twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

丼鉢

丼鉢

丼鉢

丼鉢

丼鉢

東屋 / 丼鉢 文祥

丼鉢 文祥
黒点や小さな欠け含め
いいじゃない、です。

文祥窯にて一つづつ手挽きで作られる、猿山修デザインの丼鉢 文祥。酒道具としても愛用している汲出し 文祥は、僕にとって使用頻度が高い器という事もありまして、少々特別な思い入れが噴出し、テンションのみで押し切る商品ページテキストとなってしまいましたが、此方の丼鉢 文祥も原料は汲出し同様なので、表面、雰囲気は汲出し 文祥と同じく独特です。古物と混ぜても馴染む、そんな物の雰囲気の良さを感じます。それというのは、今や使われる事の少なくなった原料をわざわざ使っているという点が大きく影響しているのでしょう。400年も前の江戸時代初期に佐賀県有田で日本初の磁器が誕生したわけですが、その当時、有田焼の原料として盛んに使われていたのが泉山陶石。粘り気なく、鉄分多く、加工に苦労する材料という事もありまして、今ではなかなか使われる事もないそうですが、この丼鉢 文祥には、その泉山陶石が使われています。つまり古物と同じ原料を使っているわけですから、その雰囲気は今の物と違ったものとなります。ただ、その原料が使われなくなったのにも理由があるのです。鉄分を多く含む材料を徹底的に精錬しているわけではないので、黒点は多くでますし、物によってはホクロ級、アザ級といったのも出てきます。また材料も粗いですから、製造の過程でポロっと粗い粒が欠け落ちることが頻繁に起こります。それは口縁、高台、つまり縁によく出まして、たまに側面に出ることもあります。汲出しのような小振りな物より、丼鉢のような大きな物の方が、それは出やすいようです。そんなポロっと欠けた時に、そのまま釉薬をかけて焼成するのか、そのポロと落ちた欠けがなくなる程度に縁を削ってしまうのか。その選択については削らず、形が優先されています。さて、そのポロっと欠けた部分をダメだと、そう判断したとしましょう。そうしますと、どうなるのか?ポロっとしない綺麗な材料にしたらいいじゃないかとなります。黒点がクレームとなりますと、もっと鉄分の少ない材料を選び、徹底的に鉄分を抜いた材料を使おう、そんなこととなります。そして、それが現在の原料になっているわけでして、それらが均一で綺麗な製品となります。なので、それら黒点や欠けをダメだとすると、この物作りの方向は、全てが振りだしに戻ってしまいます。この独特な雰囲気をもつ器、古物のような味わい深い物とはならないわけです。よく考えますと今の均質で綺麗な器が主流になっているのも、使い手の意見が変化の一因となっているのかもしれない。ですから、この器は折角いい具合に巻き戻っているので、そのまま生産が続けられるよう、手にする側も、そのままを全て受け入れるということにしてみましょう。スコープでは単体撮影をし個別販売していますから、状態を確認して好みのものを選ぶことができますが、そこで敢えて、大きく特徴的な物、欠けあり、貫入あり、黒点が目立つ、そんな物を手にして使ってみるというのも、面白いんじゃないでしょうか。脱損得思考の訓練にもなりますし、物の見え方も変わってくるはずです。そして段々とそういった物の方が面白く感じるようになってくるでしょう。ずっと過ごした先の記憶に残っているのは面白いヤツ、面白い出来事、そんなようなことです。

丼鉢 平

丼鉢 平

丼鉢 平

丼鉢 平

丼鉢 平

丼鉢 平

使ってみまして
丼鉢か、丼鉢平なのか。

東屋のもう1つの手挽きで作られている丼、丼鉢 薫は底が広くて容量も入ります。では、それほど容量はなくても良い、そこまで沢山入らなくても良い、つまり大盛不要という方であれば、文祥の丼鉢は良いと思います。勿論、物の形の好みというのを何より重視されるのが一番とは思いますけれども。また下が窄まった形は仕舞うときに重ねやすく、いくらかすっきりした印象もあります。では続きまして、文祥の通常サイズと平をどう使い分けるのか?そこを、使ってみましての感想からツラツラと書いてみます。うどんやそば、つゆまでいただくような麺物を主軸にするのでしたら、通常サイズを使うのが何よりです。一人分のつゆ300mlと麺がきれいに入るぐらいの容量で、麺の上に具をのせてもきれいに収まりまして良かったです。平と比べると一見大振りにも感じますが手取り感も丁度よく、女性でも高台で支えながら持ち上げることが容易でして、そこまで大きな丼というものではないです。一方浅いタイプの平、こちらは丼というより大きめの茶碗や深皿、鉢のように使うのがよさそうです。筑前煮や角煮など、少し汁気のある煮物を盛り付け、食卓の真ん中に使ってもよいですし、お茶漬けや牛丼などを頂くにも丁度よいサイズです。乳白色の素地に清々しい輪線が薄く引かれていて、どんなものを盛り付けても上品でおいしそうに見えます。とはいえ、なかなかどちらと決められない、サイズ感が悩ましい。そんな場合は、まず平を1つ買うというのが僕的にはおすすめです。何故なら、丼鉢平は鉢として活躍してくれますから、使い道がないナンテことはないはずです。ですから、平をまずは手にして、色々と使い試してみながら、通常サイズが自分の生活に合いそうか?そこを判断すれば、より無駄もなくて良いんじゃないか?そう思います。いやいや、そんな迷いなく、両サイズ手にするぞ!そういう方もいるでしょう。それはそれでナイスと思います。これはあって困るような器ではないですから。

東屋 (あづまや)
猿山 修 (さるやま おさむ)
文祥窯 (ぶんしょうがま)
材質 磁器(泉山陶石)、釉薬(白川釉石、土灰)
寸法 丼鉢 : 約φ168×H92mm
丼鉢 平 : 約φ160×H70mm

*詳細なサイズはカート上をご確認ください。

生産 Made in Japan
  • 丼鉢 文祥全体の特徴として、高台口元に製造過程でみられる石はぜの跡がみられます。
  • 個別販売商品


東屋 丼鉢 文祥

  • NO IMAGE
  • ¥5,400(税抜き)
  • 次回 入荷未定
  • 0141<br>Φ163×H91mm / 415g
  • 0141
    Φ163×H91mm / 415g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0142<br>Φ163×H92mm / 469g
  • 0142
    Φ163×H92mm / 469g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0143<br>Φ159×H90mm / 417g
  • 0143
    Φ159×H90mm / 417g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0144<br>Φ164×H90mm / 397g
  • 0144
    Φ164×H90mm / 397g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0145<br>Φ160×H90mm / 448g
  • 0145
    Φ160×H90mm / 448g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0146<br>Φ166×H92mm / 448g
  • 0146
    Φ166×H92mm / 448g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0147<br>Φ164×H92mm / 368g
  • 0147
    Φ164×H92mm / 368g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0148<br>Φ164×H91mm / 404g
  • 0148
    Φ164×H91mm / 404g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0149<br>Φ164×H91mm / 430g
  • 0149
    Φ164×H91mm / 430g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0150<br>Φ166×H91mm / 400g
  • 0150
    Φ166×H91mm / 400g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0151<br>Φ160×H90mm / 398g
  • 0151
    Φ160×H90mm / 398g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0152<br>Φ161×H90mm / 461g
  • 0152
    Φ161×H90mm / 461g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0153<br>Φ165×H90mm / 383g
  • 0153
    Φ165×H90mm / 383g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0154<br>Φ164×H90mm / 380g
  • 0154
    Φ164×H90mm / 380g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • 0155<br>Φ162×H90mm / 397g
  • 0155
    Φ162×H90mm / 397g¥6,000(税抜き)
  • 販売終了致しました
  • NO IMAGE
  • ¥6,000(税抜き)
  • 次回 入荷未定