• カート
SCOPE (スコープ) × Kuovi (クオヴィ) / house towel Sunday Morning

Kuovi × SCOPE / house towel Sunday Morning

house towel 2021
Sunday Morning

2021年はフィンランドのKuovi(クオヴィ)とコラボしまして、スコープオリジナルタオルのhouse towelハンドとライトに、爽やかなSunday Morning柄を取り入れ、夏なタオルを作ってみました。フィンランドはアラビアの食器スンヌンタイで広く知られた、巨匠カイピアイネンによるデザインです。ただ、このタオルの柄はスンヌンタイではなくサンデーモーニングといいいます。デザインの権利をもつKuoviという会社がフィンランドにありまして、テキスタイルを中心に製品を作っているのですが、アラビアではSunnuntai(スンヌンタイ)、クオヴィではSunday Morning(サンデーモーニング)と柄名を違えて展開していますから、少々ヤヤコシイのです。更にスコープの2021年企画は、アラビアとクオヴィを横断しましてアラビア別注、クオヴィコラボを同時開催、同柄別ブランド横断企画としちゃっているものですから、余計にわかり辛くなっているのですが、アラビアに別注した物はSunnuntai、KuoviとコラボしたハウスタオルはSunday Morningと違った名前で呼んでいるだけで同柄です。で、この柄に関してKuoviでは主にオーバルプレート的な楕円形の柄を散りばめたテキスタイルを展開しているのですが、僕はジャーピッチャーカップに使われているデザインをテキスタイルにしたいと長らく思っていましたので、そのアイデアをテキスタイルデザイナーの鈴木マサルさんに丸投げしましてタオルへ落としこみ、色調整をおこなっていただきました。また、今回のタオルは鈴木マサルさんの意図もあり、ホワイトが真白ではなく、少しだけ黄色味あり、ソフトな印象に仕上げられています。生産数はライトタオル3万枚!ハンドタオルは2枚組3万セットで6万枚!と猛烈に発注してしまいましたから(この企画を実現するにはそれぐらいの規模が必要と考えた)。ただ、全数仕上がっているわけではないので欠品と再入荷は発生すると思います。そして2021年は初回発注分で販売終了、追加発注はしません。次に作るのなら、これを再生産するのではなく、定番ラインナップ、つまりフェイスタオルやバスタオル、バスマットなんかに展開してみたいですし、ハンドとライトを作るのなら、色を替えてみたいっというのもありますから。でも、いつかまた、これを買い足したい、買い換えたいという時もくるでしょうから、数年の後に同じ物を作るということも考えとしてはあります。それはずっと先の話になりますから、試しに使ってお気に入りいただけましたら、少しまとめて買っておいてください。超作り過ぎたかも~って思っていたりしますので、そのプラス1枚が超前進型スコープにとっては心底ありがたいです。

SCOPE (スコープ) × Kuovi (クオヴィ) / house towel Sunday Morning

ライト

ココ、必読です!
ライトはフェイスと仕様が違います!

このライトは、ハウスタオルのフェイスや他の定番ラインナップのバス、ミニバスとは仕様が違います。ハウスタオル定番のフェイスは一般的なサイズより長く、1メートルあるところが価値なのですけれども、タオルハンガーに掛けると長い!となりがちです。加えて薄手ながら腰があるとはいいましても、普通のタオルに比べましたら厚いので、夏場に首から下げて庭仕事したりすると暑くてかなわないという難点もあります。つまりハウスタオルのフェイスは少し特殊なスペックなので、それを普通にしたのがライトだと思ってください。タオルハンガーに掛けて使うのに良いサイズ、つまり一般的な長さ80cm、夏場に使っても暑苦しくなく、乾きがより早くなるよう薄手に仕上げてあります。ハウスタオルの定番は無地ばかりながら、ライトやハンドに柄を投入しているのは、これらが少し外を向いた物だからです。ライトタオルは主にタオルハンガーに掛けて使いますから、目につきます。そしてそこに掛けられるのは1枚のみ。持ち歩くにしても1枚、首から下げて使うのも1枚。その1枚が外に向いていて、人の目に触れることが多い。だから、そこは柄のタオルを使ってみたいと僕は思うのです。定番のハウスタオルは家の中で何枚も使われる物だから、集合として綺麗な物、つまり同系色のグラデーションで作るを基本とし、ライトとハンドは定期的に新柄を出して日々を飾っていく、そんな風に考えています。わかっている方が大半だとは思いますが、ハウスタオルのライトと定番フェイスは根本的に違うスペックですから勘違いなきようお願いします。タオルハンガーに掛けて頻繁に手を拭きながら部屋を飾り、日々を明るく楽しくしてみてください。

SCOPE (スコープ) × Kuovi (クオヴィ) / house towel Sunday Morning

ハンド

バッグにいれて持ち歩く

僕はバッグにはいつもハウスタオルのハンドをいれています。なんだか安心できるのです。ハンカチのサイズは30~45cm程度、このハンドは35cmですからサイズ的にはハンカチサイズなのですが、厚さがあるのでポケットには入りません。世のタオルハンカチという物は30cm未満、それと比べましたら大判です。ただ、ポケットに入らなくてもバッグやリュックにいれれば良いのですから困ったことは僕にはありません。この大判で少し厚さのあるハンドをスーザンベルのバムバッグやショッピングバッグSサイズにいれて持ち歩くのに慣れていますし、このサイズに安心感を感じてしまっています。手洗い、うがいを頻繁にする日々、これぐらいあった方がいいようです。ただ感覚は人それぞれですから、ポケットに入るタオルハンカチサイズを作って欲しいとリクエストされるお気持ちもわかるのですけれど、タオルハンカチの小さくて厚いそのバランスが僕は好きではなくて、どうにもいい物にできる自信がないので、作ることはないと思います、ごめんなさい。それはハンカチのように使いたいからという気持ちからのことでしょうから、その方向はハンカチを作るということでいいんじゃないかと考えてまして、そんな方向で既に作ってみています。少々マジ過ぎる物になっていますから人気がでるかどうかは怪しいです。話が逸れましたけれども、ハウスタオルのハンドについての続きです。このサイズのタオル、そもそもはウォッシュタオルと呼ばれ、体をこするためのタオルなのですが、僕が勝手に持ち運ぶのにいいんじゃない?と思ってそうしてるだけの物です。だから、ちょっとはみ出した物ではあるのです。でも、スタッフも使ってくれてるし、たまに出会うスコープユーザーの皆さんも使ってくれている。これを見るとスコープのユーザーさんなんだなって思うのです。そんなスコープのアイコン的アイテムになってる気がします。持ち出す物だから目につくのです。

SCOPE (スコープ) × Kuovi (クオヴィ) / house towel Sunday Morning

ハンド

2021年6月3日
洗面のタオルを変えて晴れる

洗面場ではハウスタオルのベージュ系ハンドタオルを使っていますが、夏の間はスンヌン化してみようと思い、黄色く変えてみましたってだけの話です。で、変えてみましたら、爽やかになって良かったってだけの話です。今のスコープ撮影スペース兼取扱品24時間試用シヨウ場のスコープアパートメントは、窓が大きく日差しが激しく差し込む明るい建物ではあるのですが、洗面場は暗い。だから、今はこんな明るいタオルを置いた方が雰囲気だと思った、それだけの話です。でも、よく考えましたら1枚の服を破れるまで毎日着つづけるのか、たまに変えて数枚をローテーションさせて長く着るのか、そんな話に近いものがあるなと思いましたら、コレ、なんかいい気がしてます。夏場の洗面場は明るく黄色くなり、涼しくなってきたらベージュになり、寒くなったらウォームスノーで白く移り変わっていく。全てのタオルを変えるのは大変ですが、こんな小さなタオルが降り積もっている場所ならいける気がする~。それにしても洗面場でハンドタオルを使う、一人一人が新しいタオルを使う、一度使ったら洗うって仕組みはソーナイス。小さいから洗濯も苦じゃないし最高です。こう見えて案外、清潔好きです。

SCOPE (スコープ)
カラーコーディネーション:鈴木マサル [OTTAIPNU]
Birger Kaipiainen (ビルガー・カイピアイネン)
吉井タオル (よしいタオル)

商品スペック

材質 インド綿シャンカール(中長綿)
寸法 ライト : 約800mm×340mm / 80g
ハンド : 約350mm×350mm / 約50g
生産 Made in Japan

購入前に確認ください

  • 使用状況により色落ち、色褪せ、伸縮が発生致します。取扱いは商品に付属する絵表示をご確認下さい。

説明書ダウンロード

house towel Sunday Morning

  • ハンド 2枚セットハンド(裏面)
  • ハンド 2枚セット¥1,400(税込)
  • ライト(単品)ライト(裏面)
  • ライト(単品)¥1,100(税込)
  • 販売終了致しました