• カート
東屋 (あづまや) /  バターケース・ナイフ

四切

東屋 (あづまや) /  バターケース・ナイフ

四切

東屋 / バターケース・ナイフ

バター好きの方へ いいものです。

バターって紙箱から出して銀紙を剥いて使ったらまた包んで・・・というその一連の作業がものすごくわずらわしい。朝食はパン派、ついでにバター派のくせに僕はこの面倒な作業を日々繰り返してました。なぜかというと、「これ!」というバターケースに出会いがなかったから。ないなら面倒だけど箱から出し入れして使う方がまだいいやと思ってました。でもそんな日々もおしまい。なんてったってすてきなバターケース&ナイフに出会っちゃいましたから。このバターケースとナイフの制作はスコープが絶対的信頼を寄せている東屋さん。そしてデザインは猿山修さん。品のある日用品を作ることにおいては間違いなく最強タッグです。

半切

バターナイフ

四切

全判

全判

半切

四切

四切

半切

全判

半切


バターケースは山桜を刳り貫いて作られており、フタをすればまるで木の塊。オイルフィニッシュで現れた深い色合い、そのしっとりとした木肌の感触を手にすると明らかにいい素材感が伝わってきます。ケースのサイズはなんと3種類!一般的な200gのバターが丸ごと入る「全判」、200gを長辺方向に半分にして入れる「半切」に加え、業務用450gの4分の1が入る「四切」があります。バター好きが愛してやまないカルピスバターも450gだからこれは嬉しいラインナップ。四つ切は200gの短辺方向の半分を入れることもできるので、どちらも使う方は四切が便利です。200gはまだしも、450gを丸ごとケースに入れちゃうのは日常使いにしては多すぎる。だから必要な分を切って収納する方法は材料的にも使い勝手的にも無駄がなくていいですよね。余ったバターはラップで包んで密閉し冷凍庫へ。そうすると冷蔵庫保存より日持ちするし新鮮さを保てます。四切ははじめから4等分して保存しちゃえば次に使うときも楽ちんです。そして忘れてはならないのがバターナイフ!刃も鋭く冷蔵庫から出したばかりのバターでもすっと切れます。薄いステンレスの刃をサンドする真鍮の柄はあえてコーティング加工を施していないため、経年変化により徐々に深い色合いとなり自分だけの美しい道具に育ってくれます。朝、まず冷蔵庫からバターケースを食卓に運び、バターナイフを置く。大げさに言うわけではないのですがたったこれだけの作業が、慌しい朝でも心に余裕を持たせてくれます。いい道具とともに丁寧に食事ができる喜び。その気持ちがとても心地いいです。

text: スタッフ 平山

東屋 (あづまや)
猿山 修 (さるやま おさむ)
ケース:四十沢木材工芸(あいざわ木材工芸)
ナイフ:能作 (のうさく)

Q&Aのログ

バターケースは、使い始める前には一度洗った方がいいのですか?その際はきちんと乾かしてから、バターを入れたらいいのですか?

特に洗わなくても、よく絞ったキッチンタオルで拭くぐらいでOKと思いますけれども、気になるようでしたら、洗って風通しの良い場所におき乾かしてから使って下さい。直射日光に当てて乾かしたり、水に浸けっぱなしにしたりしますと、反りや割れの原因になるのでご注意下さい。これはナンカあるといけないから、一応お伝えしますという話でもなくて、直射日光と水へ浸けっぱなしにするっていうのは、無塗装の無垢材を使った物は即座に反りや割れにつながりますから、要注意なのです。また洗剤を使う時は、ほんの少量の中性洗剤をスポンジに付けて洗い、良く流して下さいませ。

バターケースを三年くらい使っているのですが、底面が反ってしまい、きちんと閉まらなくなってしまいました。もし、解消方法がありましたら教えていただけないでしょうか。

無垢材ですから木の伸縮はどうしても発生します。反りを修正するテクニックをバターケースの職人さんに教えて貰いました。
まず、推測される原因ですが、洗浄を繰り返す事で表面に塗っていたオイルがはがれて素の状態(木地の状態)に戻り、乾燥の具合によって一定の方向に固まってしまい、反りが出たものと思われます。

《 解消方法 》
① 反りの凹面だけを水で濡らします。霧吹きがあれば濡らすくらい、霧吹きがなければ、濡れ布巾を凹面に当てておきます。
② ラップを敷いた上に、凸面を上にして置きます。凸面の上には重い本のような平らな重しを載せておいてください。
③ このままの状態で数時間程度置いてください。但し、ちょうどいいところで固まるかどうかが微妙で、重しの時間の兼ね合いによっては元のポジションには戻らないかもしれませんが、改善はされるかと思います。

今後の使用にあたっては、洗浄回数を減らす事をお勧めします。という事ですので、一度お試し下さいませ。

商品スペック

材質 バターケース : 山桜(オイルフィニッシュ)
バターナイフ : ステンレス・真鍮
寸法
  • バターケース
    全判 : W142×D94×H52mm / 約225g
    半切 : W142×D62×H52mm / 約160g
    四切 : W106×D97×H61mm / 約200g
  • バターナイフ
    W15×L175×T6mm / 約46g
生産 Made in Japan

購入前に確認ください


東屋 バターケース・ナイフ

  • バターナイフ刃の部分に能作、猿山修、東屋の刻印が入っています。使い込むと真鍮の柄の部分は次第に深い色合いへと変化します。奥:新品、手前:数ヶ月使用
  • バターナイフ¥4,950(税込)
  • 次回 入荷未定
  • 0563 / 159g05630563
  • 半切 0563
    159g¥5,720(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0564 / 164g05640564
  • 半切 0564
    164g¥5,720(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0565 / 165g05650565
  • 半切 0565
    165g¥5,720(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0566 / 119g05660566
  • 半切 0566
    119g¥5,720(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0567 / 169g05670567
  • 半切 0567
    169g¥5,720(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0568 / 141g05680568
  • 半切 0568
    141g¥5,720(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0569 / 156g05690569
  • 半切 0569
    156g¥5,720(税込)
  • 0570 / 168g05700570
  • 半切 0570
    168g¥5,720(税込)
  • 0571 / 138g05710571
  • 半切 0571
    138g¥5,720(税込)
  • 0572 / 143g05720572
  • 半切 0572
    143g¥5,720(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0573 / 139g05730573
  • 半切 0573
    139g¥5,720(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0574 / 135g05740574
  • 半切 0574
    135g¥5,720(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0575 / 161g05750575
  • 半切 0575
    161g¥5,720(税込)
  • 0576 / 144g05760576
  • 半切 0576
    144g¥5,720(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0577 / 159g05770577
  • 半切 0577
    159g¥5,720(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0578 / 135g05780578
  • 半切 0578
    135g¥5,720(税込)
  • バターケース 200g 半切
  • バターケース 200g 半切¥5,720(税込)
  • 次回 入荷未定
  • 0989 / 222g09890989
  • 四切 0989
    222g¥7,370(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0990 / 187g09900990
  • 四切 0990
    187g¥7,370(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0991 / 187g09910991
  • 四切 0991
    187g¥7,370(税込)
  • 販売終了致しました
  • バターケース 450g 四切
  • バターケース 450g 四切¥7,370(税込)
  • 次回 入荷未定
  • 0578 / 205g05780578
  • 全判 0578
    205g¥6,820(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0579 / 210g05790579
  • 全判 0579
    210g¥6,820(税込)
  • 販売終了致しました
  • 0580 / 226g05800580
  • 全判 0580
    226g¥6,820(税込)
  • 販売終了致しました
  • バターケース 200g 全判
  • バターケース 200g 全判¥6,820(税込)
  • 次回 入荷未定