normann COPENHAGEN
(ノーマン コペンハーゲン)

デンマークに拠点を置くプロダクトブランド、normann COPENHAGENの歴史は1999年にPoul MadsenとJan Andersenが共同でオープンした小さなデザインストアから始まります。元より自分たち独自のプロダクトラインを作りたいという思いがあった彼らは、2002年、normann COPENHAGEN名義の初のプロダクトとなる組み立て式の照明、“norm69”の発表を皮切りにデザインショップ兼メーカーへの道を歩みだします。スタート時のプロダクトの中でも“Washing-up Bowl and brush”はヨーロッパの名誉あるDesign Plus賞を受賞するなど、normann COPENHAGENのプロダクトは瞬く間に国際的に注目を集め、認知を受けました。その後もKarim RashidやMarcel Wondersなど世界的にも著名なデザイナーを起用し、わずか数年でデザイン業界の高い評価を得ると共に、確固たる地位を築きあげました。