Flower Vase - フラワーベース

twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

夏真っ只中、今、飾りたいのは、王道ヒマワリ。子供の頃、ヒマワリといえば学校で栽培した、あのヒマワリしか知らなかったけど、最近、花屋さんに行けば、いろんなひまわりが並んでる。小さいものから、黒いもの、八重咲きのものまでバリエーション豊富で選ぶのも楽しい。スコープでラインアップしている花瓶にヒマワリを飾ったらどうなる?試してみました。

フローラは小さいサイズ12cmに。大きなヒマワリは花瓶とのバランスが悪くなるから、チュッパチャップスサイズのヒメヒマワリと、チョコパイサイズのサンゴールドという品種選ぶ。合わせて飾るとにぎやかになっていい。floraをいくつも並べて、ザ・夏!な感じで。

ベルマン245mmは花瓶の高さ生かして、こんな飾り方。黒いヒマワリ、フロリスタンとプロカットレッドの2種類に、同系色のアンスリウムの葉を合わせて飾ってる。やってみると案外簡単。見た目は立派。これは、真似してもらいたい!飾り方はアンスリウムの葉、2枚をベルマンの口の高さに揃えて入れて、花が動かないように花止めにする。あとは、下からヒマワリを積んでいくだけ。花屋さんで、長さどうします?って聞かれたら、迷わず「そのままで」と答えて、茎が長いままにしてもらうといいです。「ヒマワリの向きを揃えると、ヒマワリらしさがでていいですよ。」と、花屋さんからのワンポイントアドバイス。

アアルト・ベースに飾ったのは「レモンエクレア」という、おいしそうな品種のヒマワリ。背景にヤマイチゴの実や、黒ヒマワリ、フロリスタンを一緒に飾って、レモンエクレアの明るい黄色を際立たせる。フロリスタンの裏側に黄色が入っていたので、あえての裏向き使って黄色グラデーションを作ったのが、小さな自己満足。

Holmegaard Flora Vase 12cm

Holmegaard / Flora Vase 12cm

小さいのに安定感があり、倒れない。人気の理由はそこにある。

Flora Vaseを置くのに必要なスペースは、直径10センチメートル。たったそれだけのスペースがあれば置ける。底が広がっていて、ちょっとやそっとどころか、まず倒れない。いろんな道具でごちゃごちゃしているキッチンの隙間に、道端に咲いていそうな何気ない花を飾るのが気に入っている。

Holmegaard Flora Vase 24cm

Holmegaard / Flora Vase 24cm

枝ものを飾りたい。24cmを手に入れるワケ、第1位はこれ。

大丈夫か?Flora Vaseの口ほどの太さの松を入れたとき、そう思った。それでも倒れない。花瓶そのものの重量にペットボトル1本分ちかく水が入るのだから、考えてみれば、安定するに決まっている。この経験もあって、枝ものを選ぶとき、極力、枝が偏った方向に伸びているアンバランスなものを選ぶようにしている。そう選ぶと、流れが出てうまく飾れた気になれるから。

A2 Care

除菌・消臭スプレー A2 Care

花を飾る前、シュッとひと吹きが習慣になっています。

花の長さを整えるとき、切り口にシュッとするだけで、花の持ちが良くなる。水も透明に保たれて気分がいい。今では、花をいけるとき、必ずシュッとするのが儀式みたいになっています。

Bellman 245mm

Skruf / Bellman 245mm

たくさんの花をバサッと入れる。それだけでさまになる花瓶はそうない。

Floraだと難しかった、たくさんの花を飾ること。シンプルなフォルムに吹きガラスという組み合わせだからか、1種類の花を束にして入れるだけ、それだけでうまくいく。この花瓶を使うようになってから、いろんな花にチャレンジしまくっています。

Bellman 180mm

Skruf / Bellman 180mm

グリーンを飾るとき、決まって180mmを使いたくなる。

高さと幅のバランスが良いせいか、飾った植物が広がりすぎず、立ちすぎず絶妙な位置に収まってくれる飾りやすい。245mmに花束、180mmにグリーンを入れ、並べて飾るのが気に入っている。

Bellman 100mm

Skruf / Bellman 100mm

日々の生活で一番使っているのは100mmかもしれない。

好きな花を買ってきたら、まずは、245mm と180mmに飾り、棚へ。余った花を100mmへ。後はドレッサーやキッチン、テーブル、気分の向いた場所に飾る。花屋さんにいけない時は、庭に咲いてる花を飾ることもある。ちょっとした使い方ができるから、使用頻度は、このサイズが一番高い。

Bellman 145mm

Skruf / Bellman 145mm

ボリュームのある植物を飾るなら、145mmがちょうど良い。

苦手意識を克服すべく何度か練習してみた結果、華奢な花よりもアジサイやブルーベリーのような、ボリュームのある植物が得意分野だと分かった。片方に寄せて飾れば簡単にうまくいくし、大きな花にありがちな、「茎、太い問題」も花瓶との対比で細くみせてくれる「美茎効果」もあり。

iittala / Aalto Vase 95mm 120mm 160mm

iittala / Aalto Vase 95mm 120mm 160mm

飾ってみればなるほど。世界一有名なベース、実は食わず嫌いでした。

1936年発表、アルヴァ・アアルトデザイン、有名な賞を受賞、MoMAのコレクションにも選ばれている。そんな小さな知識だけで手に入れたアアルトベース。実は、5年以上も棚の中でオブジェ化していました。飾ってみると、角に茎が引っかかりやすく飾りやすいことを発見。これなら日常使いできる!

iittala / Aalto Vase 200mm

iittala / Aalto Vase 200mm

アアルトベースを持ってると、なんだか欲しくなる、2個目のアアルトベース。

アアルトベースといえばあの形が完全に染み付いているけど、こちらはあの形ではない異型フォルム。通常のアアルトベースよりも体積が広く、背が高いので、いろんな飾り方ができそうだから、ただいま絶賛試用中。何か面白い飾り方ができそうな予感がしてる。

iittala / Aalto Vase 200mm

iittala / Finlandia 201mm 251mm

アアルトベースとフィンランディア。飾りやすさで選ぶなら、後者に一票。

アアルトベースをぎゅっと縦に伸ばした形のフィンランディア。それだけで飾り方はぜんぜん変わってくる。下に垂れるように枝を飾ったり、ベースの中に花を飾ったり、バリエーションがかなりあるから、いろいろ試したくなる。

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    気分爽快 ハーブのブーケ

  • 特集:a Day with Flowers

    透明なグラスに
    野の花をいける。

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    大好きだけど飾るのが苦手。
    アネモネをうまくブーケにする方法。

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    ボク的「世界3大おしゃれ花」の1つ
    ポピーで5分間ブーケ

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    ラナンキュラスを使って
    ドライになるブーケ

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    賀正ブーケ
    4曲続けてどうぞ

  • 特集:a Day with Flowers 

    新年 めでたい松をいける。
    今年もよろしくお願いします。

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    チューリップは
    首を長く出して飾るべし。
    ドボンするべからず。

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    Flora Bowlで
    クリスマスリース

  • 特集:a Day with Flowers

    クリスマスが近いこの時期は、
    少し背伸びしてバラを買うのがいい。

  • 特集:a Day with Flowers

    赤と緑と白のコントラストは
    まさにクリスマス。

  • 特集:a Day with Flowers

    さりげなクリスマスを感じさせるく
    葉っぱたちをフローラに。

  • 特集:a Day with Flowers

    『クリスマスまでは、毎週末に
    花を買いにいく』ことを
    自分と約束。

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    花屋に行くときに役に立つ
    お花の選び方 3箇条

  • 特集:a Day with Flowers

    バードと植物を一緒に飾ると
    良い雰囲気になるということを発見。

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    プリザーブドのアジサイを使って
    簡単ブーケ

  • 特集:a Day with Flowers

    『お す き な ふ く は』
    秋の七草の覚え方。

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    カラーフル!な秋の実でブーケ

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    紅葉にダッダッダッダッ
    ダリア様

  • 特集:a Day with Flowers

    Floraにたくさんの観葉植物を。
    清涼感↑↑

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    浴衣の柄を日本の花で。

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    ミスマッチ!?
    マッチ!?
    ベストマッチ!

  • 特集:a Day with Flowers

    母の日に娘と一緒に
    花束のプレゼント。

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    香りを狙って
    英仏競演、ラベンダーのブーケ

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    ラナンキュラス グリーン
    ソー エクスペンシブ!

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    男子でも照れずに渡せる
    ホワイトデーのブーケ

  • 特集:a Day with Flowers

    ぐっとつぼんだ椿をFloraに。
    咲いてない椿もきれい。

  • 特集:僕でもできるブーケの作り方

    スタッフ 鈴木がイチから教えてもらう
    ブーケの作り方

花瓶にこだわらなくても、花を楽しむことはできる。
花瓶以外のうつわ集。

Lanternにエアプランツ

マリンっぽいフォルムのランタンにどうしても植物を入れたくて、エアプランツを試してみた。そのまま入れるだけでもいいけど、東急ハンズで売ってる、白い砂を入れると海っぽさが大幅増量。せっかくハンドルが付いているから吊るして飾りたいけど、スマートな吊るし方が未だ見つからず。

Floraピッチャーにチューリップ

チューリップって束で飾りたいんだけど、花の数を増やすと、葉っぱがむぎゅっと増える。だから、花瓶も径が太目のものを用意しないといけないんだけど、Flora ピッチャーが手元にあって助かった。ハンドルが付いていて、持ち運びもしやすかったのはうれしいオマケ。

Bellmanピッチャーにバラ

ピッチャーに花を飾ると、どこかカジュアルで砕けた感じになるんだけどベルマンのピッチャーからは、そんな印象を一切感じない。バラを選んだのも良かったのかもしれない。

Floraボウル230mmをフラワーボウルに

スコープが別注したFloraの一番大きなボウルに花を飾ったら、どうか?花屋さんでボウルに沿ってぐるっと巻きやすそうな、たぶんコデマリだったと思うんだけどを買ってきて、ボウルの底にうっすら水を敷き、ぐるっと丸めて入れるだけ。上から見ると、リースみたいになるのも感じいい。