• カート
SCOPE (スコープ) /  手ぬぐい

立花文穂 雪 / 立花文穂 森

SCOPE / 手ぬぐい

手ぬぐいを作ろうは
森と雪から始まっている

立花文穂先生様デザインの《森》そして《雪》が心底好きです。本当に素晴らしき作品で、この柄を配した物がどうしても欲しくて、スコープの手ぬぐいが始まり、手ぬぐいができると和食器ができる流れを考えたといっても過言ではなく、いや過言どころかそのまんまであります。だから、森と雪に関しては数年かけて壮大なるアイテム展開をしたいと、そう強く思い続けていまして、その始まりとなりますのが起点の手ぬぐいということになります。そしてこの手ぬぐい森と雪には、他とは少し違った深い風合いがありまして、最高の仕上がりと僕は大満足しています。その風合いの良さには理由があり、少し余計に手間を掛けているのです。今回は手捺染だけでなく、ロール捺染といって、手ぬぐいを両面ムラなく染める技術も併用し、手捺染+ロール捺染を組み合わせた仕様となっております。僕自身、常々バッグやポケットへいれて持ち歩き、自慢気に取りだし、皆に見せてしまっております。いいでしょ、的なヤツです。古物を包む布としても素晴らしい雰囲気ですし、ハンカチ替わりに持ち歩いてもよいです。とにかく森と雪はヤ・バ・イ!超いいです!最高です!これは是非持っていて欲しいです。こんな手ぬぐいを作れて、ラインナップできて本当に幸せの極みです。

SCOPE (スコープ) /  手ぬぐい

立花文穂 一匹大虎

ナニゲに使いながら
ナニゲに飾っている

これまでもチョイチョイ手ぬぐいを作ってきたのですが、なかなか売れてくれないという結果もあって、どうも長続きせず定番化しないまま、ポツンポツンと作っては終わるを繰り返しています。なので、そこまで力をいれる必要もないのかもしれないんだけれど、どうにも手ぬぐいに興味が向いてしまうのは、僕が装飾人間だからなのです。草食男子ではく装飾男子、いや、装飾オッサンの忘れられないあの娘、その娘の名は手ぬぐい。シンプル、スッキリ、無機質な空間より、何かしらその人の趣味が現れるように飾り付けられた空間が好みです。僕は物を見ていても装飾の面白さにばかり目がいってしまうタイプです。そんな装飾人間にとって、手ぬぐいという日用品は、日々使いながらも日々を自然と飾ってくれている物ですから、どうしても気になる物、忘れられない物となります。だから、僕はいつも台所には使う使わないに関わらず好きな1枚を掛けていますし、それとは別に日々愛用を続けていますから色々なところに手ぬぐいがあります。サイズ制限があり、シルクスクリーン作品を作るように完成させられる日用品(だから手捺染ばかり)、それもそんな高額な物ではなく手軽で手頃なのですから、装飾人間にとって手ぬぐいを作らないという選択はやはりないのです。手ぬぐいは装飾的日用品界にて最強なり!だから僕は僕なりに、これから黙々と僕が欲しくなっちゃう手ぬぐいを作り続けてみます。台所を飾りたいなら手ぬぐいを掛けたらいいのに。確か、マリーアントワネットもそんなことをいってました、いや、いってない。自然に使って掛けておいたらよく、自然と使って置いておいたらよく、手ぬぐい全体が見えなくたって、使うと飾る、そのはざまにあるからいいんです。ナニゲに使いながら、ナニゲに飾っている、その塩梅が手ぬぐいの魅力なんだと思います。

SCOPE (スコープ) /  手ぬぐい

立花文穂 へのへのもじへ

SCOPE (スコープ) /  手ぬぐい

鈴木マサル POTATO ブルー

手ぬぐいの用途ト
今、おもうトころ

掛けておいて手を拭く。食器のなかでも特に小さくて繊細な物を洗ったのちに拭きあげる。よく使う食器を出しっぱなしにするとき埃避けにする。木箸や土ものの器を乾かして置きたい時に適当な場所に敷く。大事な古物や食器を仕舞う時に包む。ハンカチ替わりに持ち歩く。弁当やらナニからナニまで包みこむ。その場所をさり気なく飾る。日々をさり気なく飾る。これらが僕の使いどころです。使い処の多い物とはいえ、選ぶ楽しみ、新柄の登場など、ラインナップに変化が無ければ手ぬぐいへの気持ちもどんどん薄らいでしまうでしょうから、手ぬぐいに関しては、売れる売れないに関わらず、まず積み上げることを最優先しようと思っています。黙々と積み上げて素敵なラインナップとなりましたら、何か気づくかもしれないし、新しい先が見えてくるかもしれない。1人の好みで積み上がっていく手ぬぐいの集積、それは面白い結果になるかもしれないし、ならないかもしれない。どうなるのか僕にもわかってないんだけど、まずは積み上げてみたいので積み上げていきます。だから、手ぬぐいは生産数を限定することなく、廃番にもしません。コレクションを増やすことに注力しまして、その後に余裕が出てきましたら色を変える、柄をリニューアルする、既存柄に手を加えていこうと思っています。とはいえ、先のことは予定は未定、まだ全くわかりません。

SCOPE (スコープ) /  手ぬぐい

立花文穂 壽

短辺は縫われていません
色落ち色移りに多少注意

両端は始末されていないので端がホツレてくるのですが、 永遠にほつれて最後は無くなるわけでもなく、徐々に収まりますので気にせず使い続けるのがよいと思います。また両端が切りっぱなしである故、水キレ良く乾きも速いという良い点もあります。ほつれてきた糸をハサミで切って整えている時間も、まぁいいものですよ。生産は京都、京都の染色工場にて手捺染で染めて貰っています。手ぬぐいの染め方としましては、手捺染と注染、この二つに大きくわかれます。違いは調べて貰うとわかりますから検索どうぞ。各々全く染め方が違いまして、各々に良い点があります。手捺染の良いところは、細かな表現ができるところです。これに尽きます。だから僕は手捺染を選んでいます。ただ裏面まで完全に色が抜けきらないので表と裏ができてしまうという点で注染に劣ります。また特殊な加工をしているわけではなく、昔ながらの手法で染めているだけですから、色落ちしますので白い物とわけて洗濯するようにしてください。特に使い始めの数回は単独で手洗いするとよいと思います。また濡れたまま放置しますと色移りすることもありますから、そこはどうぞご注意ください。

SCOPE (スコープ) /  手ぬぐい

石本藤雄 ヒラヒラ

手ぬぐいと和食器の関係

この手ぬぐい企画は単に手ぬぐいを作るということだけが目的ではなく、手ぬぐいの柄を食器の図案として使うことも併行してやってみています。手ぬぐいの図案が続々と食器を飾り、スコープ独自の展開を繰り広げまくりますからご期待あれ。第一弾が《木瓜角皿hirahira》、そこから《猪口うしうしうし》《木瓜小皿 赤壽》《猪口 さし石》《猪口 一匹大虎》と続いています。これから続々と手ぬぐい柄をまとった和食器が登場しますのでお楽しみに。ただ生産を続けて積み上げていく、廃番にしないことにしている手ぬぐいとは異なり、食器に関してはある程度の枚数なのか期間なのかを目途に全て生産終了します。つまり同じ物を延々と作り続けることはしないということです。期間か数量かで区切りをつけて終了し、また同柄を使うのであれば、別型に仕上げるのか、同型ながら色を替えるなり、手法を変えるなりの変化を加えます。手ぬぐいは延々と続き、食器はどんどん終わります。そんな方向が各々の物に合っていると僕は感じています。

SCOPE (スコープ) /  手ぬぐい

2022年3月4日
ベストアルバムを掛ける

スコープの手ぬぐいに素晴らしき柄、名作登場!立花文穂先生様による波風、発売しまして候。この図案、ずーーっと前の話ですが、東屋さんのお店《東青山》にて手ぬぐいとなり販売されていたことがあります。僕はそれをゴソっと買い貯めてあり、スタッフや取引先さんで立花文穂作品が凄く好きな人に出会いましたらば、おー心の友よ!これあげる!ってプレゼントしてきました。活版印刷の飾り罫を使った図案だと聞いています。へのへのもじへ、森と雪、そしてこの波風。立花文穂様による手ぬぐい群、どの図案も素晴らしく、つまり立花文穂ベストのようではありませんか。まるでベスト盤を聞いているような流れを感じます。音楽であればベストアルバムをかけるのですけれども、手ぬぐいはかけられないけど、掛けられるからザーッと洗濯しまして、すべてを掛けましたら、やはりベストアルバム的光景でございました。かけて聞けないけど、掛けて見るベスト。うまぁいこといわんでええねん。

SCOPE (スコープ)

商品スペック

材質 コットン100%
寸法 約340×900mm
生産 Made in Japan
備考 洗濯水温:40℃以下 / ドライクリーニング:○ / タンブル乾燥:× / アイロン:高温 / 漂白:×
送料無料送料無料

SCOPE 手ぬぐい

  • 015<br>立花文穂 波風
  • 015
    立花文穂 波風¥1,500(税込)
  • 014<br>立花文穂 雪
  • 014
    立花文穂 雪¥1,500(税込)
  • 013<br>立花文穂 森
  • 013
    立花文穂 森¥1,500(税込)
  • 011<br>立花文穂 一匹大虎
  • 011
    立花文穂 一匹大虎¥1,500(税込)
  • 010<br>鈴木マサル POTATO グリーン
  • 010
    鈴木マサル POTATO グリーン¥1,500(税込)
  • 009<br>鈴木マサル POTATO ブルー
  • 009
    鈴木マサル POTATO ブルー¥1,500(税込)
  • 008<br>立花文穂 へのへのもじへ
  • 008
    立花文穂 へのへのもじへ¥1,500(税込)
  • 007<br>立花文穂 さし石 苔
  • 007
    立花文穂 さし石 苔¥1,500(税込)
  • 006<br>立花文穂 さし石 桃
  • 006
    立花文穂 さし石 桃¥1,500(税込)
  • 005<br>立花文穂 うし うし うし
  • 005
    立花文穂 うし うし うし¥1,500(税込)
  • 004<br>立花文穂 壽 白
  • 004
    立花文穂 壽 白¥1,500(税込)
  • 003<br>立花文穂 壽 朱
  • 003
    立花文穂 壽 朱¥1,500(税込)
  • 002<br>石本藤雄 ヒラヒラ 白
  • 002
    石本藤雄 ヒラヒラ 白¥1,500(税込)
  • 001<br>石本藤雄 ヒラヒラ 紺
  • 001
    石本藤雄 ヒラヒラ 紺¥1,500(税込)