• カート
Vitra / Vitra Chaise Tout Bois

ナチュラルオーク / ダークオーク

Vitra / Chaise Tout Bois

Chaise Tout Bois
Jean Prouvé, 1941

フランスの「建設家」、ジャン・プルーヴェによる「シェーズ トゥ ボワ」は、第二次世界大戦の数年前にデザインされた彼の代表作である「スタンダード」ととても良く似たデザインです。大戦中の金属不足の影響を受け、フランス語でオールウッドチェアという意味を持つ名前の通り、プルーヴェは木材のみを用いてこの椅子を完成させました。 ジャン・プルーヴェの建築とも共通する彼の家具デザインの特徴はこの椅子にも反映されています。後部フレームと座面が結合する点に最大の負荷重量がかかるため、後脚を兼ねた頑丈なフレームで補強し、全体への荷重を支えるという極めて合理的な考えに基づいています。 ジャン・プルーヴェは構造的な強度、接合部、脚の位置や座面と背もたれの角度などのテストを重ね、戦時中にいくつかのプロトタイプを作りましたが、材料については入手可能な木材の中から選ばざるを得ませんでした。戦争が終わり、木材の十分な供給が整った段階で、オーク材を材料としてシェーズ トゥ ボワを製造することに決めました。フランスでは、船や大聖堂の屋根にオーク材が使われることが多く、椅子の材料としての硬さと強度は申し分ありません。また、個別の要望に応えダークステイン仕上げの椅子も製造されました。 1947年、プルーヴェは'Meubles de France'というコンペティションにシェーズトゥボワを出品し、大賞を受賞しました。テーマは、戦後社会の需要に合わせ、住まいに困る人たちや若くして家をもつ夫婦のための魅力的で高品質、大量生産可能な家具、というものでした。 2020年、ヴィトラから初めて復刻を果たすシェーズトゥボワは、ネジを使わない1941年のデザインに忠実に再現されていますが、大きさや座面の高さは現代の暮らしに合わせて調節されています。《Vitraのサイトより》

Vitra / Vitra Chaise Tout Bois

ダークオーク

Vitra / Vitra Chaise Tout Bois

ダークオーク

現行スタンダード
ユーザー的視点

金属フレームのスタンダードチェアと違い、オールウッドのシェーズトゥボワは想像するより軽いです。持ち運びも楽ですし、掃除の時なんかにズラす程度のことなら誰にも気にならない重さですから、とても取り扱いし易い椅子だと思います。そして使用していれば発生する生活音も静かですから実用面は上々です。金属フレーム故の揺るぎなき安定感・安心感のあるスタンダードチェアはナカナカ重い椅子なので、その差を余計に感じるのかもしれません。シェーズトゥボワとスタンダードチェア、どちらもサイズ感は似ています。ですから一緒に使いましたら新鮮なセットアップになりますので、既に現行スタンダードチェアを愛用している人、先々スタンダードチェアをメインに、ダイニングセットなりを具体的に考えている人にとっては、このシェーズトゥボワの登場は大きくセットアップの幅を広げてくれるでしょう。座面高につきましてはシューズトゥボワの方がスタンダードチェアより少し高いです。ですから現行スタンダードチェアの座面が高すぎると感じている人は、その上をいきますので、その点はよく考慮した上で購入された方が良いと思います。

Vitra / Vitra Chaise Tout Bois

ナチュラルオーク

初プルーヴェ的視点
座面高について注意

そもそも、Vitra製品の取扱はスタンダードチェアから始める予定だったのですが、アルテック家具に慣れ親しんだスコープ的生活においては、オールウッドの方が取り込みやすいこともあり、2020年9月リリースのシェーズトゥボワから始めることにしました。アルテックの家具ともよく馴染んでいて、素晴らしく好みな雰囲気です。そもそも僕の中ではプルーヴェとアアルトの家具は相性良いはずなのです。だからこれからプルーヴェの家具は増えていくことになります。このシェーズトゥボワ、とても気に入っています。だから僕と同じようにアルテックの家具を愛用していて、ここにシェーズトゥボワ、プルーヴェを組み込んでみたいと思う方も多いでしょう。そこで初プルーヴェ的視点、つまりスタンダードチェアに慣れていないという視点から使ってみての感想を書いてみたいと思います。そうしますと座面がかなり高い椅子であることは知っておいた方がよいということになります。余計なお世話となる場合もありますが、実用面から見ましたら大事なところなので、少し長くなりますが以下ツラツラと。

Vitra / Vitra Chaise Tout Bois

ナチュラルオーク

椅子好き高じてコレクション続々という流れから手にする、座面は高い方が好み(日本的座面高は低くて困るって人もいる)、持っている椅子のどれも座面が高い、事務所スペースなど靴を履いて使うから高くてOK、そういったことであれば良いのです。ただ日本で一般的とされる座面高に比べましたら、シェーズトゥボワはかなり高いです。日本では座面高42~45cm程度が一般的といわれ、座面にクッション性があれば45cmでも高くは感じないと思うのですが、板座面で45cm以上となれば高く感じる人は多いでしょう。ちなみにチェア69は日本的高さに調整されていまして座面高44cm、これで高いと感じる人はなかなかいないと思います。ドムスチェアはカタログサイズ44.5cmとなっていますが、脚裏に樹脂パーツが付いていて座面傾斜もありますから、一番高い部分は46cmになります。それもあってドムスチェアは座面が高いという感想が聞こえてきます。さて、本題のシェーズトゥボワについてです。カタログにも座面46cmとなっていますから、既に高いことはわかるのですが、脚裏に樹脂パーツが付き、座面傾斜もかなりありますから座面前方はナカナカの高さになっています。実際に座って気になるのは座面が最も高くなる部分、つまり座面前方です。そこの高さを計りましたら48cmありました。ドムスチェアより2cm高く、チェア69より4cm高い。また座面に結構な傾斜がありますから脚も浮き易くて、余計に高く感じるのだと思います。ですから、手持ちの椅子の脚下に雑誌を挟むなりして、高さはチェックされた方が良いと僕は思います。この座面の高さは理解して買わないと、あまり座ることもなくなり物を置く場所としての活用がメインになってしまう可能性がありますから。

Vitra
Jean Prouve (ジャン・プルーヴェ)
Vitra / Vitra Chaise Tout Bois

ナチュラルオーク / ダークオーク(脚4cmカット)

無料で脚をカットします。

上の写真をみますとナチュラルオークとダークオークに違いを感じませんか?座面が高いと思ったのでダークオークの脚を4cmカットしてみました。木製ですから脚のカットは可能です。4cmカットしたものに座ってみると、全く高くは感じないのですが、ちょっと短足でバランスが少しばかり悪く見えます。どこか普通になるというか、シュッとしていない。脚は長い方がカッコイイ、それは人も椅子も同じなのですね。つまり使うには良いのですが、4cmは切り過ぎた感じが僕にはあります。ということで、皆さんの要望に応じて好きなサイズで脚カットサービスを無料で始めてみます。ただ、少し時間は欲しいのでオーダーからお届けまで1週間以上は見ておいて下さい。まず、脚カットの対象アイテムはシェーズ トゥ ボワのみとします。段々と広げたいと思ってはますが、まずは1アイテム、追々増々ということでどうぞどうぞー。カットの依頼方法は簡単。オーダーの際、連絡事項欄にご希望のシート高(前方)を1cm単位で入力して下さい。元のシート高(前方)は48cmで、個人的にはマイナス3cmして45cmとするのがいいんじゃないかなって思いますけれど、背の低い人ならマイナス4cmでもいいと思います。

Vitra / Vitra Chaise Tout Bois

商品スペック

材質 脚・フレーム:オーク無垢材 / 背・座面:オーク成形合板(ラッカー塗装)
寸法 W460×D490×H800mm / シート高 480mm / 座面奥行 400mm / 4.3kg
生産 Made in EU
  組み立て不要 完成品
  • 説明書ダウンロード

  • 個別販売商品


Vitra Chaise Tout Bois

  • 000100010001000100010001 / 右側面の座枠に小さな修正跡があります。
  • ナチュラルオーク 0001¥91,300(税込)
  • 000200020002000200020002 / 背もたれの背面、脚の接合部にライン状の凹みがあります。0002 / 左前脚と座枠の接合部に修正跡があります。
  • ナチュラルオーク 0002¥91,300(税込)
  • 000400040004000400040004 / 左後脚、背もたれ背面との接合部に修正跡があります。
  • ナチュラルオーク 0004¥91,300(税込)
  • 000500050005000500050005 / 背もたれ表面の上方にオレンジ色の付着があります。僅かに膨らんでいますが、引っ掛かりはありません。0005 / 側面の座枠下方に僅かな欠けがあります。
  • ナチュラルオーク 0005¥91,300(税込)
  • 000700070007000700070007 / 右後脚と座枠の接合部に小さな欠けがあります。覗き込まないと見えない場所です。
  • ナチュラルオーク 0007¥91,300(税込)
  • 000800080008000800080008 / 前脚側面と座枠の接合部、木の端が僅かにめくれています。椅子の側面上方で脚や衣服には触れない場所です。
  • ナチュラルオーク 0008¥91,300(税込)
  • 001000100010001000100010 / 右後脚に小さな節とその部分に修正跡があります。座面の程近くで正面から見える箇所です。
  • ナチュラルオーク 0010¥91,300(税込)
  • 00110011001100110011
  • ナチュラルオーク 0011¥91,300(税込)
  • 00240024002400240024
  • ナチュラルオーク 0024¥91,300(税込)
  • 00260026002600260026
  • ナチュラルオーク 0026¥91,300(税込)
  • 0027 / 天板の左右側面に僅かなざらつきがあります。側面なので肌や衣服には触れにくい部分ですが、繊細な繊維は引っ掛かりにご注意ください。00270027002700270027 / 座面の端に僅かに黒っぽくなっている部分があります。
  • ナチュラルオーク 0027¥91,300(税込)
  • 販売終了致しました
  • 00280028002800280028
  • ナチュラルオーク 0028¥91,300(税込)
  • NO IMAGE
  • ナチュラルオーク¥91,300(税込)
  • ¥86,900(税込)
  • 次回 入荷未定
  • 00010001000100010001
  • ダークオーク 0001¥91,300(税込)
  • 000200020002000200020002 / 座面中央あたりに塗料の溜まりのような膨らみがあります。肌や衣服への引っ掛かりはありません。0002 / 左後脚の足先に小さな欠けがあります。
  • ダークオーク 0002¥91,300(税込)
  • 00030003000300030003
  • ダークオーク 0003¥91,300(税込)
  • 000400040004000400040004 / 座面の手前端に小さな凹みがあります。表面はスムースで、肌や衣服への引っ掛かりの心配はありません。
  • ダークオーク 0004¥91,300(税込)
  • 00050005000500050005
  • ダークオーク 0005¥91,300(税込)
  • 00060006000600060006
  • ダークオーク 0006¥91,300(税込)
  • 000700070007000700070007 / 背もたれの中央あたりに大豆サイズの小さな膨らみがあります。表面はスムースで引っ掛かりはありません。
  • ダークオーク 0007¥91,300(税込)
  • 001600160016001600160016 / 左前脚と座枠の接合部に修正跡があります。
  • ダークオーク 0016¥91,300(税込)
  • 00170017001700170017
  • ダークオーク 0017¥91,300(税込)
  • 001800180018001800180018 / 左前脚の中央あたりに木目に沿ってライン状の凹みがあります。
  • ダークオーク 0018¥91,300(税込)
  • 001900190019001900190019 / 側面の座枠の端に小さな欠けがあります。覗き込まないと見えない場所です。
  • ダークオーク 0019¥91,300(税込)
  • NO IMAGE
  • ダークオーク¥91,300(税込)
  • ¥86,900(税込)
  • 次回 入荷未定