twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

#Aaltoベース

11/

9

今日のスコープ

赤い実とアアルトベースとフィンランディア

赤い実3種類を、 アアルトとフィンランディアに生けてみた。 赤い実=サンキライレベルの私にとって、 一気に2つもレパートリーが増える、喜び。 リンゴ(まずいらしい。)は 少し葉を間引いてフィンランディアに。 これくらい、実が大きくなると、 サンキライとは違って、 和よりも洋な雰囲気が強くなる。 古風な名前の飯桐は少しオレンジっぽい ので周りが一気に秋めいた雰囲気に。 こちらは、ガマズミという赤い実と一緒に、 フィンランディアに。 カエルの様な名前があまりかわいくは 無いが粒が細かくて、色が濃い。 赤を2色 続きを読む

11/

4

今日のスコープ

野葡萄とAaltoベース

野葡萄をAaltoベースに生けてみた。 花屋さんの一押しだった野葡萄。 やっぱこれだよねーといいながら、 真っ先に手に取ったけど、 2方3方に伸びる枝は、 花の重心をとるのが難しく、 どのフラワーベースに挿しても 駄目だ、うまくいかない。 仕方なく、はなからナシと決めつけていた Aaltoベースを手に取ってみると… ん?意外な事にこれが一番いい感じ。 特徴的に広がる口の形が、 自由きままに広がる枝を優しくキャッチ。 扱いづらいイメージが強かったけど、 こんな風に飾ってもいいんだ。 おみそれしました、アアル 続きを読む

8/

31

今日のスコープ

《フィンランド出張記 番外編》リーヒマキのガラス美術館へ日帰り一人旅

先日のユハニさんとのディナー、 「リーヒマキのガラス美術館、 絶対行った方がいいぜ! あのコレクションはマジすげーから。」 って何度も勧めてくれていた。 あれから、さらにアアルトベースアンテナが ギンギンになった様子のシャチョウ、 朝食を食べながら突然、 「花ちゃんさ、今日ちょっと リーヒマキ行ってきたら?」 と言い出した。 確かに、 ユハニさんのあの熱き語りを聞いてたら どんなものが見れるのか、 とても気になってくる。 アアルトベース以外のコレクションも マジですげーらしいので、 思い立ったら行くっきゃ 続きを読む

8/

29

今日のスコープ

ユハニ・レンメッティとアアルトベースの話をば。

数々のフィンランドの名品を持つビンテージコレクターでもあるユハニに、シャチョウが最近興味を持ち始めているアールトベースの話を聞いてみたいと思い、日本食レストラン「ほしと」で待ち合わせ。「俺は今週トータルで5時間しか寝てないんだぜ。」と言いながらも、その貴重な時間を空けてチャリで来てくれた。シャチョウと話す顔も嬉しそう。1930年代の初期アールトベースを含め、50個前後のコレクション級のベースを所有しているユハニにアールトベースの話を聞けば、Don’t stop! トムキャット。マシンガントークが止まらない。続きを読む

2/

3

今日のスコープ

ユハニ レメッティ

これで会うのが3回目ながら 妙に長い間知り合いのような感覚のあるユハニさん。 ヘルシンキにあるショップAERO DESIGNの元オーナーで ILMARI TAPIOVAARAの再生産なんかを手がけた 有名なビンテージのディーラーでありコレクターです。 いつもartekの2nd Cicleで会って 主にartekのビンテージについて教えて貰ってます。 で、今日はヨハニさんの自宅に来ないか?って 誘ってくれたのでみんなでゾロゾロといってきました。 感想は・・・ちょっと想像を遥かに超える凄さです。 ここまで突き 続きを読む