twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
PLASTEP / PLASTEP Polar Bear Money Box
PLASTEP / PLASTEP Polar Bear Money Box

PLASTEP / Polar Bear Money Box

貯金箱として
北欧らしい飾りとして

フィンランドのNordea銀行が1970年頃にノベルティとして使用していたと聞く、シロクマのかわいい貯金箱。ノベルティとして配られていた当時は、フィンランドらしい?素敵な仕組みがあったそうです。それは貯金箱のみが配られ、そこでは鍵は渡されなかったのです。貯金箱だけがプレゼントされ、子供達はコツコツとお小遣いを貯め、いっぱいになった貯金箱を銀行へ持っていくと、銀行員が鍵で開けてくれます。そんなアイデアから生まれたシロクマの貯金箱。パンパンに貯まったお小遣いは、そのまま銀行に貯金されたのでしょうか。(銀行預金のエクササイズみたいに見えてきた)その当時の貯金箱はフィンランドの蚤の市やヴィンテージショップで販売されているのをよく見かけます。でも、やはり多くの場合は鍵が付いていない。そもそも鍵付きだと、何故鍵があるの?って話です。スコープが取り扱いするシロクマ貯金箱はヴィンテージではなく、日本の会社が当時の貯金箱を生産していた工場にリクエストして再生産した物です。ですのでヴィンテージのように裏面に銀行ロゴが入っているわけではありませんが、鍵は付属していますので貯金箱として使用する事は当然できますし、綺麗です。親が鍵を管理し銀行替わりとなり、子供達の貯金箱として活用してみてください。銀行に預けられるよりも、現物が近くにある方が子供にとっては安心かもしれない、僕が子供ならそう思う。お手頃価格ながら北欧らしい独特な雰囲気を醸していますので、貯金箱として使わなくても良い飾りとなります。実はそんな用途が一番多いのでしょう。

PLASTEP / PLASTEP Polar Bear Money Box
PLASTEP / PLASTEP Polar Bear Money Box

2019年マフラー
ブルーに戻る

有名な物ではありますが、手軽さもあって、部屋を飾る北欧物の1つとして選ばれるのか、一年を通してズット人気です。でも毎年9月から更に人気が急騰!その理由は数量限定にてシロクマにマフラーが巻かれて届くからです。ナイスアイデア!ただ毎年数に限りがあり、発注数にも上限が設定されていますから、必要分だけ入荷できるって物でもなく、毎年早くに終わってしまいます。ポーラーベアー貯金箱マフラー付!どうぞお早めに。振り返りますと2013年がマフラー付企画の始まりでした。初年度はブルーのボーダー(ピカソ風)、2014年はブラックのボーダー(ハンバーグラー風)、2015年はレッドのボーダー(楳図かずお風)、2016年はイエローのボーダー(目玉焼き風)、2017年はグリーン(ウサビッチ風)、2018年はピンク(やる気、元気、井脇)と続きまして2019年は日本とフィンランドの外交関係樹立100周年にあたりますから、初年度のブルーに戻りました。でも微妙に違いはありましてフリンジ部分が2013年はホワイトだったのですが、2019年はブルーとなっています。毎年、マフラーだけ購入したいというリクエストを賜わるのですが、今の段階では実現難しいです、すみません。こちら在庫が薄くなってきましたらトップページでアナウンスするようにしますけれど、気付いたら終わってた!ナンテことは常ですから、これはと思えばどうぞお早めに。

PLASTEP
PLASTEP / PLASTEP Polar Bear Money Box

商品スペック

材質 本体: プラスチック
鍵: スチール
サイズ 約W120×D110×H155mm
生産 Made in Finland
備考 2019年2月15日入荷分よりブランドがMK TresmerからPLASTEPに変更となりました。製品自体に違いはありません

購入前に確認ください

PLASTEP Polar Bear Money Box

  • マフラー付き
  • マフラー付き¥2,640(税込)