twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

5年熟成ジャー


スコープは写真にこだわっている
ってよく言われるんだけど、
別にこだわっているわけでもなく
その物を手にした人は、
それを使って生活するんだから
僕らもそれを使っているのは当然で
その使っている実際の生活の中で
写真を撮るという事は当然だと、
そう思うので、そうしているだけ。

ただ自然とそうなるから
特にこだわってるわけでも、
気合が入ってるわけでも、
頑張ってるわけでもないので、
そういわれると、オッオウ、
としか返せなかったりします。

ただ、このリアル型といいますか
ライフスタイル提案型ではなく、
完全なるライフスタイル共有型で
ありますから、難点も出てきます。

それは自身の生活で使わないと
つまりは生活に馴染まないと
取り扱い開始できない、そこです。
そうするには実際の物が必要で、
まずは仕入れが発生するのです。

そんな、仕入れたけれども
販売に至っていない在庫があり
中には何年も寝ているという
長期熟成型もあります。
代表格がベルマンのジャー。

仕入れたのは5年前でして
どうしたもんじゃろの~
と長らく寝ちゃってました。

ジャーなんだけど蓋がない。
蓋を作らないといけないけど
なかなか蓋が完成しない。
だから実際の生活で使えない。
ただそれだけの理由で長引き
5年も経過したという代物で、
相当な寝具合です。

ここまで寝てしまうと
もう取り扱いは諦めまして
10月のフリマで処分しようって
正直なりがちなんだけど
これは、そうならなかった。

そうできなかった。
やっぱ気になってくるのです。
そういう物にはいい物が多い。

衝撃的な出会いではないのだけれど
長年ずっと気になり続けて、
何年か越しに手に入れる。
そういった物との付き合いは
うまく続くものです。だから、
そういった手にはしてないけれど
長らく気になってる物の中に
大事な物がある、そんな気がします。

という内容を伝えますと
いい事を書いてるようですが
仕入れたのに販売できずに
5年経過してしまったという事への
言い訳でもあります。

で、長い時間をかけた割には
超普通なコルク蓋が完成し
実際にそれを生活に取り入れたら
嗚呼、いいじゃないかと
そうなった。実に良いのです。
当然なのかもしれないけど。

そんな事でスクルーフのベルマン。
グラスとジャグに続きまして
薄手のジャーが登場しました。
5年前の仕入れですから、まだ
スコープの規模も小さくて
仕入れた数は少ないのですが
もしよろしければ是非!もちろん
完売しましたら再入荷予定です。
ただ、半年以上先にはなります。

text:シャチョウ