twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
iittala / Aalto bowl plywood

2月12日

iittala / Aalto Collection プライウッドボウル

イッタラ工場にポムポムの試作に行った際、帰りにお土産としていただいたアアルトのウッドボウル。大切に持ち帰り、アアルトテーブルの上で使っています。部屋をアアルトっぽくしたいと思っているので、これはとてもしっくり部屋に馴染む。なぜか上にのせるフルーツもちょっと立派に見えます。少し高さのあるフラワーベースと並べるといいバランス。手にするまでは使い道がいまいちピンと来ませんでしたが、使ってみるとなかなかいい雰囲気、フルーツを買うのが習慣になります。遅ればせながら取扱いを開始。サイズは2種類です。

東屋 / 伊賀 散蓮華

2月8日

東屋 / 伊賀 散蓮華

印象の話なのだろうけれど、手挽きの器や土鍋なんかを使っている時に金属スプーンを使っていれば、ガリガリと手に振動が伝わる度に、どうもネガティブマインドが生まれている。ならば、もう少し柔らかい物を使いたいと思うわけで、そんな時にレンゲ、それならば東屋の散蓮華がいいんじゃないか、そんな事もあって東屋の散蓮華、その取扱を再開するに至っています。

iittala / Teema プレート 12、15cm

2月4日

iittala / Teema プレート 12cm

2007年にスコープがイッタラに初めて別注をかけたアイテム、ティーマ12cmプレート。食事で小皿をたくさん使う日本人には、やっぱこのサイズは必要よね~と思い切って別注したんですよね~嗚呼懐かしい。そこから色々なことが始まり今のスコープに至る、とても思い入れの深い商品であります。なのですが・・・おーい、ずっと欠品やないかーい!それを続けることを忘れてた。ということで、12年ブリに別注してみました。今回はパラティッシラバーに向け、ブラック12cmと15cmも併せて別注しました。

iittala / Aalto Collection ベース

1月30日

iittala / Aalto ベース95mm サーモンピンク

アルヴァ・アアルトの生誕120周年を記念して、昨年から開催されているアルヴァ・アアルト展『アルヴァ・アアルト もうひとつの自然』。このイベントに合わせ特別に生産されたアアルトベース95mmサーモンピンクがようやくスコープにも入荷してきました。日本をイメージした桜色のアアルトベースは、ガラスの厚み、クリアガラスとの割合により個々の色味が大きく異なる仕上がり。

SCOPE / キッチンキャニスター 75mm 樽

1月22日

SCOPE / キッチンツールキャニスター 75mm 樽

スコープオリジナルのキャニスターシリーズに、新たなサイズが登場。今回追加となるのは、塩や砂糖、ニンニクやトウガラシなどの調味料やスパイスなどを入れるのに丁度いいずんぐりむっくりタイプ。手を突っ込めるように、口も大きめに作っています。で、これには蓋が必要でしょうよ~ということで、ポルトガルから鬼皮のコルクを取り寄せました。

iittala / Birds by Toikka Northern Owl Yellow

1月22日

iittala / Birds by Toikka Northern Owl Yellow

僕が大事にしている小さなフクロウ。2011年、アメリカTACOMAでのイベントにて作られた数少ないフクロウでOwlet Tacomaといいます。そのフクロウがスコープの写真にチョイチョイ登場するものだから、話題となり、リクエストも多くなってきましたので、タイミングをみて試作しました。するとイイ感じ。それが、この焼おにぎり見たいなフクロウ。なかなか良くないですか?そして、これを色替えして生まれたのが白フクロウ子( Northern Owl White )、そっちが後でした。

iittala / Pampula Vase 120mm レッド(scope E)

1月18日

NEW

ポムポム優等生といったら君ではないか

3つの装飾といい、色の組み合わせといい、これはポムポムの全部のせ!そんな印象があります。全19種の中で最も優等生な作品はコレだと思います。って、元ネタは存在するんです。写真でしか見た事ないんだけど。かなりサイズを小さくしまして、装飾のバランスは変更しまして、僕の欲しかったポムポムをイイ風に作ることができ、とても嬉しいわけです。