JUL.

29

この夏、シャチョウが偶然本屋で
手にした金魚の本。
どうやらシャチョウ、その本を見て
すでに閃いちゃってる様子。

本によれば、あるルールを守れば
ブクブクがなくても金魚が飼えるらしい
ということで、スタッフも興味深々。
昔、金魚を飼っていた懐かしさもあり、
もれなくみんなの金魚スイッチON!

そうだ、金魚を飼おう!
スコープ夏の自由研究が決定しました。

早々に、浮き足立って、
金魚を買いに行った先は
愛知県 弥富町。
日本一の金魚生産を誇り、
弥富金魚(やとみきんぎょ)という
ブランドで名で知られているほど
金魚では有名。

実はなんと、この弥富町、
スコープ事務所から車で15分なんです。
これは良い出会いがありそう!

今回伺ったのは、マルトミ金魚さん。
あの子が〜この子が〜と迷う私たちに、
気さくなお店のお母さんが、一緒になって
元気の良い美人さんを見つけてくれました。

半月程経った現在、
5匹とも、順調に育ってます。

8月のシーズンページでは
最初のシャチョウの閃きが明らかに!
スコープ夏の自由研究、
続編も乞うご期待〜。

スコープ 酒井

7月のシーズンはカクテル特集

JUL.

27

撮影用に借りてたスコープアパートメント
今月で取り壊しという事となり、
来週は引っ越し作業な日々です。
この場所を借りるのは
正直、かなりの勇気がいったんだけど、
この場所のお蔭でいくつか新しい道も開けた。
もちろん、いっぱいナイス写真も撮れた。
相当無理して借りた物件、
案外いい事まるけだったなぁと思う。
時間もないから、さっさと荷物まとめんかーい!
って大家さんから言われそうだけれど、
昨日・今日は整理整頓して掃除して花を飾った。
荷造りは明日から本格的にやるからいい。
今は、そんな気分。

ベース:Flora 24cm short スモーク

JUL.

25

花瓶フローラを使って、
アルヴァ・アアルト自邸の窓辺を
真似てみたら、どうなったか。
部屋の中にグリーンを置くと
窓から見える緑と繋がり、
外界との境界線がなくなるよう。

ヘルシンキのアアルト自邸で見た
グリーン使いが印象的だったのか、
フローラ花瓶再入荷のタイミングで
シャチョウの一声、
「スコープアパートメントの
 窓辺にツタを這わそう!」

スコープアパートメントの窓は
とんでもなく大きいから、
大きな鉢植えのポトスを用意。
支柱にぐるぐる巻いているポトスを
丁寧に外していき、それを外で根洗い。
最後に口元の細いフローラに
そっとそっと入れていく。
そんな面倒な工程を経て
窓辺に這わせたポトス。
ちょっと引いた位置から眺めに
「えぇーやーん。」
と満足げなシャチョウ。が、次の瞬間、
シャチョウの一言が場を凍らせる。
「これ、水換えどうすんの?」

そんな「?」を抱えつつ、
数日が経ち、水は澱みました。
そして、無残に枯れてしまいました。
ポトスごめん。

花を飾るといえばフローラという事で
頭がいっぱいだったから、こんなチャレンジ
をしてみたけれど、よくよく考えれば、
鉢のままでやればよかったね、という事で。
まあ、ようは、失敗、しました。
の報告であります。

でも、そんな当たり前の事に
やってる時は、全く気付かないものです。
ただ、ポトスの鉢植えの蔓をほどいていくと
こんな状態にできるというのは、
失敗の中で初めて知りえた知識です。
ためになりました。

スコープ 酒井


ベース:Flora 24cm short スモーク

JUL.

21

暑い夏には、爽やかなモヒートを
たくさん飲みたい!
頑丈なTIMOグラスなら
ミントをつぶしまくってもOK!

モヒートはアーネスト・ヘミングウェイが
愛したことでも有名なカクテル。
彼のお気に入りのレシピは、
2ダッシュのビターズを混ぜ、
すべての材料を豪快に
混ぜたものだったのだとか。
今回はもっとライトに、イージーに、
砂糖も入れて飲みやすく
仕上げてみる。
ライムと砂糖を多めに入れたら、
氷が解けても水っぽくならずたっぷり
容量のTIMOでも最後まで
美味しく飲めた。
ミントの葉を入れて、
フレッシュな香りを
出すと夏にぴったりで
爽やかな一杯に。

[作り方]
・ラム 40ml
・ライム(搾ったもの)1/2個分 
・ミント 適宜
・ガムシロップ 10ml
・ライム (飾り用)1/8個くし切り

グラスにライムジュースとミント、
ガムシロップを入れてペストルや
スプーンなどでつぶしながら
ミントの香りをだす。
氷、ラム、ソーダを流しいれ
最後にミントの葉とライムを飾る。

グラス:The Timo Glass

JUL.

18

何故だか周りの誰もが欲しいという。
そして手にすると使いたくなるのだ。
僕もそう、使って癖になってる。

このランタンは絵になる。
そして用途も広く、
何より色々使おうって
気にさせてくれる。だから使っちゃう。
かなり使っちゃう。これが、このランタン
最大の魅力だと、そう感じます。

アウトドア派ではない僕にとって、
ランタンという道具は、
正直買おうなんて
思った事のない物なのだけれど、
これは見た目に心惹かれる所があった。

そして、ガス、灯油のような
不慣れな燃料?を使わないから、
なにかあったらと
躊躇してしまう事もなく、
キャンドルだから、なんか安心。

室内使いにも向く
サッパリ洒落た雰囲気。
アウトドアでも室内でも
使えそうだからと、
撮影備品として一度使ってみようか、
なんて、撮影合宿に加え、
1週間生活を伴にしてみた。
すると、気付けばいつも生活の中心。
とにかく、どこでも活躍する物だった。
脇役予定が
完全主役といった次第です。

脇役の多いキャンドル界。
このランタンは体も大きく都会的だから、
数少ない主役になれる
器だったという事か。

テーブルの端や棚に置いて
おいても絵になるし、L・Mぐらい
ボリュームがあると、床に置いても
様になる。(そんな物はなかなかない。)
そしてレザーのハンドルが
ついているから、どこへでも
運んで行きたい衝動に駆られる。

テラスで飲む時には、
必ずお伴させてしまう。
あー、ランタン持って行こうか
という事です。そういった事が、
色々な所でおこります。
夏場は、虫除けキャンドルを灯せば
雰囲気アップ&虫除けもできて一石二鳥!

別にハンドルが無くても運べない事は
ないけれど、ハンドルがあると
持ち運んで使うフラグが立ちます。
ランタンなので、ある程度は
風も避けるから、使う場所も選ばない。
明かりが欲しければ、
いつもこれを持っていきたくなる。
なってしまうのです。

撮影に参加したスタッフ皆、
欲しい模様。
仕事をリクエストした
デザイナーさんも、
サンプルとしてレンタルした、
Mクリアがとても欲しい模様。
(スコープの大本命もMクリア!)

そう、このランタンは一度使うと
どうも手放せなくなる模様です。
でも、これは、とってもいい事!
キャンドルの灯りは
生活を優しくしてくれるので。

Lantern

JUL.

17

本当にあったフローラの話 ♯05

あらまぁ!
なんてみっともないグラスなの!?

1960年代、ドイツの展示会で、
フローラの脚付きグラスを見た
ドイツ人女性が
大きな声で言いました。

その時のことを、オイバは
いつも笑いながら話します。

確かにオイバは、
派手で贅沢で、見せびらかせるグラスを
作ってみたら面白いんじゃないか?
と、遊び心でフローラに
脚をつけたのです。

強い意見や否定的な感想をもらうのは
自分にとって良い事なんだ!
と、どんな意見も受け入れ、
自分のパワーに変えてしまう、
どこまでもポジティブなオイバ。

オイバ自身も
脚付きフローラは「粗野」と
あっさり認めちゃってますが、
この脚付きフローラ、
スコープスタッフ内では
可愛らしいと超絶人気です。
この遊び心、いいと思うんだけどなぁ。

写真のFloraはヴィンテージ

iittala / Flora

JUL.

14

ハッとするような赤いカクテルは、
繊細なAYEがよく似合う。
氷と混ぜてグッと冷やしたら、
急いでパッと飲み、即酔う。

バカルディ社の
ホワイトラムで作った時だけ、
バカルディの名が名乗れるこのレシピ。
これ以外のものを使ったものは
Pink Daiquiriとよばれるのだそう。
本来はシェーカーで材料を
よくシェイクするけど、
シェーカーがなかったので、
氷と一緒に材料を混ぜてみた。
プロの人が見たら、こんなのはNG!と
怒られるかもしれないけど、
家で飲むなら、こんな気軽さが
調度いい気がする。
味の小さなマイナスは、グラスの雰囲気で
大きくカバーする方向。

[作り方]
・ラム 50ml
・グレナデンシロップ 小さじ1
・ライム(搾ったもの) 20ml

ラム、グレナデンシロップ、
ライムジュース、氷を
別容器に入れてよくまぜる。
よく冷えたものをグラスに注ぐ。

グラス:AYE ワイングラス

カクテル特集

JUL.

12

これからの季節は
昼間の暑さが厳しいので、
朝の涼しい時間に庭仕事を
少しずつやっておくのが、
悦子(母72歳)のルール。

今朝は伸びすぎた
ブルーベリーの木を剪定したようで
その枝がFloraに飾ってあった。

ちょっと豪快に切りすぎなんじゃないの?
と思ったけど、悦子お気に入りの
スペースに綺麗に飾ってあったので
まあ黙っておく。

その小さなお気に入りの場所で、
ラジオのテレフォン人生相談を聞くのが、
悦子(母72歳)の日課。

どこかの誰かの悩みを聞いては、
あーだこーだと持論を唱える。
そのうち私のことをも
人生相談されないように
なるべく大人しく付き合って
いかなければ…と思う休日の朝。

スコープ 成戸


ベース:Flora 24cm long クリア
オーディオ:Model One

JUL.

11

レスカ。と言うと、
少し恥ずかしくなるけど、
レスカ。と呼ぼうじゃないか。

一旦気に入ると、季節なんて関係ないさと、
しばらくハマリ続ける傾向があるスコープ。

この広島産の生レモンを絞ったレスカも
まだ雪が降っているころからのブーム。

今日の名古屋の最高気温は33℃!
スコープのレスカブームに
やっと季節が追いついてきたぜぇ?


グラス:Flora タンブラー

JUL.

10

雨、ママ、いこう。

梅雨時にはドイツ産の物干し台mamaが
部屋干しで大活躍してくれるわけですが、
シャツを干す時にだけ、
いつもどうしよう?
って困ります。
そこに東屋さん開発の衣桁が
届きお悩み解決、
雰囲気もマッチで大満足。

コートハンガーは持っているから、
正直、そんなにテンション
上がっていなかった
東屋さんの衣桁ですが、
折り畳みできて場所もとらず、
mamaと相性良く
使ってわかった、
その素晴らしさというヤツです。
コートハンガーにも良いですが
雨の日の物干しに、
実に重宝します。そして、
和の雰囲気全開で部屋の
雰囲気に馴染まない?
と心配しましたが、
実にうまく馴染んくれました。

この衣桁、只今生産の真っ只中!
9月には入荷し
販売開始する予定ですから、
暴風域の中心から、
しばしお待ちを!と
予告を叫ぶ。

これから雨風が
激しくなるようなので
今日のスコープは早々に店じまい。
さースタッフのみんな、帰った帰った!

皆さまも、
気を付けて帰路について下さい。


衣桁
9月頃発売予定、特別なオマケ付予定
mama(只今欠品中 次回入荷は10月頃?)

JUL.

07

昼ごはんが遅かったし、
昨日の残りのマリネとか、
冷蔵庫の中のハムとか、
チーズとか、餅とかを焼いて、
キッチンでちゃちゃっと食べるか。
というか、飲むか。
と、まあ、そんな流れの合宿。

音も欲しいねぇと、
シャチョウがパソコンを持ってきて
米櫃の上にのせる。
10kgと5kgの米櫃の段差は
キッチンペーパーの箱でなんとか。

もっといい音出しちゃおうぜぃと、
PALを繋いだけど、電源遠い。
ファティーを中継地点にしてなんとか。

それで、写真を見て、
今気がついたんだけど、
このPALは、Bluetoothだから
無線で使えたんだった。

ファティーの崖っぷちで
不本意にコードで繋がれ、
側面でバランスをとりながらも
素晴らしく良い音を出して、
PALは頑張っていたなぁ〜
って思った一枚。


オーディオ:PAL Bluetooth