update: 2015/03/26   


MAR.

26

「明日は上の子の卒業式で…」
そんなスタッフとの会話に
なんだか晴れ晴れしい気持ちになって
思い立ったがちらし寿司。

ちょいと楽して、
サブちゃんの力を借りたけど、
海老やらいくらやらマグロやら、
卵やエンドウやレンコンや
綺麗にちらせば、
なかなか立派にできた。

そして、みんなの門出を
陰ながら応援してる、
そんな気分になった。

週末はかんぴょうや
シイタケからちゃんと煮て、
本格的なやつに挑戦するかな、
そうそう、次は入学式だ。

text : スコープ 成戸

鉢:伊賀 九寸鉢
皿:六寸皿 印判鳥獣五画
小皿:印判小皿

MAR.

24

《報告》アレルゲン、検出せず!
~エーツーの使い処 春の章~

エーツーはアレルゲンに
とても、強い。
シュッと噴霧した瞬間に、
アレルゲン群ほぼ壊滅と、
そんな具合に強い。

絨毯や布団にシュッとしておけば、
ダニをノックダウンする力は
全くないものの、ダニの死骸から出る
アレルゲンについては、
瞬時に検出されなくなる。

これというのは、なんとも今の世に
向いているのではないか?と、そう思う。

あまりに強すぎるものは怖くて
使いたくないけれど、ダニには
効果ないながら、アレルゲンには
強烈に効果があるというのは、
実に都合良いような、
どこか安心できるような、
そんなナウな強さを感じる。

さて、噴霧したら
即アレルゲン検出せず!
という結果であるようだけれど、
実際それを何に使ったら
効果的なのだろうか?と考えると、
一つに花粉対策にどうだろうか?と考える。

家の中でも花粉症状がでてしまうのは、
室内に花粉のアレルゲンが
あるからだとすると、
取り入れた洗濯物はまずエーツー、
帰宅したら服全体にエーツー、
上着なんて絶対にエーツー。

そんな室内にアレルゲンを
持ち込まない戦法を実行していくのは
吉、中吉、大吉のいずれかだと思われる。

加えて空気清浄機、エアコンの
フィルターをエーツーしておくとか。
あっ、マスクにエーツーしておくのも
良いのではなかろうか?

そんな風に使っていたら、
そろそろ最初に買った
300mlスプレーの容量が尽きてきた。
リフィルは300mlにするか、
思いきって4Lにするか。

300mlは1ml当たり6円だけれど、
4Lは1ml当たり1.875円だから、
3.2倍お得と圧倒的!って、
今電卓叩いて具体的に認知したので、
やはり4Lにする。

text : シャチョウ

A2Care
300mlスプレー&300mlリフィル《送料無料》

MAR.

20

咲いているチューリップと
蕾のチューリップを
並べて飾りたいなぁ。

取材撮影で飾る花を考えていた時に、
シャチョウが花屋さんにリクエスト。

蕾の状態で市場に並ぶチューリップ。
花屋さんが数日間に渡り、
双方の環境を変えて成長速度を調整し、
見守り続けてくれたおかげで、
取材当日には、
曲線を描いて開花したチューリップと、
直線のままの蕾のチューリップを
並べて飾ることができた。

飾り方を一工夫してみると、
定番の花でもまだまだ
新しい風景が作れそうだと気づく。

花屋テクがない私でも、
こんな風に生けてみたい。

チューリップを買い、
数日経ってから、また
チューリップを買ったらどうだろう。
こんな風にできる気がしてきた。

text : スコープ 酒井

チューリップを生けた花瓶は
スクルーフ ベルマン・シリーズの新作。
発売は秋頃。ちょっと先。
フローラ花瓶24cmで生けるチューリップは
こちらのブーケページを参考にどうぞ。

MAR.

19

新生活に必要なものってなんだ??
何年か後に、あの選択はミスってたな~
なんてことにならないために、
シャチョウが考える、
~ソファよりもラウンジのススメ~
インテリアで家具を考える時、
まずはリビングの中心にソファを
買わないといけない、と思いがちだけれど、
そこで大きなソファーを買ってしまうと、
引っ越しする時に、
次の場所には置けない等、
後々問題が出てくる可能性がある。
更に家具が大きくなればなる程、
処分するのは大変だし、
いい物であっても大きい物は、
引き取り手がなかなか見つからない。
大きな家具ほど問題が発生し、
結局は捨てる事になってしまう。
そこでラウンジチェアはどうだろう?
フィンランドのヴィンテージ家具を
見ていると、一人掛けのラウンジチェアを
よくみかける。一度座ってみると、
その包みこまれる感じが心地よく、
デザインも洒落た物が多いから
ソファではなくて、ラウンジチェアを
家に置くがいいのでは?というのが、
シャチョウのススメ。
家族が増えたら、
その人のラウンジチェアを買いたし、
子供が独り立ちする時はそれを持って
いくというのもいいストーリーだ。
勿論、それでも大きな物だから、
ずっと使える良い物を選ぶというのは
大前提にある。
text : シャチョウ


本日公開 《特集》
新生活に必要なものってなんだ??

スタッフ成戸の
青い失敗談を踏み台にして、
新生活に賢く備えよう。そうしよう。

MAR.

18

新生活に必要なものってなんだ??
今考えると、あの選択はミスってたな~
あの頃の浮かれポンチな私に
教えてあげたい、新生活のススメ。
第三話
タオルというのは、雑多なものが
集まりやすいもののひとつだ。
実際、学生時代のタオル事情を
思い返してみると、
実家から持ってきたものや、
買い物途中で手にしたかわいいもの、
コンサート会場で買った突拍子もない
カラーリングのものが混ざっていて、
その様子は、なんとも言えない
混沌とした雰囲気を放っていた。
ワンルームのような狭い空間というのは、
生活空間が凝縮されるから、
使っている時も、それ以外の時も
気持ちのいいものがいい。
ハウスタオルなら、
違う色でもまとまると綺麗に見える
カラーリングになっているし、
柄も素材もサイズも一緒なら、
目にするタイミングがいつでも美しい。
これは使ってみると癖になるポイントだ。
できることならあの頃の私に、
『タオルはハウスタオルしかないぜよ』
と猛プッシュしたい。
一人暮らしならフェイス5枚と、
ミニバス3枚くらいが、ベストバランス。
使う場所によって色を分けたり、
友達用にはTwiggy柄、
なんていう風に分ければ更にグレート。
text : スコープ 成戸

★ 四日連続の新生活コンテンツ。
★ 最終日はシャチョウのススメ。

house towel Vol.1

MAR.

17

新生活に必要なものってなんだ??
今考えると、あの選択はミスってたな~
あの頃の浮かれポンチな私に
教えてあげたい、新生活のススメ。
第二話

何かを買う時というのは、
これを買えばこんなに便利とか、
こんなに盛り上がるとか、
いろんなシーンを思い描くけど、
そんなパッションや閃きは
案外すぐに消えさる。
最終的にずっと使えて
身につくものというのは、
使いなれたシンプルな道具。

思い出せば、ずいぶんと
不要なものを買って回り道をした。
ガスを使わなくてもいいから、
安全だよねーと買った電気ポット。
友達とお好み焼きパーティーする時に
勢いで買ったホットプレート。
トレンディな朝食にあこがれて買った
コーヒーメーカー。
だけど今も使い続けているものは
一つもない。

いつの間にか捨てて無くなっている
便利なものにとらわれるよりも
シンプルな道具を永く使って、
愛用品をつくる。
そして、使い続けるうちに
でてくる味を楽しむのだ。

そんな感覚が若いうちから宿っていたら、
今の私の周りも随分といい雰囲気に
仕上がっていただろう。

できることならあの頃の私に、
『黙ってこれを使え!』と、
銅の薬缶を手渡したい。

text : スコープ 成戸

★ 四日連続の新生活コンテンツ。
★ 明日のお話は、
★『狭い空間で偉力を発揮するもの』

銅之薬缶

MAR.

16

新生活に必要なものってなんだ??
今考えると、あの選択はミスってたな~
第一話
あれから何年経っただろう…
大学生活を新しい土地で
迎えようとしていた私は、
期待に胸を膨らませ、これからの
生活をあれこれと想像していた。
そして憧れのニューライフを楽しむべく、
買いそろえた新生活グッズいろいろ。
実は今考えると、あの選択は
ミスってたな~っていうものがほとんどだ。
今の私だったら、それは買わないよな~
っていうものばかり。
じゃあ、あの頃
何を買うのが正解だったんだろう…
消え入りそうな若かりし日々を
思いおこしながら考える、
あの頃の浮かれポンチな私に
教えてあげたい、新生活のススメ。
まずは家具。
新生活がはじまるから、
雑誌やテレビで見るおしゃれ空間に
あこがれてソファやシェルフなんかを
買いたくなるけど、ここはグッと我慢して、
家具は最小限で食い止めるのが吉。
ただでさえ狭いワンルームに、
でっかい家具を置いてしまったら
窮屈で仕方ない。スツール60なら
イスにもテーブルにも使えるし、
省スペースでスタッキング可能だから、
別の住まいに引っ越す時もノーストレス。
活躍の場所が色々あれば、
捨てる発想にはならない。
後々のやり場に困るというのが、
一番のNGだよな、
っていうのは学生時代に買った
ローテーブルを見るといつも思うこと。
立派な無垢天板。
びっくりするほど重い。
なぜに緑色。
text : スコープ 成戸

★ 四日連続の新生活コンテンツ。
★ 明日の第二話は、
★『あの頃の私に黙って渡したい物』

Stool 60 リノリウム スコープ

MAR.

14

大好きだけど飾るのが苦手。
アネモネをうまくブーケにする方法。

今回の主役は
絶対アネモネでいくって決めていた。
なぜなら、ボクはアネモネに対して
少々苦手意識がある。
その理由は
何本か束ねてブーケにしたいのに
うまくまとめられず、
なんだか残念な結果になってしまうから。
花瓶の中で位置が定まらなくて
思うようにまとまってくれない。
きれいなルックスとは裏腹に、
なかなかの強敵なのです。
でも、この苦手意識さえなくなれば
完全にボクのものになってくれるはず。
そのために花屋さんに相談して集めた
精鋭たちがこちら!
第一の選手
レモンリーフ
アネモネを足元から支えて、
サポートをする細脚の頼れるやつ。
葉っぱのサイズが大きく、
適度ににぎやかにしてくれる
ムードメーカーでもある。
第二の選手
ガマズミ
名前はゴツイが、見た目は可憐。
小さな粒々の花が、
アネモネを引き立ててくれる名脇役。
役者は揃った!次は攻略法。
まずはレモンリーフで足元を固める。
花瓶の口のスペースを埋め、
花瓶内に引っかかりができるから
他の花を生けやすくなる。
お次はガマズミの出番。
放射状に広げたレモンリーフの上に
ポツンポツンと配置していくことで
アクセントに。
最後にガマズミの近くに
アネモネを入れて完成。
ガマズミとアネモネの
大きさのコントラストがいい感じ。
ガマズミいい働きしています。
今までできなかったのに、
なんで?ってくらい簡単にできた。
今までのブーケ作りを思い返してみると
葉物や枝物を最初に入れて
花が動かないようにしてたっけ。
一年以上もやってきて、基礎的なテクが
ようやく身についた気がしています。
アネモネ苦手意識もこれで克服
できそうだし、ブーケの基本テクまで
身につけることができた。今回は思った
以上に収穫の多いブーケになった。
text : スコープ 鈴木
『ボクでもできるブーケの作り方』

『ボクでもできるブーケの作り方』

MAR.

14

住みはじめた頃は
ホワイト&ナチュラルだったウチの内装。
6年が過ぎた今、床や扉や戸棚など
部屋の中の木部がことごとく飴色に。
ホワイト&ブラウンに
変化しつつある空間に
改めて家具を選んでみたら
アルテックの新色、
ハニー&ウォールナットの色味が
ちょうどよかったです。
ナチュラルの育ちを待つのも良いですが
スツール60もハニー&ウォールナットで
ビンテージ色に一足飛びさせてしまう
そんな色選びができるようになりました。
さらにスコープでは無塗装に自分で
ペイントするという趣味人的選択も!
鈍行に乗るか、
新幹線に乗るか。
または自分で運転してくか。
そんな感じで選べます。
text : スコープ 平山

Artek Stool 60 新色

MAR.

13

フローラピッチャーでサングリアを作ると
ワイン一本ちょうど使い切れるという、
ちょっとしたスッキリ感。
先日、パエリアに合わせて作った
スコープレシピのサングリア、
フルーツを入れやすそうだったから
フローラピッチャーで作ってみた。
オレンジ 1コ
レモン 半分
バナナ 半分
はちみつ 大さじ7
そこに、750mlのワイン一本を
注ぎきるといい感じの水位。
残さず使いきれて気持ちいい。
レシピ↓
http://cookpad.com/recipe/1488224

ラップをして一晩寝かせれば完成。
フルーツを入れるから、
お手頃価格のワインや、飲み頃を
過ぎてしまったワインくらいが丁度いい。
カベルネ・ソーヴィニヨンとか、
飲み応えがあってタンニン強めのワインが
フルーツと相性が良いという
ネットで調べた情報も参考にメモ。
グラスに注ぐ時に、サングリアが
垂れるという非常事態が起こると
予想されますが(経験済)そのへんは、
なにかしらの工夫でクリア!願います。
text : スコープ 酒井


Flora ピッチャー120cl