twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
東屋 (あづまや) /  急須、茶海、茶葉

平急須 後手:烏泥

東屋 / 急須、茶海、茶葉

東屋の急須は上品で洒落てる。
平急須 後手が一番人気です。

小さい頃は婆ちゃんがいたから、お茶をいれてくれてよく飲んでいたんだけど、大きくなって日本茶を飲まなくなった。なんて思いながら日々コーヒーや紅茶を飲んでいる。でも、美味しい日本茶は日々飲みたいとは思っているし、日本茶を飲んでいると長生きできるとも聞くし、和食を食べている時は、ちゃんと日本茶を飲みたい気持ちになる。でも、ペットボトルの日本茶は違うな、ゴミも増えるし。何でこうも、自宅で日本茶を飲もうって方向に気が向かないのか?それは僕達のせいじゃない。それは、もう道具の問題、そういう事としよう。これでお茶を淹れてみたいという、惹かれる道具が自分の周りにないからだ。だから、洒落た魅力的道具の多い紅茶やコーヒーに僕達の日常シェアが占拠されているんだ。そして遂にスコープ的生活において、これがあれば他は考えなくていいんじゃないか?そう思える程の急須が東屋から届いた。2018年には常滑らしい朱泥も加わり、ラインナップは既に満潮です。急須のラインナップはいくつか出ていますが、後手が恰好も良く、個人的な好意は際立っている。使ってみれば、とにかく上品で上質と感じます。全アイテムの中で一番人気は平急須 後手。日本茶に限らず紅茶、中国茶に合う、後手のスタイルは素敵で洒落ていて用途も広いので言うことがない。また後手は一般的な横手の急須より収納性にも優れていて、そこも便利で良い。だからといって、横手イマイチってわけじゃなく、単に後手の方が僕の好みで少し便利に感じるってだけですが。

東屋 (あづまや) /  急須、茶海、茶葉

平急須 横手:朱泥

使い込む程に香りを蓄え
光沢も増す常滑の烏泥朱泥

見た目が洒落ているだけではないのが東屋の日用品。生まれは急須の産地として知られる愛知県常滑(とこなめ)市。常滑焼というと赤色の焼き物を思い浮かべますが、この東屋の急須は赤色の朱泥に対し烏泥(うでい)を用いて黒色に焼き上げられた物から始まりました。常滑らしい朱泥の急須は2018年追加ですから、結構な後発です。焼き締められた常滑焼の肌は無釉のため、お茶の香りを蓄え、使えば使うほどに香りのよいお茶を淹れられるようになります。まさにお茶のために存在しているような焼き物。そして磁器の急須とは違い、これは育っていきます。使用を重ねるうち、肌はつややかに光沢を増し、使えば使うほどに価値が高まっていく。

東屋 (あづまや) /  急須、茶海、茶葉

丸急須 後手:烏泥

昔、常滑を訪れた時、使い込まれて艶やかな古い急須がとっても高値で売られていました。それはとにかく素敵であり、高値となっている理由が見てわかる。使い込まれた美しいビンテージ家具のように僕の目に映った。自分の手で、そんな雰囲気となるまで使い込んでみたい。やはり将来がある物と付き合っていくのは楽しい。それは安価である必要なんてなく、正しい対価を支払い、良い物をずっと大事に使い続けたい。そんな事を常滑にあった古い急須を見て感じるのです。

【茶漉しについて】以前販売していた「極細」タイプは、製造元設備故障により生産不能となってしまいました為、現在は「並細」タイプのみの取扱です。極細のような極端に細かな目ではありませんが、並細は目が詰まりにくく、紅茶や中国茶を淹れるのにも向いていて、日々使うに便利です。設備復旧には相当なコストが必要なようで、極細タイプの再生産はほぼ望めなさそうです。

東屋 (あづまや) /  急須、茶海、茶葉

小急須 後手:烏泥
茶海 小

一人用急須のススメ

大は小を兼ねる。急須を買おうと考えると、どうしても大き目を選びたくなる。それならば一人用は必要ないだろうと考えてしまうのだけれど、美味しいお茶を淹れる修練をするなら、一人用を持つことが近道です。まずは自分の好みのお茶を淹れられるようになろう。自分好みの茶葉の量や時間、温度を、一人用急須であれこれ試し、経験を積み重ねていく。自分で飲みたい時に自分の分だけを淹れ、その塩梅を模索していく。周りを気にせず自分の分を淹れるだけなので、お茶を淹れる回数が増え、経験を重ねられますから、お茶レベルの上がり方が早いのです。自分なりの美味しいお茶を淹れたい方は2~3人用と1人用を持つべし。どこまでやり込みたいかにもよるとは思いますけれど。
→急須と茶海のベストな組み合わせ

東屋 (あづまや) /  急須、茶海、茶葉

茶海 大

茶海は絶対必要

急須があれば十分と考えないで、茶海は必ず持っていて下さい。美味しくお茶を淹れるには(コーヒーもそうですが)お湯の温度が大切です。熱々のお湯を冷まし、うまみを抽出する、適温にするのが、茶海の役目。沸騰したお湯で一気にお茶を入れず、茶海を使って温度を下げましょう。まずはお湯を空の急須へ。マイナス10度。急須から茶海へ。マイナス10度。そして茶葉を急須にいれ、茶海から急須へ。この流れです。急須に淹れたお茶も、直接湯呑へ注がないで茶海へ一度移してから、湯呑へ注げば均一にお茶を注ぐことができます。美味しくお茶を淹れるなら、茶海は必須アイテムなのです。この茶海があるとコーヒーを淹れる時にも便利なのです。使うとわかる茶海の実用性、スコープとしては、とにかく持っていて欲しい道具の1つなのです。あと、これを書くと怒られるかもしれないけど、杓文字を入れるのに便利な形をしています。また自家製ドレッシング、自家製ポン酢、自家製ツケダレを入れてテーブルに出すのにもいい。活躍の幅が広く、あれば大活躍な、見慣れぬ聞き慣れぬ道具なのです。

おいしいです煎茶「薩摩」

煎茶「薩摩」は、日常気軽に飲むのに適した、甘すぎず程よい渋みがありしっかりとした味の煎茶です。日本で2番目の茶葉生産量を誇る鹿児島県でユタカミドリという品種の茶葉を製茶したあと、静岡で1年間寝かしながら火入れをして作られます。東屋さん好みの美味しい煎茶、是非お試し下さい。毎年5月には新茶が発売され、パッケージに新茶とスタンプされます。これだけ色々な場所で、色々なお茶が売られているのに、わざわざスコープで「薩摩」を買う人が多いのは、これに独特なおいしさを感じるからなのでしょう。僕もこいつは美味しいと思います。

東屋 (あづまや)
茶海:猿山 修 (さるやま おさむ)
茶葉:北川製茶(きたがわせいちゃ)
茶海:白岳窯 (しらたけがま)
急須:高資陶苑(たかすけとうえん)
東屋 (あづまや) /  急須、茶海、茶葉

茶漉しの目詰まりを取り除く道具

常滑の急須は使い続ける程に光沢が増し良い雰囲気となるから当然、使い続けるんだけど、使っていくと茶漉し部分が目詰まりし始め、段々とお茶の出が悪くなる。茶漉しの目が細かければ細かい程によく詰まる。だからメンテする道具がいるんだけど、東屋の茶漉し帚でメンテすればすっきり、元の精度の高い茶漉し機能を取り戻します。。

材質 急須 : 烏泥、朱泥(無釉)
茶海 : 磁器(透明釉)
茶葉 : 薩摩(鹿児島産ユタカミドリ)
寸法
  • 急須
    平急須 後手 : W170×D105×H80mm / 210g / 適量 240ml
    平急須 横手 : W175×D130×H80mm / 200g / 適量 240ml
    丸急須 後手 : W145×D90×H85mm / 140g / 適量 180ml
    丸急須 横手 : W150×D110×H80mm / 140g / 適量 180ml
    小急須 後手 : W120×D80×H60mm / 100g / 適量 90ml
  • 茶海
    大 : W148×D95×H100mm / 300g / 適量 300ml
    中 : W130×D81×H88mm / 215g / 適量 200ml
    小 : W110×D72×H78mm / 110g / 適量 150ml
  • 茶葉
    50g
生産 Made in Japan
備考 茶葉の賞味期限 : パッケージに記載(開封後は2週間が目安となります。)
  • 茶漉し部分はとても繊細なので、硬いものは使わず、歯ブラシなどの柔らかいもので洗ってください。
  • 陶磁器製品に共通して見られますが、小さな黒点やピンホール、多少のがたつきはどれにもあり、良品としています。

東屋 急須、茶海、茶葉

    平急須 後手 並細

  •   急須、茶海、茶葉 烏泥 烏泥
      急須、茶海、茶葉 朱泥 朱泥
  • ¥6,000(税抜き)

    平急須 横手 並細

  •   急須、茶海、茶葉 烏泥 烏泥
      急須、茶海、茶葉 朱泥 朱泥
  • ¥5,800(税抜き)

    丸急須 後手 並細

  •   急須、茶海、茶葉 烏泥 烏泥
      急須、茶海、茶葉 朱泥 朱泥
  • ¥5,800(税抜き)

    丸急須 横手 並細

  •   急須、茶海、茶葉 烏泥 烏泥
      急須、茶海、茶葉 朱泥 朱泥
  • ¥5,600(税抜き)

    小急須 後手 並細

  •   急須、茶海、茶葉 烏泥 烏泥
      急須、茶海、茶葉 朱泥 朱泥
  • ¥5,100(税抜き)
  • 茶海 大 石灰釉
  • 茶海 大 石灰釉¥2,700(税抜き)
  • 茶海 中 石灰釉
  • 茶海 中 石灰釉¥2,500(税抜き)
  • 茶海 小 石灰釉
  • 茶海 小 石灰釉¥2,300(税抜き)
  • 茶器セット(丸急須・茶海 中・茶葉)
  • 茶器セット(丸急須・茶海 中・茶葉)¥9,338(税抜き)
  • 茶葉 薩摩
  • 茶葉 薩摩¥858(税抜き)