twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

コットン

コットン

コットン

コットン

SCOPE / ファブリック ウミウチワ

proof of guild
ウミウチワ柄の布をとりあえず
売ってもみようか。

このウミウチワ柄の布というのは今までにない新しい布を作ろう!というようなアツい夢や新しいコンセプトがあるワケではなく、ある物を包むために好きに作った布である。スコープの作る陶磁器やガラスを布で包みたい。ゴミにならないモノ作りをベースにしたスコープのパッケージアイデアから生まれた布。イッタラのフローラ復刻がキッカケとなり、“布で包みたい”は“布で包む”へと変化しそれがお決まりとなってしまったから、スコープとモノ作りをするデザイナーはプロダクトだけではなく、併せテキスタイルもデザインしなくてはならず、ナカナカに大変だ。プルーフオブギルドと開発を進めるキッチンツールキャニスター。これを包む布は、どんな図案が良いだろう?プルーフオブギルドの好み、趣味の世界に浸かり、彼らがディスプレイや撮影時の小物に好んで選ぶウミウチワが自然とモチーフとなった。平べったい黒いサンゴ、面白い形をしている上に、それをモチーフとした布を見た事が無かったのでこれはいいんじゃないか?と満場一致で即決。生地についてもプルーフオブギルドの単に好みで、キャンバスに近い厚手の平織生地が選ばれている。スコープが作る他布との兼ね合いや一貫性はない。ただ、こんな布で包まれていたらいいんじゃない?包んでみて良かった。それだけなのである。そんなには深く考えていない布なのだけれど、それが良かったのか、手にした多くの人から大きなサイズが欲しいとリクエストが舞い込んだ。それでは、と2.5mの長さでカットし両端を縫いテーブルにかけてみる。イイ雰囲気じゃないか。それで販売も決めてしまった。がしかし、販売するうちに、カット売りのリクエストをいただく。テーブルクロスにすぐに使えるよう両端をぬいつけ、これだけあれば、カーテンにも使えるだろうという、少し余計な親切心も働き、2.5mの布に仕上げた訳だけど、好きな長さだけ買えるっていうのが、一番クリアだわそりゃ。なーんてことにようやく気づきましたので、2回目以降の販売はカット売り、そういうことにしました。

考えを重ねたけれど、最初のデザインが良かった。なんていう事がよくある。これは、それに近い。その最初のデザインしかないような物づくりだと厳密には違っても、そう感じる部分が僕にはある。包むだけの目的だから深く案を重ねない。梱包布を好きに作って、求められ販売となるような自然の流れにのったように進んでいく案件というのはそうある事ではないけど、きっといい物なのだろう。権利のこともあるので、僕らの作る梱包用布の全てを販売する事はできないのだけれど、何かを包むために作られた布が梱包資材としてだけでなく、求められれば販売もする。Fabric of tha dayとは全く異なる方向の布が、今、自然と始まったように思う。

SCOPE (スコープ) /  ファブリック ウミウチワ

コットン

汚れが付きにくい撥水加工
ウミウチワにも施してみました
汚れが気になる方はぜひ

カーテンやテーブルクロス、インテリアとして使う布を探すと、結構派手目なものか無地かの両極端となり、落ち着いた良い塩梅の生地というのがナカナカないと思うのですがいかがでしょう。そんないい塩梅をついているから?値段がすこぶる手頃だから?プルーフオブギルドによるファブリック、ウミウチワは販売開始から人気は続き、気づけば在庫が薄くなっている、重版を重ね今回が第4版です。気づいている人はほぼいないと思うのですが、版によってほんの少し柄に違いがあります。気づかないレベルで、版ごとに少々の変化を加えております。繰り返しますが、気づかないレベルなのですけれどね。さて2017年より、クリスマスに販売するFabric of the dayの生地を撥水加工するようになりました。汚れるのが気になって使えない、ナンテお悩みを耳にすることがありまして、解決策はない?とメーカーさんに相談したところ、元の風合いはほぼそのままに撥水加工出来ると聞き、お願いしたわけです。その効果は絶大、大変好評を得ておりますので、ウミウチワにも撥水加工したものをラインナップすることにしました。撥水加工の効果は素晴らしく、使い始めは水をこぼしても玉が転がる程の威力。ですから液体をこぼしてもすぐに拭き取れば染み込まず、汚れが付きません。ただこの撥水加工、永遠ではないのでご注意を。洗濯20回くらいを目安に効果は消えていきます。汚れなどが気になる場合は部分的に洗浄し、全体を洗濯する時はすすぎも脱水も優しめにする方が良さそうです。またアルテック生地(LehtiA.Aファブリック)のコーテッドコットンとは加工が異なりますのでご注意を。ウミウチワの撥水加工は、見た目は通常のコットン生地とほぼ同じですが、端をハサミ切ると布がほつれてきます。よって、インテリアファブリックとして使用する際は、何らかの端の処理が必要となります。ミシンを取り出しダダダッと縫ってみましょう!

SCOPE (スコープ)
PROOF OF GUILD(プルーフオブギルド)
和歌山染工株式会社
材質 綿
サイズ 生地幅:156cm  →1mの柄の見え方
リピート:50×59cm (幅方向×長さ方向)
生産 Made in Japan
備考
  洗濯水温 ドライクリーニング タンブル乾燥 アイロン 漂白
コットン 40℃以下 × × 高温 ×
撥水加工 40℃以下 × × 中温(※) ×
※撥水加工仕様のアイロンがけは当て布をして裏面から行います。

SCOPE ファブリック ウミウチワ

  • コットン
  • コットン¥2,000(税抜き)
  • 撥水加工
  • 撥水加工¥2,400(税抜き)