iittala /  Pampula Vase

2020年3月発売(限定100個)
Pampula vase 290mm Skyblue

このPampula vase 290mm スカイブルーが2018年12月から販売を続けているポムポムコレクション、そのラストピースというように見える流れではありますけれど、本当でしたら此処からポムポムの第二幕が始まるというような、そんなイメージだったのです。とはいえ、ずっと先に始まることになる予定ではありましたが。こいつはナカナカ完成しなかったポムポムでして、長らく試作を続けていればいつか完成する、そしたら年に1つ、そんなペースでゆっくりリリースしていくのもいい、そう考えていたから、完成しないながらも全く焦りはありませんでした。切れ込みをいれたポムポムの作り方、それが僕にはどうにもわからなくて、沢山の失敗作を作りました。試作に付き合ってくれたイッタラの皆さんに感謝の上の感謝、まさに感謝感激雨あられ。なかなか完成に至らないから、僕はヘルプの意味を持って、失敗作をオイバに見せるのですが、何も教えてくれやしないんです。「まだまだだな。」「どうしたらいいと思うんだ。」質問すれば質問返し、そんなのばかり。自分自身で見つけさせる、それがオイバの指導法だったんだろうな。失敗作を日本に持ち帰り、いつも目にはいる棚に置き、何が駄目なのかを数年はボンヤリと考えていた。そしてポムポム18種の試作を進めていたら、アッ!と気づいてしまった。その時はポムポム創りの感覚も染みついていたから、試作は一気に完成し、オイバに確認すればやはり正解だった。つまり長年かかってはいるのだけれど、予想に反して早期完成してしまったのがPampula vase 290mm Skyblue。それでポムポム18種に加えて19種としました。僕が始めてポムポムを買いたい!と本気で考え始めたのは、フィンランドの知人宅で窓辺に飾ってあった大きなPompom3つを見た時でした。それがとにかく欲しくて欲しくて。でも提示された金額に腰がひけて手が届かなかった。でも諦めきれず、最終的に買おう!そう決心したのだけれど、時すでに遅く、どこぞのコレクションに加わり、知人の窓辺にはいなくなっていました。つまり、これは、僕が欲しかったPompom(Pampula vase)そのもの、過去作のリヴァイバルみたいな作品なのです。アメジスト4つ玉の下にあるブリッジがグレーではなくクリアであり、サイズ感が小振りになっているぐらいの違いですから。素晴らしいアメジストの実をつけ、実に立派で美しい。つまり僕とポムポムの関係はこんな作品から始まっています。そして、これにてポムポムは終わるのか!?どーだろ。

Pampula vase
290mm / Skyblue
(Scope)

個体写真一覧

オイバ・トイッカ
POMPOMの魅力

オイバ・トイッカのガラス作品に興味を持った最初の第一歩はバードだった。その前にはフローラやフルッタ、ムクラといったガラス食器を好きになり、それらを日々愛用するといったステップはしっかりと踏んでる。この経路が王道で常道なのだと思う。オイバのデザインした物を使い、オイバのデザインしたバードを飾って生活していると、段々とオイバのアートピースに惹かれるようになっていく。そうした先に生まれた、僕にとってのオイバ・トイッカ アートピース三大作品というのが、Lollipop(1969)、Bambu(1966)、Pompom vase(1968)であり、このアートピースが僕の欲しい物の頂点に君臨し続けている。最近はそこにMonster(1966)が加わり四天王の様相。その次にPuteli(1975-1977)、初期Kiikkuri(1975-1978)、全面研磨Night(1992)が続く。あくまでも僕の趣味の話だ。そして1960年代のオイバのアートピース群ってのが、まぁ、買えない。猛烈に探し続けているが出てこない。1度だけ古いPompomを買うチャンスがあったのだけれど、金額に腰が引けてスルーしてしまった。それを長らく悔やみ続けている。1960年代のアートピース、今買えば100万は超えてくる。Pompom vaseに関してはその倍、更に倍!みたいな天井知らずな印象だ。それでも、惹かれてるから、出物があれば買っちゃうな。オイバ的造形、オイバ的配色、そんなガラスオブジェは最高だ。特にPompom vaseは植物をイメージして形作られていながら、それがよくわからない塩梅というのが、僕のツボを押しまくる。ポムポムの装飾は葉であり、実である。そして大きな作品になればなるほど、葉も実もよく育ってより大きくなる。平らな装飾は、葉だからグリーンが多い。そんなPompom vaseだって1968年、その場にいれば買うことができた。そこに僕はいたかった。でも、そんな事は叶わないから、今、それを実現してやろうと、こんな巨大な企画を組んでしまった。様々なオイバのアートピース、買えない物を、昔みたいに買える瞬間を作ってしまおう!オイバ・トイッカと作ったPompom vase19種類。いつか先の日に生きる人が過去を振り返り、今のこの日にいられたことを羨ましいと思うような、そんな企画を真剣に目指して。企画当初は、ここまでのコレクションになるとは思って無かったから心底嬉しい。オイバとイッタラの面々に感謝。皆さんに気に入って貰えるといいんだけど、あとはそこだ。

そんな簡単じゃない

過去作の要素を組み合わせ、自分が好きな方向とアイデアをオイバに見せる。その土台となる試作を作らなくてはいけないんです。オイバからはまずアイデアを出せ、色はどうする?これを求められるから。何かを見せないと始まらない。皆さん、簡単にできると思うでしょ。スタッフもみんな簡単にできると思ってそうだし、実際やればいいのを作る自信あるっていうんです。僕も最初はそう思ってました。でも、これが全然うまくいかないものなんです。実際にやってみるとお先真っ暗、ちょっとしたバランスの違い、間違った色の組み合わせで別物になってしまう。恐ろしい程に別物になってしまう。ガラスも厚さで明るさが異なるし、色ガラスはクリアを被せるのか?装飾の形はどうする?脚部分の長さと太さは?それぞれの形、サイズを全て決めないといけない。でもって、そのバランスが狂うと、不思議なぐらいオイバのPompomでなくなってしまう。更に色の組み合わせが難しい。本を見て過去作を参考にしても、昔と同じ色ガラスが全て使えるわけじゃないから、更にハードルが上がる。何度やってもうまくいかないので、色合わせは土台作りの前に基礎をオイバにレクチャーしてもらい、形については過去作の写真を実測し、その比率をベースに紙粘土で形作る事で、なんとか乗り切った。で、完成したのがこのコレクション!じゃない。その土台となる試作。それをオイバが見て修正とアイデアを加えるから、修正案に従い試作する。その先に完成。数えてみると、2年間で7回フィンランドへ通っていた。

バリエーションの意図

なぜこんなに多くのバリエーションがあるのか?3つ4つ作る予定だったところ、ふと閃いた。それぞれの生産数は最小にしてバリエーションを最大にしたらどうだろうか。スコープ別注物をコンプリート、またはそれに近いレベルで収集してくれてる人がいる。スタッフにも何人かいる。本当に嬉しい事なんだけれど、コンプリートを目指すと、いつか集めることに疲れ、もう全て手放そうといった極端は結果になってしまうような気がしてならない。特に惹かれる物だけ集めた方がいい結果になると思うし、買わなかったことを後悔するような物があった方がいい。そうすれば、人それぞれ個性ある集積となり、いいコレクションになる。で、ポムポムを3種各300~500個作るのではなくて、最低ロットで作り、バリエーションを限界まで増やしてみよう!と思いついたのだ。コンプリートが無理な程のバリエーションを作る。それで僕は8型、計10種のコレクションを組んだ。それらはどれも過去の名作をベースにした僕好みのPompom群、そこにオイバが色替え、装飾変更を加え完成へと進むわけですが、ここに更に大きな波がやってくるのです。

更に倍 by Oiva Toikka

ある日、イッタラ工場へ試作をしにいくと、工場の人達が、僕が狂ったんじゃないか?と噂している。その理由は、その日に試作する内容がぶっ飛んでいたからだった。Pompom vaseの装飾パーツを全て色違いにしちゃうという内容だった。例えばPompom vaseにある4ツ玉装飾。これを1色で作ると2工程で完成する。でも全て色を替えると4工程になる。色数を増やせば増やすほど工程が増え、失敗も増え、作業時間も伸びるから割れる確率も高くなる。もちろん工程は純粋に倍増、それら全て値段に影響する。こんな事をしたら、とてつもなく高い物になってしまう。そんなプランが工場に渡されていた。もちろん、それは僕のアイデアではなく、僕が最初に組み上げた8型に対して、オイバが新バージョンを考えていたのだ。結果、僕好みの8形10種に加え、オイバが新たに8型8種を加え、計8型18種の壮大なバリエーションとなってしまった。更に、僕がやってみたいと言い続けていた切れ込みをいれたタイプも作ろうとなり、最終8型19種で落ち着く。僕が意図した以上のバリエーションになった。こんなに作ってどうすんの!?とはいえ、こんなコレクションを作る機会なんてもうないだろうから、いい事とする。オイバは今回、T型(オイバはテーと呼ぶ)装飾を新たに生み出し、カラフルな完全新作Pompom vase群に組み込んでいる。テーとカラフル超装飾は最新Pompom vaseの証なのです。

石本先生の布と東屋の木箱

今回のPompom vaseを収納しておくための木箱は東屋製。布に包んで箱にいれると丁度よいサイズです。日本の古物を木箱に収めるような感覚で使って欲しい。またPompom vaseは全て、石本藤雄先生が新たにデザインしたテキスタイルで包んでます。オイバのガラスと石本先生の布、この組み合わせは僕にとっての最強タッグだから、やはり今回も、こうなりました。いつも協力してくれる石本先生に心より感謝。

iittala
Oiva Toikka (オイバ・トイッカ)

商品スペック

材質 無鉛ガラス
寸法 約W130×D110×H375mm / 2750g
*詳細なサイズは個別写真をご確認ください。
生産 Made in Finland
備考 刻印 : Oiva Toikka IITTALA SCOPE 2017 ***/100

購入前に確認ください

  • 小さな気泡や黒点がガラス内部に含まれていたり、多少のガタツキがみられます。
抽選方法について
以下よく読んで対策して下さい。

Pampula vaseの販売は予定数に達しても受注は締め切りません。販売個数に達しましても受注期間は注文を受け付けますので、サーバが重くなったとしても少し時間をおいてアクセスすれば、オーダーを完了する事ができます。なので慌てなくても大丈夫。受注期間をご確認の上、是非ご注文ください。

  • 受注締切:3月30日(月)午前9時まで
    抽選結果連絡:3月31日(火)
    当選者へ発送:4月1日(水)

続きまして今回の抽選方法を説明します。全オーダーをプリントアウト&シャッフル。その束の中から1枚のオーダーを引きます。まずはオーダーを抽選します。その抽選で選ばれたオーダーシートに記入されている番号の中に、まだ誰にも引き当たっていない、つまり空いている番号が含まれていれば当選。複数の番号が空いている場合は先に入力されている番号が引き当てられますから、好きな番号から順に入力した方が、より好みの物を入手できます。逆に、早く抽選で選ばれましても記入した番号が全て誰かの当選番号になっていればハズレ。そんな流れで番号が全て引き当たるまで、もしくは全ての人の抽選が終わるまで抽選を繰り返します。当選は運もありますけれど、選ぶ番号と選ぶ番号の数次第というのが、この抽選販売攻略のポイントです。希望番号を多く書けば当選し易くなりますし、全く誰も選びそうにない個体が含まれていれば、記入する番号が少なかったり、抽選で選ばれるのが遅くても当選する確率は跳ね上がります。逆に人気の番号が少しだけ書かれているというケースは、早くに抽選で選ばれましてもハズレてしまう可能性があります。ハズレた場合はオーダーキャンセルとなり、請求が発生することはありません。今回は数も多いので「上記番号が全て外れた場合、何でもOK」「何番と何番以外ならどれでもOK」「どれでもOK」コレはアリです。例を挙げるとこんな事、以下参照。

  • 抽選1位 / 杉本佐一 
    希望番号 3,2,1,4,5アタリ!当選番号3
  • 抽選2位 / 白石由竹 
    希望番号 3ハズレ・・・落選
  • 抽選3位 / 谷垣源次郎 
    希望番号 1,5,4アタリ!当選番号1
  • 抽選4位 / 牛山辰馬 
    希望番号 1,3,2,4,5アタリ!当選番号2
  • 抽選5位 / 尾形百之助 
    希望番号 3,1,2 全て外れたら何でもOKアタリ!4

チャンスは一度のみ!再抽選はありませんので、とにかくたくさんシリアルナンバーを書くこと、これが当選確率を上げる唯一の方法です。そして、今回の販売に関しては3つの注意点があります。

  • その1

    同梱不可。つまりPampula Vaseのみで必ずオーダー下さい。

  • その2

    オーエムケー対象外、オーエムケーは貰えません。

  • その3

    全アイテム抽選販売。オーダーは一世帯一回のみ有効。勿論、色違いではオーダー可。

  • 抽選販売に関するQ&Aをみる

iittala Pampula Vase

  • NO IMAGE
  • 290mm スカイブルー¥242,000(税込)
  • ~3月30日 09:00 まで販売