• カート

やたら重い鍋は、料理上手の必須アイテム。

iittala / Sarpaneva キャセロール

ティモ・サルパネヴァの鍋
持ち手に大きな価値がある!

スコープではフィンランドのデザイナーといえば、オイバ・トイッカが頂点にいてオイバが話してくれる過去の物語によく登場するデザイナーが中心を占める。だからカイ・フランクやカイピアイネンが目立った存在で、ティモの物は少ない。少ないんだけれど、この鍋は必要でした。ごめんなさい、長らく取扱をやめていて。実際の生活には、やはりこういった鋳物の鍋も一つは欲しい。欲しいというか、あると便利というか、どちらかといえば必要です。長く煮込む料理には道具にも腰を据えて調理するような雰囲気があると気持ちも盛り上がるし、なんだか美味しくできそうな気がする。それにはドッシリ重い鍋がよく似合う。出来上がった料理も実力以上に美味しそうに見え、そのままテーブルへ出しても絵になるのだから、作る側にしたら、こんな価値ある鍋も少ない。加えて、このティモ鍋には他とは違う、特別な持ち手、ハンドルがあるものだから、その雰囲気の良さは別格です。鋳鉄の本体に、木製の持ち手。この木の持ち手がミソでして取り外しができ、蓋のくぼみにさし、蓋を持ち上げる事ができる。この鍋の価値の多くが、木製の持ち手にあるんじゃないかと思えてくる。他にはないオリジナル要素である価値ある木製の持ち手。なおかつ料理が美味しそうに作れ、料理しててなんだか気持ち良い。プラスのポイントが幾重にもなって打ち寄せてきて僕らをグングンと引き付けるのです。

さて、何故取り扱いをやめて
また、復活をさせたのか?

取扱をやめた理由はクオリティがイマイチだったから。検品しても検品してもA品が出てこない。流石にこういった物に対して細かい事を言ってるとキリがないので多少の事は何かしらあるのは仕方がない。ただ、大目に見ても厳しい状況だったからやめてしまった。それから年は経ち、問題も改善され、木の持ち手も僕らが扱っていた当時の光沢ある塗装から、落ち着いた雰囲気のオイルフィニッシュに変わっていた。そんなクオリティの向上がひとつの大きな復活理由です。とはいえ、今でもちょっとした事はどれにもあります。凹みや琺瑯部分のピンホール、白い擦れみたいな箇所はどれにも普通にありますからその点も含めてご検討を。そして、何より復活の大きな理由。それはIHで使えるからです。IH対応で雰囲気の良い鍋というのは、そんな沢山はない。撮影で絵になる上に使える鍋となれば、どうしても、これを選びたくなる。撮影場所がIHコンロの場合は、取り扱いがなくてもスタッフの私物を借り、撮影に使う程だからこれはやはり必要な物なんだとそう判断したもんだから、取り扱いを再開したと、そんな事が非常に大きいです。こういった鍋が一つは家にあると良いのです。そんな事でスコープにティモ鍋は再びやってきました。

iittala /  Sarpaneva キャセロール

※裏面のイッタラロゴは2014年に型タイプからレーザー刻印に変更されました。

2021年10月28日
鍋裏面の錆びについて

可愛い子には一癖あるもの。ティモ鍋と仲良く付き合うために、ひとつだけ気に掛けるべきポイントがあります。それは、鍋裏面の錆び。錆止め加工がされていないのでとても錆びやすいのです。錆びること自体は使用上問題ないのですが、キッチンの天板やステンレスシンクにもらい錆びしやすいので注意が必要です。もらい錆びとは、錆が他の場所に付着してできる錆び移りで、洗った缶詰やヘアピンを濡れたまま置いておくと直ぐに出来てしまうアレです。これがなかなか落としにくい。もらうのが大好きな私でもこれだけは欲しくない。このもらい錆びは、裏面が濡れている時間を極力少なくすることで回避できます。まず、調理後の鍋をシンクの中に置いたままにするのはブブー。もらい錆びもらいまくり祭りであり、NGです。カレーの後のこびりつきを漬け置き洗いしたい場合は、コンロの上で行うのがオススメです。また、洗った後は裏向きに伏せておくと水が切れやすい形状なので、その状態で先に裏の水分をすぐに拭くのがベスト!ティータオルに錆びが付くと悲しいのでキッチンペーパーで拭うと良いですよ。裏面を温める程度の火にかけて水分を飛ばすのも、とても効果的。スコープのキッチンでは木製鍋敷きトリベットの上が定位置になっていますが、棚に収納するなら紙や布を敷いて置くと安心です。ちなみにですが、以前どうしても錆びを取ってみたくなり、酢、重曹、更には飛び技の茂木和哉まで使ってピカピカに錆びを落とした事があります。が、数日後にはまた錆びてしまいました。以後、裏面は錆びる物と受け止め、もらい錆びだけ気を付けて愛用中です。(スコープ酒井)

iittala
Timo Sarpaneva (ティモ・サルパネヴァ)

商品スペック

材質 本体、蓋:鋳鉄 (内側:琺瑯)
持ち手:オーク
寸法 本体: 約Φ215xH180 / 4kg
蓋:約Φ205xH20mm / 950g
持ち手:約W265xD30xH33mm / 約70g
生産 Made in China
備考 ガスコンロ:○ / 電気コンロ:○ / ラジエントヒーター:○ / 電磁(IH)調理器:○ / オーブン:○(持ち手×) / 食器洗浄機:×

購入前に確認ください

  • ほうろう以外の部分は錆びやすいので洗浄後は十分に乾燥させてください。
    特に鍋の裏側、接地面はとても錆びやすいので、洗ったら底面だけでもしっかり拭き、
    鍋敷き等にのせて乾かす事をおすすめします。

説明書ダウンロード

iittala Sarpaneva キャセロール

  • ¥38,500(税込)
  • 2022年入荷予定