twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

こやまこいこ / スキップするように生きていきたい

スキップするように生きていきたい
単行本に手ぬぐいをそえて
これはスコープ独自企画ですので~

レタスクラブやスコープに連載されてきた漫画『スキップするように生きていきたい』が1冊にまとまって単行本になる、のかと思ったら、沢山の新しい話が加わって全48話もあるではないか。これからスコープにアップされるのは追っかけ再生みたいな事となるんだけれど、これだけ描き加えるのは果てしなく大変だっただろうなぁ、お疲れ様でーす。でも読者からしたら読んだことのない話が沢山あるわけで、そんな嬉しいことはない。嬉しさ余ってスコープは独自企画で、やり過ぎ感のあるオマケを作ってしまった。『こつぶ手ぐぬい』である。手ぐぬいって書いてるだけあり、スコープでいつも作っている手ぬぐいと同じ仕様だ。京都の手捺染で生地も同じ。つまり何がいいたいかというと、オマケ原価は本の利益を圧倒的に凌ぐ!つまりオマケ用に安く作ったもんではないということだ。売れば売る程に赤字がつのる。ここは1000万ぐらいの赤字を出してみたい衝動にかられている。さて、他で予約して損した!なんて思う人もいるだろうけれど、損したわけではない。スコープで買うと得したってだけなのである。だから、他で予約しててもいいじゃない。新たにスコープでもう1冊買って、手持ちの単行本は友達にプレゼントしたら。そんな風に広がっていくといいなと思う。

スコープを設立したばかりの果てしなく暇で僕もまだ20代だった頃、アニメや漫画にスコープで取り扱う物が登場したらいいのになぁ、なんて冗談まじりに話していた事が実現し、単行本として発売されたのだからスゲーナーと1人大盛気味に感動している。それもスコープが好きな方向、普通の日常を描く漫画なのだから最高だ。山椒ぴりこの日々っていうのは、何があるってわけでもなくて、どこにでもある日々。なんだけれども、そんな日々を読んでいると、こんな日々がいいんじゃないって思えるから、凡人な僕もなんか救われる。いつもの日々に、そんな凄いことは起こらない。でも、それでいいじゃない。そして、ぴりこは完全なるスコープユーザ―である。ユーザーでしかわからない、そんな使い方がチラチラと垣間見える。そんな特別な見方がスコープユーザーにはできるのだから、この本は、この漫画は、全スコープユーザー必携の書といえる。絶対買おう。

もくじ
はじめまして、ぴりこ/おばあちゃんの想い出/なっとうごはんおかずなし/普通の日も特別に/土鍋ご飯に乾杯/もちよりランチ会/3人の出会い/スキップするように生きていきたい/スキップ練習中/ごっちゃりケーキのクリスマス/しびれの朝/楽しい冬支度/初夢はいちごジャム/おもちの食べ方/もちより新年会/ゆかさんの話/きよえさんのお家/こつぶの豆まき/甘酒ホリデイ/おへんおいひい/さくらもち/すりごまに夢中/おいしいのは繊細な舌から/いつものサンドイッチ/みかづきオムライス/買い物でメモ忘れ/まかないロールキャベツ/夜のバナナケーキ/きせきのしっとりふりかけ/雨の日のお昼ごはん/お楽しみアイスクリーム/流しそうめんに憧れる/お風呂上がりの梅ジュース/仲直りのハンバーグ/こつぶ風邪をひく/おあずかりすーちゃん/ママが頑張るハロウィン/サンタさんとチョコレート/ゆきのひ/さよならのドーナッツ/エコバッグリベンジ などなど、全48話!

スコープでお買い物をすると、商品と一緒に届くチラシにもマンガを掲載中。季節に合わせたお話がチラシでも読めます。スコープのサイト上でも月1回、10日にブログで公開しています。

WEBはこちら

こやまこいこ
Twitter:@koyamacoico
instagram:@coicokoyama
公式HP:https://koyamacoico.com

商品スペック

材質 紙(128ページ)
寸法 W148×D18×H208mm
出版 KADOKAWA
備考 2017/11/17発売

こやまこいこ スキップするように生きていきたい

  • スキップするように生きていきたい<br>手ぬぐい付
  • スキップするように生きていきたい
    手ぬぐい付¥1,000(税抜き)