• カート
Giannini / Giannini Giannina エスプレッソ コーヒー メーカー

3カップ

Giannini / Giannini Giannina エスプレッソ コーヒー メーカー

3カップ

Giannini / Giannini Giannina エスプレッソ コーヒー メーカー

3カップ

Giannini / Giannina エスプレッソ コーヒー メーカー

東屋ミーティングで知った
優しい味のミルクコーヒー
家でも簡単にできちゃいます

東屋でのミーティングで頂く優しい味のミルクコーヒー、これが実に美味しいのでどうやって作っているのか思い切って質問してみた。するとイタリアジャンニーニ社のジャンニーナ エスプレッソメーカーを使っているのだとか。なんでも東屋の皆さんは仕事の合間に入れ替わりでこのジャンニーナ1カップを使い、各々好みのミルクコーヒーを淹れつつ一息ついているらしい。会社の休憩でこんな美味しい珈琲が飲めるなんて最高じゃあないですか、羨ましすぎる。これは真似したい、と早速そのジャンニーナとやらを一台サンプル購入し、実践してみることに。仕組み的にはマキネッタとよばれるタイプ、熱せられたお湯が珈琲粉を通り、上部に吹きあげられるというあれです。エスプレッソなんて難しそうだけど、私にもできるかな…さぐりさぐり漏斗に粉を詰め、水を入れセット、ガスにかけしばらくすると、なにやらコポコポと音がし始めましたよ。そっと上の蓋を開けてみると、できてるできてるコーヒーが!使い始め数回は淹れて捨てるってのをやってね、と言われていたので、もったいないなぁ~と思いつつ、ここは潔く。不純物を取り除くためということですが、新品のメーカーに珈琲味を馴染ませるという感じ。古い豆なんかを使うとこの罪悪感は少し軽くなります。で、遂に本番、出来上がったエスプレッソに温めた牛乳を加えて飲んでみると、そうそうこの味、東屋のミルクコーヒーの味!私にもできるじゃないですか。ということで、それ以来我が家のお茶時間に、ジャンニーナのミルクコーヒーが加わりました。テキテキとネルドリップした珈琲もそりゃ美味しいけど、ジャンニーナのミルクコーヒーが飲みたい時もあるし、エスプレッソをお湯で割ったアメリカンも独特の美味しさがあります。特に火にかければ、あとは放っておけばだれでも簡単にできるという気軽さはジャンニーナの大きな魅力。その時の気持ちの余裕加減や体調、一緒にいただくお菓子や食事なんかに合わせて今日のコーヒーは何で淹れようか?そんな選択肢が増える、これってすごく贅沢なことのような気もします。そんなこんなで、家コーヒー充実化が進行中です。

Giannini / Giannini Giannina エスプレッソ コーヒー メーカー

6カップ

Giannini / Giannini Giannina エスプレッソ コーヒー メーカー

6カップ

難しいことはないですが
使うにあたってのコツ
みたいなものを少し

道具も使い方もシンプル、そんなところもジャンニーナの魅力。ボイラーと呼ばれるタンク、内側の安全弁(ネジのところ)まで水を注ぎ、漏斗に挽いたコーヒーの粉を入れセットしたら火にかけて待つだけ。ただ、こんなところに気をつけると、もっとスマートにいきますよ、なんてコツを少々。

◎コーヒーの粉は細かすぎると目詰まりすることがあるので、細挽き程度で。漏斗に粉を入れる時、ギュウギュウ押さえすぎるとこれまた目詰まりの原因になりますから、スプーンの腹で優しく均すくらいにしましょう。漏斗の回りに粉が残っていると、器内が密閉された状態にならず、どこかの隙間からプシューッと空気が抜けてしまうことがあります。こうなるとうまく圧がかかりませんから、漏斗の回りを指の腹で一周してからメーカーにセット、余分な粉を取り除きましょう。

◎漏斗をボイラーにセットし上部を取り付ける際、特に使い始めはハンドルが固くてはまらない場合があります。そんな時は上部を手で抑えながら体重を思いっきりかけて抑え込み、ハンドルを回すとセットしやすいです。

◎ジャンニーナは想像以上にコンパクトな器具なので、底の口径は小さいです。特に1カップ、3カップはガスコンロの五徳に安定してのらない場合が多いですから、そんな時は『ミニ五徳』なる器具を探してみてください。五徳の上に載せ、小さな鍋やポットを安定させるこの器具が一つあれば、径の小さなバターウォーマ―などを火にかける時も安全です。またIHコンロも非対応となっていますが、IHヒーティングプレートというものがあれば、ジャンニーナのような口径の小さい物も加熱できます。詳しくはこちらのブログをご覧くださいね。

◎ガスの火加減は弱めで。本体から火が飛び出ない程度が目安です。大きな火だと、ハンドル部分が熱くなってしまいますからご注意を。またゆっくりじわじわ加熱する方がおいしいコーヒーができるそうです。急いでいる時は、ボイラーに水ではなくお湯を淹れるという必殺技もありますが、セットする時に熱いのでこれまたご注意を。できれば水からやるのがベストです。

◎使い終わったら洗剤は使わず、水で洗い汚れを落としましょう。洗剤を使うと、本体に臭いが残ってしまいます。日々使ううちに本体に珈琲が馴染み、次第に我が家の味になってくるというエスプレッソコーヒーメーカー。本場イタリアでは使ってそのまま洗わないという人もいるらしいですが、そこまでワイルドになり切れない私は、やっぱり毎回洗います。とはいっても、フィルターの下とか、珈琲がたまる部分を中心にさっと洗い流す程度です。

Giannini / Giannini Giannina エスプレッソ コーヒー メーカー

1カップ

Giannini / Giannini Giannina エスプレッソ コーヒー メーカー

3カップ / 1カップ / 6カップ

サイズ選びは
何人分入れるか
濃いのが好きか

取扱い開始時は、1カップと3カップの2種類からスタートしましたが、もう一つ大きいサイズ、6カップを新たにラインナップに追加し3サイズの展開となりました。

1カップ:
普段エスプレッソを淹れるのは一杯分、自分の分だけという方は一番小さい1カップをどうぞ。こうした器具はもしもの時の為に大きなものを買いたくなりますが、1杯分淹れることがほとんどであればこのサイズです。東屋の社内で使っているのはこの1カップのみだとか。少ない量で作ると味のブレも少ないですから、自分好みのエスプレッソを追究するのならこのサイズ。とことん使いこなすのが理想的です。100mlの水と6gのコーヒー粉をセットし、100ml弱のエスプレッソが抽出できます。Teemaのマグカップの容量が220ml程度ですからミルクとの割合は半々~若干ミルク多めという感じです。ただこのサイズは底面積が直径72mmとかなり小さいので、ガスもIHもそのまま火にかけるのは難しい。ガスコンロは五徳の上に置くミニ五徳を、IHで使う場合はヒーティングプレートが必須です。

3カップ:
1〜2人分のカフェラテに向いたサイズです。160mlの水と14gのコーヒー粉をセットし、140mlくらいのエスプレッソが抽出できます。ティーママグ2杯に分けると倍量の牛乳で割ることになるので、ミルク量多めのミルクコーヒーになりますし、エスプレッソを1杯分に全て使うとミルク量80mlくらいの濃いめのカフェラテも楽しめます。このサイズの底面積は直径82mm、このサイズに関してもガス・IHそのまま使うのは厳しいサイズですので、ガスはミニ五徳、IHコンロはヒーティングプレートの準備が必要な場合が多いと思います。

6カップ:
一度にたくさんの人数分淹れることが多いのであればこのサイズです。300mlの水と24gのコーヒー粉をセットし、250mlのエスプレッソが抽出できますから、ティーママグ2杯に分けるとミルクの量は100ml弱、濃いめのラテとなります。牛乳の量を増やせば3〜4杯程度まで一度に淹れられますから、一気に沢山淹れたいならこれです。6カップになると底面積は直径96mm。一般的にIHコンロで使用するには、底面積が120mm以上というのが目安にはなっていますが、機種によってはこの大きさなら加熱可能なものもあります。実際スコープアパートメントのIHコンロでは、ヒーティングプレートを使用しなくても問題なく加熱できています。

ちなみに、3カップと6カップは、漏斗にストレイナーを逆さに装着してコーヒー粉をセット、ボイラーの水も半量にすると(安全弁の下にうっすらと〇印がありますが、物によってはほぼ見えないのであくまで目安程度です)容量半分のエスプレッソを淹れることもできます。1カップはストレイナーと漏斗が一体化しているので半量はできません。サイズが変わると、出来上がるエスプレッソの味も少し変化します。私が飲み比べたところ、1カップよりも3カップの方が少し濃く抽出されるような気がしました。粉の割合が若干多くなる為だという理解でいます。ちなみに気になる東屋のミルクコーヒーのレシピは、1カップで淹れたエスプレッソ約100mlに、牛乳250ml、砂糖はティースプーン2杯のベスト比率。Teemaマグ2杯分くらい出来上がります。牛乳多めなラテがお好きな方はぜひ試してみてください。オイシイヨ!

Giannini / Giannini Giannina エスプレッソ コーヒー メーカー

使用するにあたっての
注意事項などは
こちらに追記していきます。

シンプルな構造で作られているジャンニーナ。そうそう壊れるなんてこともなさそうです。実際東屋さんでは、いくつものメーカーを十何年も使い続けているけど、一度も壊れたことがないと聞きましたからそこは安心。日々のお手入れに関してや、気が付いたことなどはこちらに追記していきますので、使っていて気になることがあればこちらをチェックしてみてください。

◎本体上パーツの底に使われているゴムパッキンは一年に一回を目安にお取替えください。パッキンは2個入りで別売りしています。パッキンを本体から取り外すのになかなか苦労すると思いますが、隅につまようじのようなものを突っ込み、浮かすと取りやすいです。ただこのゴムパッキンは取り換え時以外は外さない方がいいと思います。使っていると内部の汚れが気になって、全て取り外し洗浄したい衝動に駆られる人もいると思いますが、パッキンを無理に取り外そうとするとキズがつき、そうなるとうまくエスプレッソが抽出されない原因にもなります。

◎3カップと6カップは、ストレイナーと漏斗が一体化しておらず、別々のパーツとなっています。淹れ終わった後に、誤って粉と一緒にストレイナーを捨ててしまうことがあるようですから、ご注意を。万が一捨ててしまった場合は、パーツのみご購入いただけます。(6カップの漏斗・ストレイナーもそのうち追加する予定です)

◎火をかけた直後の本体はかなり熱くなっていますので、取扱いには十分注意してください。エスプレッソを注ぐ時も本体から熱い蒸気が出ます。熱いままExtendable trivetに置くと焦げます、というのは私の体験談。以前、『出来上がったエスプレッソをマグに注ぐときにこぼれるのがどうにかならないか?』というお問合せを頂きましたので、メーカーに問い合わせたところゆっくり注げばこぼれない、ということでした。ほんとー?と思いながらやってみたら確かに垂れたりこぼれたり、というのがなくなりました。どういう理屈かはわかりませんが、知っておくと役に立ちます。

◎エスプレッソにコーヒーの粉が混ざってしまうといった場合、豆を細かく挽きすぎている可能性もありますが、上部フィルターの中にコーヒーの粉が溜まっているというのも考えられます。コーヒーの粉を引くと見た目には均一に見えてもムラがある場合が多く、使い続けるうちに細かい粉が上部フィルターの穴を通ってしまうことがあるようです。その粉を取り除くためには、上部パーツの底面から、パッキンとフィルターを取り外し、フィルターの中に残っているコーヒーの粉を水道水でよく洗い流してください。また上部パーツを通る真ん中の穴の中を綿棒などで掃除してみてください。お手入れ後はまた元の状態に戻しますが、ここでフィルターの上下を間違え易いので、取り外した後に上下がわかる写真を撮っておくことをおすすめします。とはいえ、上でもご説明した通り、パッキンは余り取り外ししない方が無難ですから、パッキンの取り換えタイミングにあわせて、ついでにこの部分も掃除する、というのがスムーズではないかと思います。ジャンニーナの仕組み上、エスプレッソに多少の粉が混ざることはよくあることでもあります。(スコープ成戸)

Giannini

Q&Aのログ

IH非対応とのことですが、やはり、IHの場合は諦めるしかないですよね?

本体だけではIH非対応ですが、市販のグッズを使うことで、対応可能です。そのグッズの紹介と使い方をブログにまとめました。

IH非対応にもうグッナイ!

商品スペック

材質 ステンレス
寸法 1カップ:約W116×H128×φ72mm / 442g
3カップ:約W136×H147×φ82mm / 617g
6カップ:約W157×H178×φ96mm / 860g
生産 Made in Italy
備考 ガスコンロ:○ / 電磁(IH)調理器:×

購入前に確認ください

説明書ダウンロード

Giannini Giannina エスプレッソ コーヒー メーカー

  • 1カップ
  • 1カップ¥15,400(税込)
  • 3カップ
  • 3カップ¥17,600(税込)
  • 6カップ
  • 6カップ¥19,800(税込)
  • 次回 入荷未定
  • 1カップ用漏斗
  • 1カップ用漏斗¥2,420(税込)
  • 3カップ用漏斗
  • 3カップ用漏斗¥2,640(税込)
  • 3カップ用ストレーナー
  • 3カップ用ストレーナー¥880(税込)
  • 1カップ用<br>パッキン 2個
  • 1カップ用
    パッキン 2個¥1,540(税込)
  • 3カップ用<br>パッキン 2個
  • 3カップ用
    パッキン 2個¥1,650(税込)
  • 6カップ用<br>パッキン 2個
  • 6カップ用
    パッキン 2個¥1,760(税込)