• カート
東屋 (あづまや) /  ペーパータオルの匣 東屋 (あづまや) /  ペーパータオルの匣

東屋 / ペーパータオルの匣

手を洗ったらペーパータオル
それを入れる匣を作るは難しい

発売は2020年春だったと思います。手洗いウガイが大事な世の中となり、多くの会社がコロナ対策アイテムを考案し始めた頃、東屋さんから登場したのが水楢(ミズナラ)で作られたペーパータオルの匣でした。手洗いした後はペーパータオルで手を拭いて捨てる、そんな用途のために作られた匣です。ただナカナカ作るのが難しい物だったようで発売して早々に長らく生産中断が続きました。見た目にはそんな難しい物にも見えないのですが、ペーパータオルはティッシュより厚く硬いので、取りだす時にはティッシュより抵抗が生まれます。東屋の匣方式でいきますと、ティッシュやペーパータオルを直接匣に納め、その上に落とし蓋形式で蓋が置かれますから、取りだす時に蓋がペーパータオルに持っていかれて外れてしまってはいけないわけです。蓋の重さであったり穴の滑りであったりの調整にはなかなか苦心されたようです。ただそんな仕組みですから物の作りも実にシンプルですし、内容量が減ると蓋も落ちていくので、残量もわかりとても便利なのです。ただ勢いよくペーパータオルを引き出した時、ペーパータオルを沢山入れたばかりの時には、蓋が外れるといいますかガタン!となりがちですから、そういった場合はユックリ上品に引き出して対処してください。

東屋 (あづまや) /  ペーパータオルの匣

手入れのこと底板のこと

洗面台やキッチンなど、水気の多い場所で使われることが想定される物なので、荏油〈えのゆ〉と蜜蝋で拭き上げることにより、多少の水はねを防げるよう仕上げられています。とはいえ、無垢の木ですから水滴がついたまま放置しましたら染みになりますし、濡れたまま放置したり、極端に直射日光やエアコンがあたる場所であるとか、火に近い場所に置いていましたら、反りやヒビ割れが起こることもあります。無垢の木材は水分を吸ったり乾いたりする度に膨張と収縮を繰り返します。だから変化する物なので、そこは仕方ないことです。では、余程お手入れにも注意していかなくてはいけないか?といえばそんなこともありません。そこまでアレコレ気にする事もなく、水洗いするのはダメぐらいの感覚で濡れたら乾拭きする、汚れたら乾拭きする、そんなお手入れで気軽に使っていけばいいと僕は思います。多少なにかあったとしても、ペーパータオルの匣として機能しなくなるほどのことはそうそうないでしょうから。底板にも無垢材が使われています。ただ見えない部分ですから、側面には使うことのできない白太材(つまり白い材)が底板にのみ使われていることが多いです。そこはご了承ください。また接着していないので底板は動きます。さてさて、僕自身なにも細かいことは気にしないままノーお手入れにて半年は使い続けています。置いてる場所もかなり日光が当たる場所なのですけれど、特にコレといった問題を感じた事は今のところ何もないです。

東屋 (あづまや) /  ペーパータオルの匣

2021年1月29日
新ス的なる生活必需品
完全認定ですなコリャ

ジワジワきました。最初はそこまで欲しいと思っていなかったのですが、手を洗った後に使うというより食卓で使い始めましたら、もう欠かすことのできないアイテムになってしまいました。今はスコープ的生活必需品として完全認定です。ただ僕に凄く合っているだけなのかもしれませんが。そして正しくはペーパータオルの匣というより、ペーパータオルが必需品化したというわけです。僕はどうも食卓でティッシュを使うことにイマイチな印象を抱いてしまいます。ミスマッチな感じがするといいますか、食卓にティッシュは少々いけてないのです。できれば洒落たペーパーナプキンがいい。そこでペーパータオルを使ってみますとコレがいいんです。ペーパーナプキンに近い印象があるということを使っていて感じます。なので食卓にはティッシュではなく、ペーパータオルが置いてあって欲しいし、食卓ではペーパータオルを使いたいのです。そして台所でもペーパータオルがよいわけです。場所にあった物というのがあるんだと思います。家の中の多くの場所ではティッシュに軍配が上がり、食卓や台所ではペーパータオルに軍配が上がり、トイレではトイレットぺーパーに軍配が上がります。そして食卓でペーパータオルを使うとなると、それ相応のケース、つまりは匣に納まっていないと生活感があふれ出てしまいます。そこに東屋のペーパータオルの匣はバッチリ過ぎます。これであれば4040テーブルであったり、アルテックのテーブルに出しっぱなしになっていても全く嫌じゃない。むしろそこにいることを僕は歓迎します。だから、いつも食卓に出しっぱなし、いつもそこにあります。

東屋 (あづまや)
筒井木工所
山一 (やまいち)

商品スペック

材質 水楢、荏油、蜜蝋
寸法 W257×D132×H85mm / 480g
内寸:W245×D120×H75mm
押さえ板厚み:6mm
生産 Made in Japan

購入前に確認ください

  • 木目や色味は一点一点異なります。

説明書ダウンロード

東屋 ペーパータオルの匣

  • ¥12,100(税込)
  • 3月下旬 入荷予定