• カート
PLASTEP / PLASTEP Polar Bear Money Box

PLASTEP / Polar Bear Money Box

貯金箱として
北欧らしい飾りとして

フィンランドのNordea銀行が1970年頃にノベルティとして使用していたと聞く、シロクマのかわいい貯金箱。ノベルティとして配られていた当時は、フィンランドらしい?素敵な仕組みがあったそうです。それは貯金箱のみが配られ、そこでは鍵は渡されなかったのです。貯金箱だけがプレゼントされ、子供達はコツコツとお小遣いを貯め、いっぱいになった貯金箱を銀行へ持っていくと、銀行員が鍵で開けてくれます。そんなアイデアから生まれたシロクマの貯金箱。パンパンに貯まったお小遣いは、そのまま銀行に貯金されたのでしょうか。(銀行預金のエクササイズみたいに見えてきた)その当時の貯金箱はフィンランドの蚤の市やヴィンテージショップで販売されているのをよく見かけます。でも、やはり多くの場合は鍵が付いていない。そもそも鍵付きだと、何故鍵があるの?って話です。スコープが取り扱いするシロクマ貯金箱はヴィンテージではなく、日本の会社が当時の貯金箱を生産していた工場にリクエストして再生産した物です。ですのでヴィンテージのように裏面に銀行ロゴが入っているわけではありませんが、鍵は付属していますので貯金箱として使用する事は当然できますし、綺麗です。親が鍵を管理し銀行替わりとなり、子供達の貯金箱として活用してみてください。銀行に預けられるよりも、現物が近くにある方が子供にとっては安心かもしれない、僕が子供ならそう思う。お手頃価格ながら北欧らしい独特な雰囲気を醸していますので、貯金箱として使わなくても良い飾りとなります。実はそんな用途が一番多いのでしょう。

PLASTEP / PLASTEP Polar Bear Money Box

目鼻のプリント仕様変更
白目がなくなってる!

長らく生産の続くシロクマ貯金箱、その目と鼻のプリントの仕様が2021年販売分より変更となりました。印刷方法がシルクスクリーンからデジタル印刷に変更となり、安定した品質で量産できるようになったということですが、白目がなくなっています。でもって、黒のプリントも少し薄くなっています。この変更に関しましては、前の方がよかったと思う人の方が多いでしょうから、また再変更されることもあるかもしれません。でも今はこう変更されているので、受け止めるしかありません。問題解決のため、品質を安定させるため、コストダウンして現行価格をキープするため、色々なことを考えて仕様変更というのは起こります。紆余曲折することで同じものでも良し悪しを生み出すのですが、そういった変化が起こっていくことがまた僕は面白いように思います。

PLASTEP

商品スペック

材質 本体: プラスチック
鍵: スチール
サイズ 約W120×D110×H155mm
生産 Made in Finland

購入前に確認ください

  • 成型時にできるバリや成型跡が本体表面に見られますが、良品としています。

PLASTEP Polar Bear Money Box

  • ¥2,640(税込)
  • 次回 入荷未定

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  • PLASTEP Polar Bear Money Box マフラー付き
  • マフラー付き