリウムも全てが当時のままではなく、やはり改修され、置き換えられていくのですが、長い年月が過ぎていくなかで変わらない点というのが、なにより輝いてみえます。そこに僕が興味を惹かれるのも、当然といえば当然か。

アルテック 915 サイドテーブル

収納と見えれば俄然
欲しくなるのですよ。

アルテックの901ティートロリーをスタッフが使い始めた。飾り棚兼オープン収納として活用を始めたのだけれど、それが本当によかった。飾り棚であり、収納でもある。そんな都合良い家具あるだろうか。そうと使ってみれば実に便利というか、素晴らしい価値となって見えてくる。上段に置いた物だけでなく、下段に仕舞ったつもりで見えてしまっている物まで綺麗に見えるのだから、素晴らしい価値というのも過言ではない。そして901ティートロリーは、飾り棚でもあり、収納でもあると認識してしまった今、それに類する915サイドテーブルの見え方も大きく変わった。アアルトの本を眺めていれば、ラウンジチェアやソファーの横に915サイドテーブルが置かれ、下段に本、上段にアアルトのベースが静かに置かれている。そんなラグジュアリーな写真を多く目にする。とても素敵なシーンではあるのだけれど、それだけでは、ここまで偏重する見方にはならない。そんな写真を見続けた先に、フィンランドの友人宅で、このサイドテーブルを完全に書棚として使っている姿を目の当たりにして、完全に偏重する見方となった。とてもラグジュアリーなイメージを抱いていた物が、日用品として、書棚として使い倒されているのだから。大いに驚きもしたのだけれど、それが本当に素晴らしく見えてしまったのです。下段にミッチリと詰められた本、そして上段にも積み上げられた本、本棚としてフル活用されている様が、もう、それはそれは素晴らしく見えたのです。トロリーより普段の生活に近い物であり、値段も下がる。トロリーにあこがれるけれど現実味がない、手がでないのであれば、この915サイドテーブルは検討に十二分に値すると思う。また、平置きの書棚を探すのであれば、僕にとっては、今のところ此れに勝るものはない。

アルテック 915 サイドテーブル

本棚、飾り棚
ベッドサイド

膨大な本が積み上げられ、主に平置書棚として使うのは洒落ている。どこまでも増える本の山を、ここに集積させれば、メッシーながら洒落た雰囲気を醸します。また、書棚に入らないような大きな本、立てると曲がってしまいそうな本は平置きがいい。そういった書棚に納まらない本を平置きする場所があるというのも、日本的収納を感じられてイイナと思う。上段に飾り棚、下段に収納は鉄板であり、その延長線上としてベッドサイドで使うというのも、寝室を素晴らしく格上げする。また、広い天板は、なんだかベッドが広がったみたいでラグジュアリーだ。ただ、晴らしい物ではあるのだけれど、少し注意は必要です。サイドテーブルとして考えていると、想像以上にサイズが大きいのです。だから、サイズはよく確認してから買った方がいい。フィンランドで余程、現物を見てきたにも関わらず、納品となった箱を見たら、その大きさにまさか915サイドテーブルだとは思わなかった。実際にその箱から出した時、こんなに大きかったっけ?と驚いてしまった。自分の生活空間に置けるかどうか?バランスよく使えるかどうか?大きすぎないかどうか?そんな検証は十分にどうぞ。でないと、驚く人が多いと思う。

アルテック 915 サイドテーブル

現行ラインナップ
そして今後の色々

915サイドテーブル、2019年11月現在の現行ラインナップは、バーチフレームにホワイトラッカー天板とブラックラッカー天板の二種が生産されています。上にガラスオブジェなどを飾るということを考えましたら、ホワイトが断然優れていると思いますから、スコープはホワイト一択にてまずは取り扱いを始めました。古くから使われている物、ヴィンテージを見ていますとブラックメインではありますが、ここは使い勝手重視の選択と集中。で、これで終わりというわけもなく、オールバーチのヴィンテージがとっても良い雰囲気だったものですから、大変高価ながら思い切って入手してしまい、その勢いにはのりまして、既にバーチ天板バージョンも別注しています。天板が塗りつぶしではない分、製造上の問題もあるようで、現在は生産していないということですが、アルテックの心配する多少のアレコレは全てOKとすることで、別注OKとなりましたから、2020年中には入荷できるでしょう。でも、なんだか、この記事を書いて色々調べたり、眺めたり、過去を振り返ったりしていましたら、シックな部屋であれば、僕が最も影響を受けた本棚として使うのであれば、白いオパールガラスやシックなベースを上段に飾るのであれば、ブラック天板もありだなって気もしてきているのです。だから、ブラックもきっと追加すると思います。もし、バーチ天板をご希望でしたら少し待っててください。もし、ブラック天板をご希望でしたら更に少し待っていてください。結局、選択と集中からの、拡散そして溢れる興味でございます。こういった収納としてはコンパクトであり、物を綺麗に見せ、そして生活に必要とされる家具というのは、僕のなにより大好物なのです。

Artek (アルテック)
Alvar Aalto (アルヴァ・アアルト)
アルテック 915 サイドテーブル

パイミオサナトリウムの館内

アルテック 915 サイドテーブル

フィンランドの友人宅

商品スペック

材質 バーチ(ラッカー塗装)
寸法 約W590xD490xH590mm / 約6.2kg
生産 Made in Finland

購入前に確認ください

  • 商品は「玄関での受け渡し」が原則となります。開梱・設置等に関しましては対応できませんので、あらかじめご了承ください。

    説明書ダウンロード

  • 個別販売商品


Artek 915 サイドテーブル

  • 00010001000100010001 / 小さな凹みがあります。
  • ホワイト 0001¥117,700(税込)
  • 販売終了致しました
  • 00110011001100110011
  • ホワイト 0011¥117,700(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0014001400140014
  • ホワイト 0014¥117,700(税込)
  • 販売終了致しました
  • 00150015001500150015
  • ホワイト 0015¥117,700(税込)
  • 販売終了致しました
  • ホワイト
  • ホワイト¥117,700(税込)
  • 2020年入荷予定
  • バーチ
  • バーチ¥117,700(税込)
  • 2020年入荷予定