twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
Rorstrand (ロールストランド) / Ostindia (オスティンディア) Ostindia

 

Rorstrand / Ostindia Ostindia

 

アジアな洋な。和のような。

ティーマ、サルヤトン、パラティッシ。
洋食器は、この3シリーズさえあれば
テーブルセットに困る事はほぼありません。
だから、洋食器の新しいシリーズを買い足す、
スコープ的には新たにラインナップする
という事は、「基本的に無い。」というのが
正直な所なんだけど、たまに出てくるのです。
少し変わった立ち位置の、使える食器が。

1745年に沈没したスウェーデンの
東インド貿易船「イェーテボリ号」。
その船に積荷だった陶器片から
ヒントを得てデザインされたのが
1932年に発表され、現在でも製造が続く
スウェーデン ロールストランドの
Ostindia(オスティンディア)。

貿易船の積荷は?といえば
中国で買い付けたお茶や香辛料、
そして陶器だったわけですから
元ネタはアジアという事になります。
だから、アジアな僕達の生活と相性がよく
オススメなの?というと、実はその
Ostindiaよりも、Ostindiaの80周年を
記念して発表されたOstindia Florisという
新シリーズがスコープのオススメなのです。

いいかな?って思ったから
とりあえず使い始めてみたところ
実に良かった。
今ではかなりの活躍っぷりです。

この食器、エビが似合います(笑)
トムヤムクンとか、ブイヤベースとか。
いつもはティーマのシリアルボウルや
サルヤトンのボウルの出番なわけですが
このOstindia Floris ボウルを使うと
エビ入スープは特に見え方がワンランク
上がり美味しくなる気がします。
適量350mlは入る大き目サイズだから
グリーンンカレーなんかにもいいし
お茶漬けにも良いです。

お皿の方は生春巻きをはじめ
アジアな料理はもちろんバッチリ。
そして和菓子にもいいし
酒のつまみを盛っても良かったです。
例えば、このお皿にアラレを盛って
ムーミンマグで日本茶を飲んだり、
インゲヤード・ローマンのベルマンで
焼酎のお湯割りを飲みながら
このお皿に焼き鳥なんぞ盛って食べるのも
悪くない。楽しかった。
漬物にも面白く馴染んでくれます。

アジア料理にバッチリな洋食器。
そして、和のようなんだけど
実は洋も組み込んでいるというような
新しいグローバルなテーブルセットに
もってこい。まぁ、この食器は
見た目以上に用途があって
使えるという事ですね。

本当はマグカップもラインナップされて
いるのですが、結構大きくて
僕はあまり使わなかったから
スコープではラインナップしてません。

 


Rorstrand (ロールストランド)
Caroline Slotte (キャロライン・スロッテ)

 



材質 磁器
サイズ ボウル :約φ145×H65mm 540ml(満水容量)
プレート:約φ200×H25mm
重量 ボウル :約320g
プレート :約360g
生産 Made in Bangladesh
 
電子レンジ 食器洗浄器
 

Ostindia Ostindia

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  • Ostindia  Ostindia Floris ボウル
  • Floris ボウル
  • Ostindia  Ostindia Floris プレート20cm
  • Floris プレート20cm
  • 陶器製品について