twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
iittala Flora iittala Flora

iittala / Flora 日本-フィンランド外交樹立100周年記念

日本・フィンランド
外交関係樹立100周年フローラ
レイン&ペールピンク

2019年に日本とフィンランドは外交関係樹立100周年を迎え、その年を祝う特別なフローラとリトルターンが企画されました。カラーは日本の桜をイメージさせる「ペールピンク」とフィンランドの湖を想わせる「レイン」。2019年は記念年だから、この1年は生産が続くのか?と考えたくなるのですが、先のことはハッキリしないものでして詳細不明、スミマセン。早々に売り切れてしまうような事があれば、もう一度とは勿論考えていますけれど何も行動はしていません。でも、いつか買おうというのでしたら、早めに買っておけば長く愛用できていいんじゃないかと思います。タイミング、どうぞ逃されませんよう。最近よく思うのですが、これは買うべきか?と悩んだ時には買うを選ぶが後悔なくてイイと思っています。でも仕事に関しては悩んだらやめる、これがイイようです。特に根拠もないのですが、僕にはそれが良いようです。話が逸れてすみません。同じタイミングで登場したアアルトベースにはサーモンピンクが採用されていて、フローラやリトルターンにはペールピンクを選ばれています。少し違うピンクです。晩年のオイバはペールピンクを好んで選んでいたからフローラやリトルターンはペールピンクなのでしょうか。同タイミングでピンクを使うのなら、同じピンクを使って全体に統一感を出したくなるのですが、物に合ったピンクをしっかり選んでいるって事なのかな。なんだか少し不思議、微妙に違うピンクのお話、大した話でもないのですが。一緒に飾ろう、一緒に使おう、そう思ってる方は少しピンクが違うって事を知っておいた方がいいかと思いまして。アアルトベースのサーモンピンクもかなりの人気アイテムですから。

iittala Flora iittala Flora

フローラの今まで、
今後、更に未来は?

デザイナー オイバ・トイッカの代表作といえばカステヘルミとフローラだ!ナンテ書いちゃって大丈夫かな?まぁ、食器で考えればそうなるね、大丈夫。スコープではフルッタが最大ヒットしているんだけど、それは局地的結果(スコープだけだから)であって、広くなが~~~い目でみればカステヘルミとフローラってことになる。オイバがデザインした物というのはフローラ、カステヘルミ、フルッタ以外にもいくらでも膨大にあるんだけれど、時代の流れのなかでどれもこれも廃番となり、生産ラインから姿を消し、今ではヴィンテージショップにならぶ物となっている。でも、超ヒットした物には、独特な魅力、特別な引力があるようだ。多くの人が忘れた頃に引っぱり出してくる人がいて、現在の世に復活、時代をサイクルさせる。2010年にカステヘルミはイッタラの定番として復活し、2014年にフローラはスコープが単独で復刻した。カステヘルミは1964年発売、フローラは1966年発売と近いから時代は繰り返すとはまさに。スコープで復刻したフローラは、タンブラー23cl、タンブラー36cl、ボウル100mm、ボウル150mm、ボウル250mmと豊富であったから、単独企画にしては無茶をした。更にボウル80mmも加え、アートフローラ3種も制作するに至ったから、これらを継続してラインナップし続けるのは厳しい。加えて僕の中でもやり切った感も芽生えてしまっている。つまりスコープ的にはそろそろギブアップ!そんなタイミングでイッタラから限定生産ながら販売再開。2019年という日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念した限定アイテムも登場した。この企画にはスコープも相乗りさせて貰えたから、なんとなく僕の気持ちにも区切りがついた。令和が始まり、フローラはスコープ別注から本隊イッタラのラインナップ方向へカナ。この文章を書いている段階では定番復活はしていないんだけど、追々そうなっていくんじゃないだろうか。そして、またいつか終わるんだろう。で、僕の人生の終盤辺りに、もう一度ナンテ話になるのかもしれない。前の生産終了から二十数年後にスコープは復刻しているから、終わって忘れられて、またそろそろフローラをと引っぱり出す。それは僕が80歳ぐらいになるような気がする。でも、そんな先の絵をボンヤリとでも描けるのは幸せなことだ。もし宜しければ、その頃にもお付き合いを頂きたい。フローラ、オイバ・トイッカ、感謝深々。

iittala Flora iittala Flora

マウスブローと個体差について
スコープより切実にお願い。

型吹きガラスなので個体差はあります。それは人が吹いて作った証でして、僕はそこに価値と温かみを感じます。均一均質がスタンダードな現在、そういった物はクレームが多いから作られる事も少ない傾向にありますが、僕はフローラのような味わいある物を実生活の中心に置いて、末永く愛用したいんです。フローラには厚さの違いから生じる色の濃淡や柄の出方の違い、気泡や口元の凹凸、底の若干の膨らみやガラスの揺らぎ、底の波紋など色々あります。道具に挟んでグラスを運ぶから、その際に白い小傷も生じます。フローラとはそういった物とご理解ください。クオリティに対するリクエストや指示を連絡事項欄に書かれる方がいらっしゃいますが、それにお応えすることは不平等でもありますから、ご希望には添えません。同じ物をまとめて購入された場合も、ガラスの厚さや重さを揃える、柄の出方を揃えるなど個体差の似た物を集めるという事もできません。色々できなくてすみません。ただ、物を続けていくためにご理解をお願いしたいです。色々ありますと、僕らも心が折れて諦めてしまいますから。そうしますと物も終わってしまいます。コレは?と思っても『コレがいいんじゃない!』と納得して使い続けてみれば、案外よい事ばかりです。僕もそうでしたから。選べる物の幅は広がりますし、物の見方も大きく変わります。勉強とするのも良いのではないでしょうか。あまり細かく、難しく考えないで。色々あるから、そこが面白い!そんな風に捉えてみてください。慣れてきますと個性的な物ほどよく見え、そういった物が欲しくなっていくんです。ただ使って危ないような物、欠けている、割れている物まで、個体差としてご了承下さいナンテ強引な話ではありません。そんな物が届きましたら即メール下さい(自社倉庫でスコープスタッフが検品していますが見落とす事もあります)。そこまで神経質になる話でもないのですが。どうしても合いそうにない場合は無理しないでフローラやフルッタはスルーして下さい。

iittala
Oiva Toikka (オイバ・トイッカ)
iittala Flora iittala Flora

商品スペック

材質 無鉛ガラス
サイズ タンブラー23cl:約φ58×H100mm / 約100g / 約230cc
ピッチャー120cl:約φ112×W177×H156mm / 約550g / 約1200cc
ボウル100mm:約φ100×H57mm / 約180g / 約360cc
*マウスブロー製品のため容量と重量には大きく個体差があります。
生産 Made in Finland
備考
食器洗浄器
×

説明書ダウンロード

Flora 日本-フィンランド外交樹立100周年記念

  • タンブラー23cl ペールピンク
  • タンブラー23cl ペールピンク¥3,300(税込)
  • 次回 入荷未定
  • タンブラー23cl レイン
  • タンブラー23cl レイン¥3,300(税込)
  • あと 71個

  • ボウル100mm ペールピンク
  • ボウル100mm ペールピンク¥4,400(税込)
  • 次回 入荷未定
  • ボウル100mm レイン
  • ボウル100mm レイン¥4,400(税込)
  • 次回 入荷未定
  • ピッチャー120cl ペールピンク
  • ピッチャー120cl ペールピンク¥17,600(税込)
  • ピッチャー120cl レイン
  • ピッチャー120cl レイン¥17,600(税込)