削り直しについて

木製の俎板を使い続けていくと、包丁による表面のへこみや変色がどうしても起こるものですが、削り直すことで新品のような使い心地に戻せます。製造元の山一では、有償で削り直しを受け付けていますので、お願いするのも長く使い続ける一つの方法です。但し表面、側面共に削るので一回り小さくなります。そこは予めご了承を。
※へこみが5mm以上ある場合、こぼれた刃がくい込んでいる場合は削り直しできません。

修理をご希望の場合まずはメールにて下記の内容をご連絡ください。

問い合わせ先:東屋

contact@azmaya.co.jp

  • お名前
  • メールアドレス
  • 郵便番号/ご住所
  • 修理を希望する製品の状態(写真があれば添付ください)