twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

iittala / Frutta

日頃の感謝の気持ちと淡い欲望を
全面に押し出しましての赤字企画
いよいよ2019年3月ラストバグ!

誰も知らなければ売れない。だから広告を出すんだけど、その広告費をユーザーに使ってみちゃうとどうなる?フルッタタンブラークリア1個1,500円、でも1人2個までねぇ!ナンテ超赤字企画を考えてみましたら衝撃的に好評です。最近のスコープは独自企画ばかりで情報を発信するのもスコープのみ。それもあって、なかなか広まらない。結果が出にくく、在庫山積状況になりがち。そこで考えた打開策がこれ。フルッタのタンブラークリア限定ですが、思いっきり利益を消した上に、日頃のお礼も込め、赤字にしてやりました!気持ち悪いぐらいにお手頃だと、手にした人がフルッタを宣伝してくれるかもしれない。SNSで紹介してくれるかもしれない。スコープすら宣伝してくれるかもしれない。加えて他の物も買ってくれるかもしれない。ひょっとすれば予想もしない素晴らしい結果が出るかもしれない。僕は結果に期待し過ぎているのかもしれない。そんな、かもしれないしかナイ企画だから、赤字で終わるかもしれないのだけれど、そうなったとしても、ユーザーにお礼したと思えばいいんだから、それはそれで良いと思えるかもしれない。日頃の感謝の気持ちと淡い欲望を全面に押し出しまして、これからもスコープとフルッタをよろしくお願いします!といった企画が、このフルッタタンブラークリア超赤字企画。とはいえ長らく続きましたし、結構な負担ですし、色々問題視されている部分もありますから、そろそろ終わろうと思います。2019年3月末ラストバグ!とはいえクリアは生産終了ではなく、価格を変更しまして取扱継続します。

使い方集積インスタグラム&
フルッタ応宣(応援宣伝)企画
#フフフのフ

応宣(応援宣伝)企画と題しまして、インスタグラムや楽天ROOMにて「#フフフのフ」とタグ付け&沢山の投稿をいただいております。大変、有り難いことに「#フフフのフ」投稿が自然発生!実際に使ってみての写真とテキストが集まってきています。ポジティブレビューといいますか、とても参考になりますから是非ご覧頂き、もし宜しければご投稿くださいませ。

☆インスタグラムにアップする手順☆

1)写真のフルッタに《scope_japan》をタグ付け

2)ハッシュタグ 《#フフフのフ》を つけて投稿してチョンマゲ。

フフフの見つからないフ
50年ぶりに生産されたフ
オイバ・トイッカのフルッタ

1960年台の1年やそこらの短期間、フィンランド企業が別注し、ただ一度だけ生産されたオイバ・トイッカのフルッタは他シリーズと比べて極端に現存数が少ない。ビンテージもそうは見つからない。でも、柄はキャッチ―な果物だから、欲しいという人はとても多い。まぁ、多いのだ。

植物柄のフローラ(1966-1991)

果物柄のフルッタ(1968)

動物柄のファウナ(1970-1984)

フフフのうち、フルッタが一番見つからないフで、オイバのビンテージコレクター宅(主にフィンランド)を訪れると、フルッタで飲み物が出てくる事が実に多い。オイバ好きにとって、フルッタが自慢のグラスなのだ。そんなフルッタを日常使いする機会が、50年ぶりに巡ってきた。フルッタ復刻!誰も実現できるなんて思いもしなかったアイテムだけど、それを見事に復活させたのはフローラ、パラティッシオーバルプレートに続き、またしてもスコープ!日本!イエーイ!自画自賛!って、軽く書いてますけど、実際に復刻許可を得るのは超ハードル高く、必要ロットは万単位だから、発注も腰がひけるんですよ。ただフルッタはラインナップが少なく、アイテムはグラスとピッチャーのみ。それはスコープにとっては救いでした。コロンとした持ち易い形に、エンボスで描かれた果物の図案。スタッキングできない形状ではあるけれど、そこに捕らわれ過ぎると作れる形の幅は狭くなってしまう。カイ・フランクは効率よく収納できるシンプルで美しいグラスを作り、オイバ・トイッカはスタッキングできないけれど、実にかわいらしいグラスをデザインした。どちらもあるからいいんだな。また今回、フルッタのタンブラーとピッチャーは、フルッタシリーズ同様に、特別な布で巻いてお届けしています。フルッタ復刻のタイミングで、フルッタの図案をプリントした布を作り、売るのではなくパッケージとして使う事を約束に、布の生産許可をえました。この布もまた、僕には価値ある物なのです。紙箱よりも僕にはとても価値がある。こんな布が手元に貯まっていき、何かしらの針仕事をしようか、なんて変化が生まれたらいいなと思ってます。

スイートなカラーを選んだな
ってオイバは言うんだけど
オイバもスイートな色を選んでる

Fruttaのカラーはオイバ・トイッカのアートワーク、ポムポムから選んでいるんだけれど(知らなかったでしょ)、オイバから「スイートな色を選んだな」と言われていまして、それがどういう意味なのか少し引きずっています。アメジストにグリーンにレモン。確かにグリーン以外スイート。とはいえ、ファウナにもアメジストとグリーンは使われていたし、明るいライトブルーがラインナップされていたから、そこにレモンと思えば近いバランス、オイバもスイートじゃん。少しネガティブにとらえていたのですが、オイバの「スイートな色を選んだな」というのは、良い意味だったみたい。2018年1月、フィンランドのイッタラ工場にて試作をしました。オイバのデザイン・配色を手に、僕がイッタラ工場へいき新アイテムの試作をしているわけです。そうしましたらオイバより、この配色も作ってくれと新配色が届きまして、それが《クリア+レモン+ピンク》だったんです。かなりスイート!試作しましたら、その配色、素晴らしく良かったんですねぇ。更にイッタラからプレゼントでもらった新バードもピンク。オイバ自身がスイートブームになっているみたい。さてさて、レモンは当然クリアと使ったら綺麗ですし、アメジストと組み合わせましても、スコープ別注ポムポムバンブー&ボトル配色ですから超ベリーグッド。ティーマイエロー、アラビアカラーズといった黄色い食器に添えてイエローマジックオーケストラ化するのも素敵でしょう。なのでフルッタレモンも活躍の場は広い。Fabric of the day Spring Diamondを敷き、淡い黄色づくしなテーブルもまた美しいものです。フルッタっていうのは、グリーンに限らず、アメジストに限らず、クリアに限らず、レモンに限らず、なんでこんなに可愛らしく愛されキャラなんでしょう。フフフのフルッタ。スタッキングはできないけど、そんな何もかも効率的でなくてもいい。このフルッタが手元に届いてから、どうもこればかり愛用する日々が続いています。

2019年春に登場
新色のペールピンク

フルッタの新色はどの色にしよう?僕らしくないかもしれないけど、オイバも最近の試作でピンクを使っていたし、フルッタユーザーの皆さんからもピンクのリクエストが多いし、過去にカルティオのピンクも人気だったし気に入って使ってる人も多い。勿論他にもキッカケはあったのだと思うんだけど(1年ぐらい前だから色々忘れている)なんだかピンクって直感が働いたこともあって、2019年はピンクはピンクでも、サーモンピンクではなく、パッと明るいペールピンクを加えてみました。フルッタで選んでいる色は、そもそも強い色が多いですから、グリーンやレモン、アメジストなんかと組み合わせると、相当に飛んだ組み合わせになりますから混ぜる場合はクリアを足すと良いです。綺麗にまとめるなら、クリア+ペールピンクにて。あとティーマのパウダーと合わせると良さそうに想像してしまうのですが、実はそんな抜群には合いません。あわせる食器はあまり色味のない所に加えるという一般路線をおススメします。つまり白食器群に花を添える感じといいますかね。とはいえ使っていけば、この組み合わせはいいんじゃない?と発見もあるでしょうから、是非みなさま探ってみてください。ちなみに、売り切れた場合に継続するかどうか?それはちょっと今の段階では決めていません。ただ、ピンクはロットによる大きな色ブレも予想されますので、少しづつ追加していくより、まとめて必要分ご購入いただいた方が色のまとまりは良いと思います。そして、ピンクにはピンク専用フルッタテキスタイルを使って包んでおります。これも良いです。

吹きガラスだから
色々あります、それがいいんじゃない。

フルッタは型吹きガラスですから個体差があります。柄の出方にもガラスの厚みにも、つまり重さにも多少の差はありますし、口元が均一に平らで真っすぐでもなく、気泡もあります。何もかも一緒ではない、そんなグラスが欲しくて復刻した物だから当然そうなのです。だから現在の均一な物作りに慣れ、あれこれ細かく違いが気になってしまう人には全く向かない物ですから、誰にでも合う物ではないです。ご無理のない範囲でオーダーご検討下さい。また、柄の出方が強い物を探して欲しい、厚みを揃えて欲しい等々リクエストに関しては全てお断りしています。均一品質でデザインの良いグラスは、これでなくても他に沢山ありますから、敢えてこれを選ぶ必要もないと思います。ただ、こういった個体差のある物を欲しい人も沢山いらっしゃり、そんなグラスは少ないものですから、僕らはフルッタを別注している、そういう事なのです。無理をしますとお互いに疲れてしまい、続けられなくなりますから、ご理解頂けると大変ありがたいです。

iittala
Oiva Toikka (オイバ・トイッカ)

商品スペック

材質 無鉛ガラス
寸法 タンブラー:約φ75xH80mm (飲み口 φ70mm) / 260ml /126g
ピッチャー:約φ100xW170×H155mm / 1160ml /460g
※重量は目安です。マウスブロー製品は個体により大きく異なります。
生産 Made in Finland
取扱い
食器洗浄器
×

 

Fruttaパターンの布に包んでお届けします

購入前に確認ください

  • マウスブローというハンドメイドに近い方法で生産しています。そのため、柄の出方に個体差があったり、縁が凸凹していたり斜めになっていたりします。
  • 成型時にできる型の跡が縦に3箇所入ります。

説明書ダウンロード

iittala Frutta

  • タンブラー25cl クリア
  • Fruttaタンブラークリアを
    含む注文は
    カート記載日に出荷します

    • 別オーダーとの同梱希望は出荷日の2営業日前までにご連絡ください
    • 重複オーダーはこちらで削除します。ご連絡いただく必要はありません
  • NO IMAGE 3/26(火)出荷分 SOLD OUT
    NO IMAGE 3/27(水)出荷分 SOLD OUT
    NO IMAGE 3/28(木)出荷分 SOLD OUT
    NO IMAGE 3/29(金)出荷分 SOLD OUT
    NO IMAGE 4/1(月)出荷分 SOLD OUT
    NO IMAGE 4/2(火)出荷分 SOLD OUT
    NO IMAGE 4/3(水)出荷分 SOLD OUT
    NO IMAGE 4/4(木)出荷分 SOLD OUT
  • ¥1,500(税抜き)
  • タンブラー25cl アメジストアメジストは蛍光灯下でブルー系の色に変化します。
  • タンブラー25cl アメジスト¥3,500(税抜き)
  • あと 992個

  • タンブラー25cl グリーン
  • タンブラー25cl グリーン¥3,000(税抜き)
  • あと 923個

  • タンブラー25cl レモン
  • タンブラー25cl レモン¥3,500(税抜き)
  • 5月入荷予定
  • タンブラー25cl ペールピンク
  • タンブラー25cl ペールピンク¥3,500(税抜き)
  • 次回 入荷未定
  • ピッチャー100cl ペールピンク
  • ピッチャー100cl ペールピンク¥20,000(税抜き)
  • 次回 入荷未定
  • ピッチャー100cl アメジストアメジストは蛍光灯下でブルー系の色に変化します。
  • ピッチャー100cl アメジスト¥20,000(税抜き)
  • ピッチャー100cl クリア
  • ピッチャー100cl クリア¥16,000(税抜き)
  • 次回入荷は全く未定