twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

#動画

7/

22

Alue

iittala

今日のスコープ

ALUE製作現場レポ!

ハッリ・コスキネンの代表作であり彼の多数ある作品のなかで、フィンランドのビンテージディーラーコレクターが買わなくて後悔している売って後悔している物の代表格それが2000年のALUEというのはほぼ間違いないです。僕も欲しくて探しに探しましたが全く見つからない。それで荒業にでました。デザイナー本人に新色を作って貰う、これです。ハッリはイイよと快諾し、そして出来てきたのがライラックとアンバーそしてオパールでございます。さて、本日は、この作品がどれだけ大変な物なのか、どれだけとんでもない物なのか見ればわかる!制作動画アップ!ちなみにALUEの重さは4kg前後ありますから、実際に吹いてるガラスの重さは10kg以上はあるわけです。とにかく大変な代物なのです。

7/

13

Klaus Haapaniemi ハサミ

Fiskars

今日のスコープ

結局、クラシックな物は良い。

1649年創業、フィンランドの老舗刃物メーカー フィスカルス。奇をてらわずクラシックなフォルムで定番の文具用ハサミ、その持ち手部分をクラウスハーパニエミがデザイン。キレるわ、オシャレだわ、これ以上のハサミはなし。と、勢い余って金物屋でも文房具店でもないスコープが各一万本も別注しました。一万本って言ったら、一万人の第九コンサートと同じ規模。そりゃもう、ハサミだってつま先立ちで踊りますわ。

4/

8

今日のスコープ

Jaakko Mattilaアートワーク メイキング

かなり前の撮影なので技術が伴っておらずブレブレにて失礼。ヤーッコ君の作品はフィンランドのタンペレにある工房 ヒメルブラウでプリントしているのですが、このプリントは大変ですよ~のアピール映像。メイキング動画は3分30秒とかなり端折りましたけれど、実際は1時間以上やっていて、1日にプリントできるのも5枚とかそんな、いやもっと少ない?まぁ、二桁は無理という手間暇カケましての手仕込み具合です。版画だからサラッと簡単にできちゃうんじゃねぇ~の~って思っちゃいますよね、僕もそう思ってましたから。でも実際は素人イメージ 続きを読む