• カート
東屋 (あづまや) /  ACTP01、01' 箱
東屋 (あづまや) /  ACTP01、01' 箱

上段:01 檜
下段:01'シナ

東屋 / ACTP01、01' 箱

01’と北欧の相性

シンプルな箱を積み上げ収納にする。無駄のない箱を積み上げ、自分に必要な分だけ無駄のない収納を組み上げる。それに弱くも長く惹かれ続けているから、箱のことをたまに考える。スコープを始めたばかりの頃、いくつかその手の箱に手をだしているのだけれど、想像した以上の物だったことはなく、どちらかといえばアイデアが物の多くを占め、長く使える物ではなかったし、一言でいえばヤグかった。一方、東屋の箱、01’(ゼロワンダッシュ)。東屋の事務所にも、東屋の店舗『東青山』にも沢山積み上げられているから、そりゃあ、もう、何年も見続けていて付き合いが長い。何年も使い続けられた物の様を含め、イイもんだというのはわかっていたけれど、『値段がねぇ』なんて情けない理由で、手を出さずに何年も過ぎていた。取扱いに至らなかった理由は衣桁と同じなんだろうと自分を振り返っている。この雰囲気は僕の部屋に合わないんじゃないかと、どこかで決めつけていた。スタッフの家を撮影スタジオ化したタイミングで、アルテックのテーブルや椅子に合う収納ってどんなんだ?と考えていた時、東屋の01’が急に頭に浮かんだ。使ってみよう、何台か買って並べてみた。それは想像以上にマッチした。いや、マッチしたというどころではない、満足が溢れだすような結果だった。アルテックや北欧の家具のみで構成された空間とも違う、そこには日本らしさが少し加わり、僕の目には洒落た組み合わせに映った。キテル、キテル!東屋の01'、最高だ。そんな事に今更気づき、あまりにも今更な感じに少し申し訳ない気持ちも芽生えているのだけれど、僕の理解は人より大幅に遅れてやってくるから仕方もない。タイミングを逃し、今でなくていいって後回しにし続けている事や物の中に、実は大事な物というのが他にもいくつかあるんだろう。

東屋 (あづまや) /  ACTP01、01' 箱

01'チーク

東屋 (あづまや) /  ACTP01、01' 箱

01'チーク

飾る場所を作る

この家具は収納という方向からだけ見ない方がいい。01'を綺麗に積み上げると、建築構造の一部のような(少し大袈裟か)床より高い場所、そんな飾るに向いた場所が自分の部屋に現われる。ガラスを綺麗に飾る場所がない、物を飾って綺麗に見える出窓が欲しい。いつか家を建てた時に実現したい、遠くぼんやりした理想を、今週末にでも実現できてしまう。その家具はいつでもどこへでも持ち運ぶことができる物だから、長く見ても無駄がない。これはありそうでない、日本で探すマンゴスチンぐらいにない。そして、僕は思う。01'と付き合うなら、『収納』と決めつけるのは勿体ない。収納だと思って手にしてしまえば、手にした全てを開口部前面に積み上げる道しか見えなくなるから。そう使わないと勿体ない気がしてしまうから。 しかしながら、01'は収納として使わないと勿体ないと思うことが何より勿体ない。その多くを伏せる、そのいくつかを伏せる、その全てを伏せる、それぐらい自由に置き方を発想した方が、01'の価値は高まる。01’は収納としての場所だけではなく、床の間のような場所にもなり、新しい壁にもなる。個人の感想ではあるけれど、開口部を前面にしない、収納機能を伏せれば伏せるほど、その場所は飾る場所としての価値が増すように見える。そして収納を開ける、伏せる、積み上げ方を変える、その積み方、収納の開ける伏せるのバランスを変える事で、部屋の構成を簡単に変えられる。つまり部屋の構成を修正していけるのだから、これを取り入れないのもナカナカ勿体ない。

六面正面

板厚20mm、1辺370mm、立方体の箱。LPを収納するのに丁度良い箱、その箱に無駄な線は一切ない。立方体のアウトラインは綺麗な直線で、個々のサイズ違いは目に捉えられない。こんな精度で箱を作るというのは大変なことだろう。箱にも色々あるけれど、ここまで無駄の無い、寸法精度の高い箱というのはあまりない。それを積み上げた時には、塊のようにも見えるぐらいだから。過去にこういったシンプルな木の箱、家具(ZENNという)をスコープオリジナル家具として作ったこともあるから、この方向の苦労は少しはわかっているつもりだ。その時、似た物は作れたけれど、ここまでではなく、やはりアウトラインはボンヤリしていて、01'のような緊張感には全く至っていなかった。精度が大きく異なっていた。無駄な線のない、裏も底もない、六面全てを正面にできる箱、逃げ場のない物作りは難しい。難しいのだけれど、それを実現することで、この箱の使用幅は最大になる。どの面をどちらに向けてもいいのだから。つまり前面を収納部(開口部)とする必要もない。伏せてもいいし、上に向けてもいい、どう置いてもいい。つまり、4個積み上げ4個すべてを収納とせず、その一部だけを収納とする事もできる。あえて、そうする事で、あまり見た事のないカッコよさがそこに生まれる。単にシンプルであればいいわけではなく、寸法の精度、削り落とされた様々な余分、そして全面仕上げ。その先に完成した家具だけに、これに並ぶ物はなかなかないだろう。

東屋 (あづまや) /  ACTP01、01' 箱

01 桐

東屋 (あづまや) /  ACTP01、01' 箱

01 檜

01'と01

東屋の箱には、01’(ゼロワンダッシュ)と01(ゼロワン)の二種が存在します。ゼロワンダッシュはランバーコア合板に、シナやチークの突板が張られ、伸縮もほぼありません。これに向いた材が選ばれていますが、この精度で箱を作ることは簡単なことではありません。ゼロワンダッシュは膨大な数量を作れないにしても量産は可能で、人気となれば定期的に入荷できる予定です。スコープへは72個単位で入ってくる位の物量感。そして、もう1つ、ゼロワン。こちらは無垢材を使い、東京の井上木芸で伝統工芸士の指物師により作り上げています。無垢材を使い、この逃げのない箱を作ることは、誰に聞いても不可能と言われたそうですが、それを井上木芸さんが可能にしています。ただ入荷は超不定期で数個単位。10個オーダーしても10個は入ってこない物です。東屋の社長さんは、ゼロワンの桐を日々愛用していて、足の指をぶつけても痛くないからいいって絶賛しています。僕は木曽檜が好きです。厚い檜の家具に心惹かれる、それだけなのですが。ゼロワンダッシュを積み上げた中にゼロワンを一つ加えるのも良いものです。滅多に出てこない物ではありますが、長い年月をかけて入荷の度に少しづつゼロワンを積み上げていく、そこに心血を注ぐのも、洒落てんじゃないかと思います。

東屋 (あづまや) /  ACTP01、01' 箱

01 檜 / 01'シナ

2021年7月9日
ゼロワン眺めて考える新倉庫構想

無垢材で作られているACTP01、合板に突板をはりましたACTP01'。通称ゼロワンとゼロワンダッシュ。余計な線を極限まで削ぎ落とした箱、美しき収納でして気づけば僕の関わる場所にはかなりの数が置かれています。実際、販売数とスコープ備品数どっちが多いんだろ?ってぐらいに活用していまして、心底大事箱です。長らく使い続けていますと使い始めの均一な雰囲気は少し崩れ、表面の色や雰囲気がバラバラ違っていくのがまた良いです。使い始めの綺麗な状態より使い続けた先、日に焼けた様子が素敵に見えるのだから、ほんと素晴らしきです。そしてゼロワンダッシュシナに混じる、より高価なゼロワン檜!その存在感が際立っていまして最高過ぎます。そんなゼロワンとゼロワンダッシュの成長した姿を眺めながら、スコープ新倉庫構想を練っていましたら、そこで使う家具は安価なスチール家具やプラスチックケースを買うのではなく、ゼロワンやゼロワンダッシュを組み込みながら、オリジナル棚も作り、より良い家具や道具で満たされた新倉庫にしたい!という考えが頭に浮かんでいました。そうしましたら最終的にゴミとなる物は減っていいなって思うわけです。ゼロワンダッシュとゼロワンあわせて1000個くらいオーダーしてみちゃおうかな!?ナンテ!タハ!

東屋 (あづまや)
荒木信雄
01:井上木芸
01’:田中木工所

商品スペック

材質 01 :桐、檜
01' :ランバーコア合板(突板 シナ / チーク)
寸法 W370×D370×H370mm(内寸:W330×D350×H330mm)
桐 約3kg、檜 約4.8kg、シナ 約4.8kg、チーク 約6kg
生産 Made in Japan
備考 完成品
  • 個別販売商品


東屋 ACTP01、01' 箱

  • 0073007300730073 / 前面木端の突き板にジグザグの繋ぎ目があります。全体に馴染んでおり、目立つものではありません。
  • 01' シナ 0073¥42,900(税込)
  • 販売終了致しました
  • 007500750075
  • 01' シナ 0075¥42,900(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0077007700770077 / 前面木端の突き板にジグザグの繋ぎ目があります。全体に馴染んでおり、目立つものではありません。
  • 01' シナ 0077¥42,900(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0079007900790079 / 前面木端の突き板にジグザグの繋ぎ目があります。全体に馴染んでおり、目立つものではありません。
  • 01' シナ 0079¥42,900(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0102010201020102 / 前面木端の突き板にジグザグの繋ぎ目があります。全体に馴染んでおり、目立つものではありません。0102 / 右側面に浅いライン状の凹みがあります。
  • 01' シナ 0102¥42,900(税込)
  • 0103010301030103 / 背板内側に小さな凹み傷がありますが、目立つものではありません。
  • 01' シナ 0103¥42,900(税込)
  • NO IMAGE
  • 01' シナ¥42,900(税込)
  • 次回 入荷未定
  • 000900090009
  • 01' チーク 0009¥49,500(税込)
  • 001000100010
  • 01' チーク 0010¥49,500(税込)
  • 001100110011
  • 01' チーク 0011¥49,500(税込)
  • 001200120012
  • 01' チーク 0012¥49,500(税込)
  • 001300130013
  • 01' チーク 0013¥49,500(税込)
  • 0014001400140014 / 側面にうっすらとラインが走っています。全体に馴染んでおり、目立つものではありません。
  • 01' チーク 0014¥49,500(税込)
  • 0015001500150015 / 側面の端に僅かな削れがあります。引っ掛かりはありません。
  • 01' チーク 0015¥49,500(税込)
  • 001600160016
  • 01' チーク 0016¥49,500(税込)
  • 001700170017
  • 01' チーク 0017¥49,500(税込)
  • 0018001800180018 / 背面にうっすらとライン状の凹みがあります。全体に馴染んでおり、目立つものではありません。
  • 01' チーク 0018¥49,500(税込)
  • 001900190019
  • 01' チーク 0019¥49,500(税込)
  • 002000200020
  • 01' チーク 0020¥49,500(税込)
  • NO IMAGE
  • 01' チーク¥49,500(税込)
  • 次回 入荷未定
  • 000100010001
  • 01 桐 0001¥165,000(税込)
  • 000300030003
  • 01 桐 0003¥165,000(税込)
  • 000400040004
  • 01 桐 0004¥165,000(税込)
  • 000600060006
  • 01 桐 0006¥165,000(税込)
  • 000700070007
  • 01 桐 0007¥165,000(税込)
  • 000800080008
  • 01 桐 0008¥165,000(税込)
  • 000900090009
  • 01 桐 0009¥165,000(税込)
  • 001000100010
  • 01 桐 0010¥165,000(税込)
  • 001100110011
  • 01 桐 0011¥165,000(税込)
  • 001200120012
  • 01 桐 0012¥165,000(税込)
  • 001300130013
  • 01 桐 0013¥165,000(税込)
  • 001400140014
  • 01 桐 0014¥165,000(税込)
  • 001500150015
  • 01 桐 0015¥165,000(税込)
  • NO IMAGE
  • 01 檜¥165,000(税込)
  • 次回 入荷未定
  • 000200020002
  • 01 檜 0002¥165,000(税込)
  • 000300030003
  • 01 檜 0003¥165,000(税込)
  • 000500050005
  • 01 檜 0005¥165,000(税込)
  • 000600060006
  • 01 檜 0006¥165,000(税込)
  • 000700070007
  • 01 檜 0007¥165,000(税込)
  • 001000100010
  • 01 檜 0010¥165,000(税込)
  • 001200120012
  • 01 檜 0012¥165,000(税込)
  • 001300130013
  • 01 檜 0013¥165,000(税込)
  • NO IMAGE
  • 01 桐¥165,000(税込)
  • 次回 入荷未定