update: 2015/02/26   


FEB.

25

ブーケコンテンツの撮影終了間際、
にぎやかしに登場したシャチョウが一言

シ)これめっちゃええやん!

酒)シャチョウ、そっちは未完成です。
  主役の花が入ってない途中のやつです。
  とりあえず生けてあるだけでー。

シ)やっぱフローラベースには
  こういうシンプルなグリーンが
  一番似合うと思うんだよね~。
  ええやん。
  写真撮ってフェイスブックに
  アップしちゃいなよ!ユー!

酒)A~ha!(心の中で)

シャチョウがガン無視していた方の、
完成ブーケは、近日公開!
お楽しみにね~!涙
スコープ 酒井

ベース:Flora ベース24cm long クリア

FEB.

23

イッタラに別注した
オイバ・トイッカのエッグ。
小さいのにひとつひとつに
手彫りの刻印が刻まれている。
 Nuutajarvi 2013
 O.Toikka
 Scope
バードを何羽か集めていると、
そのバードが、いつ、どこで
誰のために、何羽作られたのか、
という事を知るのがコレクションの
楽しみのひとつになる。
年号が入っていれば、
その年限定で作られたという証、
アニュアルバードには必ず刻まれている。
アニュアルバードだからといって
手彫りというわけではないから、
案外手彫りの刻印が入っている
バードというのは少ない。
シャチョウが強くリクエストしたから、
ってのもあるけど、
手彫りの刻印が入ったエッグは
何か特別で嬉しい。
2013年 ヌータヤルヴィの
閉鎖が決まった年に生まれてきた
スコープのエッグ。
今年はもう、2015年。
時が経つほど愛おしさが増している。

エッグ:Birds by Oiva Toikka Egg

FEB.

19

ドリアは、浅か深か。
グラタン皿研究会
永遠のテーマに迫る。
深い方が沢山食べられるという発想で、
ドリアは深めだと言ったのは
深派の女子研究員2名。
対して、
薄くてなんぼだ。と主張するのは
浅派の男子研究員2名。
焼けたチーズ部分とご飯の配分が最高で、
いわゆるヘブン状態が
最後の一口まで続くという理由。
いっぺん、どっちも食べてみやぁ。
ということで。
今日のランチは、ドリアを
深さ 4cm 5cm 6cm で食べる会。
結果、3口目くらいで
あっさりと寝返ったのは
旧深派の女子研究員2名。
ヘブン状態か、なるほどー。
4cmが一番美味しく感じてしまった。
薄いから、と心配していた量も、
なんだ、丁度良かった。
レストランでもドリアは大抵薄いもんね。
今更だけど。
とはいえ、広い世の中には深派もおり、
深いオーブン皿でつくりたいものもある。
どちらかにする。ではなく、
どちらも作る。
というのがスコープの流儀。
深さのバリエーションは
大抵の魚焼きグリルに入る浅いタイプと
たっぷり作れる深いタイプ、
両方のサンプルを作ってみようかー。
という方向で進めている今日この頃です。

グラタン皿研究会 : 酒井

FEB.

18

中国の丸いお茶玉、
花がポンって出てくるやつ。
あれをティモグラスで飲めば、
ちょっと楽しいのでは?
という、超女子的、超安易な発想で
今日のティータイムは中国工芸茶。

ティモはこう見えても耐熱グラスだから、
安心してチンチンの熱湯を注げる。ナイス。
満水で400mlも入るから
しっかり茶葉も広がる。ナイスナイス。

ついでに、グラスの真ん中あたりが、
素手で持っても熱くないように、
ガラスに厚みをもたせてあるから、
開いた花が実物より大きく鑑賞できるという
予想外のケントデリカット効果!

3煎くらい楽しめるので、こちらも
クラシックジャグを横に置いておけば、
しばらく話に花が咲きます。

text : スコープ 酒井

グラス:The Timo Glass

FEB.

16

初めて靴の中にシュッツした日は
小さな勇気がいった。

無色・無臭の除菌消臭剤の
エーツーケア。
靴に防水スプレー以外のものを
噴霧したのは初めて。
が、一度シュッツの世界に踏み込んだら
除菌消臭された安心感に、
もはや、やらずにはいられない。

菌による変色や匂いを
抑えてくれるから、
結果として、靴の寿命も
延びるという事。

毎日履くスニーカーはもちろん、
奥深く暗黒の世界が渦巻くブーツにも。
エーツーする度に玄関の空気も
クリーンナップされて一石二鳥。

お客さんの帰った後のスリッパにも
エーツーしておけば、
スリッパも長持ち。
次に来たお客さんも、
きっと気持ち良い。

玄関ではないけど、
うちで重宝しているのは学校の上履き。
子供が金曜に持ち帰ってきても、
この時期の靴洗いは、週末に
日差しがないと月曜までに乾かない。

そんな週末は、靴洗いを一回パスして、
エーツーをシュッツ!
ちょっと濡れてしまうくらいシュッツ!
室内や曇り空の下でも乾くし、
とりあえず、除菌消臭OK。
靴洗いしたものとみなす。

使いたい場所は他にもあるけれど、
定位置で置いておきたい場所
其の一は、玄関。

text : スコープ 酒井

A2Care除菌・消臭剤
シューズラック:Shoe Rack Gaston

FEB.

13

この時期だけの
ラナンキュラスを使って
ドライになるブーケ。

「思っている以上に
いろんな花がドライになるんですよ。」
そう花屋さんに教えてもらって、
去年ずっと気になっていた、
花を飾った後のことがすっきり解決した。
そうかドライにしてしまえばいいんだ。
花を飾るたび、
ドライフラワーが増えていく。
花や葉っぱ、実ものまで、
いろんな植物がドライに。
バリエーションが増えたら、
Floraボウルに入れたり、
ランタンに入れたり。
いろんなガラス器に入れて飾ってみたい。
なんて乙女な妄想話を
女子スタッフにするのは
ボクのキャラではないから
黙っておきたい。
でも結局話してしまうんだけど。
2015年は「何でも 干す男」に改名して
がんばってみようと思います。
もう2月、ちょっと遅い今年の抱負。
そして、2015年、最初のブーケは、
「ラナンキュラス」のブーケ。
いろんな色があって、男性でも
選びやすくて、どう飾っても失敗しない、
この季節だけの花。
さらに、今年のキーワード、
ドライにもなるんです。
飾って楽しんだ後は
しおれる前に、水からあげてドライに。
初めてドライフラワーに
チャレンジしたけど、
想像していたよりも簡単。
ブーケにしていたものを紐で結んで
直射日光に当たらない、
乾燥した場所に干す。
暖房の近くだとより早くドライになる。
壁から離すと均一にドライになる。
コツはこれくらい。
今の季節は乾燥しているから、
ドライフラワーをはじめるには
一番いい時期なんだとか。
今回ブーケにしたラナンキュラスも
一週間で花はぐっと色が深くなり
小ぶりなかわいいサイズに
順調にドライ化しています。
次は何を干そうか。
いろいろ試してみたい衝動に
駆られています。
text : スコープ 鈴木

ボクでもできるブーケの作り方

ベース:Flora Vase 24cm long クリア

FEB.

11

ベージュベージュ、ツイギー。
ベージュ、ツイギー、ベージュベージュ。
いい間隔でツイギーを積みたくて、
タオル畳み中に、タイミングを
見計らってツイギーを手に取る。
そんなちょっとした事が
いつの間にか習慣になっている。

house towel Twiggy
house towel Vol.2

FEB.

10

このスカーフを見た時に
パリに住んでいた友達の
こんな話を思い出しました。
フランスは、気温が変わりやすい
時期があって、そんな季節を上手に
乗り切るのにスカーフがとても便利。
それゆえにパリの女の子たちは
スカーフの使い方が
とても上手なのだそうです。
寒さを感じたら肩からサラっと羽織ったり
首に巻いたり、ひざ掛けにしたり。
突然雨が降ったらキュッと頭に巻いたり。
多くの人が常にバッグに入れて
持ち歩いている。
鹿児島さんの、このスカーフも、
季節の変わり目に バッグに入れておいて
サラッと使ってみたくなっています。
パリジェンヌのようにはいかないまでも。
text : スコープ 花井

鹿児島 睦スカーフ

FEB.

09

花を飾る事が日常化する芽
from scope apartment 026
Flora Vase 《 Rewrite 》
この花瓶と出会ってから
花を飾るという事が
実に身近になったと思う。
花を飾る。どれだけ花瓶を持って
いても日常化しなかった事が、
一つの出会いで大きく変わり
不思議な程にすんなりと
日々の生活に定着していった。
その変化の芽となったのが、
このフローラという花瓶、
実に使い易い道具との出会いだ。
デンマーク王室御用達ブランド、
有名デザイナーとセールスポイント
の多い物なのだけれど、
それらは結局、使っていく中では、
どうでも良くなっていく。
フローラの魅力は
使い易さ、そこに尽きる。
口が狭いので花を飾りやすく、
一輪の花をとても綺麗に見せる。
出先の山や公園で摘んだ植物でも、
道で見つけた雑草でもいい。
それで絵になってしまう。
また、倒れた所を見た事がない程に
下部が広く安定している形状ので、
24cmの大きなサイズを使えば
枝を飾る事もできる万能ぶりです。
置いてあるだけで絵になる
そんなデザイン性の高い花瓶も
花の飾り易さに欠け、使う事が
抜けてしまえば単なるオブジェ。
それならば、他に良い飾りは
いくらでも見つかるのだから、
わざわざ花瓶でなくてもいい。
このFloraが日本の家庭に広まり
多くの人が花を飾るようになれば
どんなに素晴らしいことだろう。
食器でいう所のティーマ、
家具でいう所のスツール60。
日常使いの素晴らしい名品達、
これは新しい其の仲間だと思う。
そして、こういった物は、
自分以外の人が使っているのを
見ると少し嬉しく思えてしまう。
本当は逆なはずなのに不思議だ。
text : シャチョウ

from scope apartment 026
ベース:Flora ベース

FEB.

06

Lehtiファブリックで、
カーテンを作っています。
フラットカーテンなら
Lehtiの柄も活かせるし、
手をほとんど加えないから、
カーテンとして使わなくなっても
布としての価値を残せる。
なにより簡単。だろう。
そう思って、5メートル購入。
手芸初心者による
手芸初心者のための、手芸部。
という名目で、カーテンの
両端を縫っているところ。
”LEHTIKANGAS” 
AINO AALTO DESIGN 
ARTEK TEXTILE

そして、ココ、この部分、
カーテンの片端にある、
テキスタイルの一番おいしいところ。
三ッ折りで巻き込んでしまわないように
アイロンで慎重に折り目をつけた。
薄めのコットン地だから、
カーテンになると、障子のような
明るさになるのかな?
無事、それらしきものが出来たら、
またご報告したいと思ってます~。
スコープ 酒井

Artek LEHTI コットン・コーテッドコットン生地

FEB.

05

無類の酒好きだった太宰治は、
湯豆腐を肴に夕方から
ちびちび晩酌を始めるのが
楽しみだったのだとか。
『豆腐は酒の毒を消す。
 味噌汁は煙草の毒を消す』
というのが持論。津島さんの家は
あんなに豆腐を買ってどうするんだろう、
と近所の噂になるほどだったらしいから
相当な豆腐消費量、とともに
酒の消費量もすごかったんだろう。
色々なお酒に興味はあるけど、
何を隠そう私が一番強いのは日本酒だ。
日本酒だったら結構いける。
そしてとまらないから調子にのって
飲みすぎる傾向がある。
そんな時は、一緒に豆腐を食べて
おけばいいのですね、太宰先生。
text : スコープ 成戸

湯呑: 伊賀 丸湯呑
鍋:伊賀 布袋鍋

FEB.

04

A2すると、花持ちがすごくいい。
シャチョウが興奮気味に話す
A2の使い方。
A2というのは、無色・無臭の
除菌消臭剤、A2Careのこと。
なんでも、ANAの機内やラウンジでも
使われているらしいのだけれど
本当に花持ちが良くなるのだろうか?
ちょうど、ブーケ用に用意した
アネモネがあったので試してみた。
先週木曜:
片方はそのまま、
もう片方の切り口にA2をシュツ!
茎の長さと水の量は同じにして
飾ってみる。
本日水曜:
両方ともしおれてはいない。
がしかし、びっくりしたのは、水の量。
A2した方が、格段に減っている。
ということは、
たくさん水を吸ったということ。
こころなしか花も元気、
色も鮮やかな気がする。
シャチョウ!
これはすごいかもしれませぬぞ!
と報告したい気分が高まりますが
ただいま、フィンランド出張中
FBにて報告でございます。
そうそう。
一昨日からスコープでお買い物してくれた
皆さんにもサンプル同封中!
ぜひぜひ、いろんなところにシュツ!
試してみてくだされ。
以上、鈴木でした。

花瓶:Floraベース

FEB.

03

スタッフもシャチョブロを
見て知るシエッポ速報。
シャチョウ、事件は、
現場で起きてるんですね。


シエッポ復刻!そんな簡単な事ではないわな。人生山あり谷啓だ。 がっ、頑張るわぁ。|シャチョブロナウ ツー

FEB.

02

この写真に写る
アルテックのスツール60、
1930年代~60年代の
古い物ばかりですが、
どれも現役で使えます。
『これは持っていっていい?』
子供が巣立つ時、
そんなお願いをする物は、
こういう物なのかもしれないですね。
そして新たに始まる生活に
持って行きたいと、そう思う程に、
小さな頃から生活を伴にした
愛着のある道具が
一つでもあるというのは、
何より素敵な事です。
丸い天板に、無垢材を曲げた脚を
直接ネジで固定するシンプルな構造は、
何十年経っても現役で壊れる事なく、
シンプルなデザインなので
飽きる事もない。
とにかく長く付き合う事ができるのは、
数多く存在するヴィンテージが
証明してくれています。
このスツールと伴に毎日を過ごし、
傷や汚れもつき経年変化もし、
段々と自分のスツールになっていく。
何年も生活を共にした物は、
新品と交換して欲しいと言われても
絶対お断り!なぐらい、
大切な物に育っているはず。
使った先が、手にした時より
価値が高い。
そういった物を選んでいけば、
捨てる時の心痛む瞬間を
迎える事もなく、
刻まれた記憶も消える事もない。
スツール60を使っていて、
そんな風な事を思っています。

スコープ別注スツール60
価格改定前の最終入荷
2月2日22時より販売開始です。

JAN.

30

突然ですがシエッポを復刻します。
2015年スコープ最大企画は其れです。
そんでもって、シエッポは布で包まれ
皆様のお手元に届く予定ですが
その布は石本藤雄先生が新たにデザイン
してくれます。もうしてくれました。
僕はシエッポを復刻したかった。
そしてオイバと石本先生はとても仲良く
されていて、二人並んで座っている。
そんな光景が僕の頭によく浮かびます。
それらが混ざり2015年スコープ最大企画
シエッポ復刻が組みあがっていきます。
シエッポ復刻が大体決まり、
その発売時に、
何か特別な事をできないだろうか?
そんな事を考え続けていた2014年12月のヘルシンキ出張中に、あっ!と閃きました。
復刻するシエッポをフローラのように布で包もう、その布を石本先生にデザインして貰おう。そうキラッときたわけです。
まぁ、これは途方もなく
無茶な発案でして
無理過ぎて誰も思い付きもしない。
でも、僕は絶対に
実現させたかったから、
まずオイバに話してみました。
これがオイバの反応です。
『それができたら素晴らしい事だけれど
 フイ(石本先生の事)はテキスタイル
 のデザインは、もうしないだろう。』
よくよく考えればマリメッコでの仕事が
終わってから布の仕事はしていない
石本先生ですから、そんなのは所詮無理
な話というわけです。
それでも、まぁ、聞いてみようと
その日の夜にオイバと石本先生、そして
イッタラの人々と大勢で夕食に行く機会
があったので、石本先生に話してみた。
すると。
『デザインするのは凄い力がいるんです。これで正月休みがなくなりましたね。』
えっ?やってくれるって事?
サクッと一発返事でお受けいただきました。
凄い流れだなって我ながら思います。
流石のオイバも少し驚いてました。
『フイがやるのか?ブラボー!』
という事で、スコープはSieppoを復刻し
そのSieppoは石本先生が新たに
デザインした布に包まれ
皆様の手元に届く事となりました。
2015年スコープ最大企画
《シエッポ復刻》
オイバ・トイッカ+石本藤雄+スコープ
にてお届けしちゃいます。
さて、シエッポの事も少し話します。
オイバ・トイッカのバードといえば
その始まりはSIEPPOです。
それはどうやって生まれてきたのか?
そんな事をオイバに聞いてみた所、
それは、そうだな、
パァーっと出てきたんだ。
と言ってました。予想通りのお返事です。
そのシエッポをもう一度作りたい。
というのが僕の中にずっとありまして
それがようやく実現するわけです。
ビンテージはなかなか見つからないし
高いし誰もが手にできる状況ではない。
でも皆欲しい。シエッポ作って下さい!
それは皆さんから頂く最多リクエスト。
だからやろうと、それだけの事です。
でもどうせやるのなら!
僕が作りたいのは2000年前後に
再生産された綺麗に形の揃った
少し大きなSieppoではなく
(オイバのバード本の
Sieppoはこの新物)
個性豊かな形をした小さなシエッポ。
それも裏面は綺麗に研磨されていて
サインも手彫りでという
まさに1972年から1978年に生産された
発売当初のシエッポが理想です。
凄い個体差になるから
どう売るのか?今から頭が痛い所ですが
とりあえずは、その事は忘れておきます。
進まなくなっちゃうから。
シエッポを今作るってだけでも
大変な事ではありますが、更にその形や
加工まで細かく希望があるので、
ほぼ不可能な領域だと思っていたのですが、色々な好材料が重なりまして
いよいよ本格的に実現とあいなりました。
ただ、当時の色が全て使える訳ではない
ので、オイバのご助言を仰ぎながら
近い色を組み合わせてます。中には
新しい色もありバリエーションに富みます。
結局、ファーストプラン
13バリエーション
でしたが、オイバと話していく中で
2色追加の15バリエーション
作りたくなってます。
それはこれからまたイッタラに話さないといけないんだけど。月曜に話します。
まぁ、途方もない事になってきてますが
新生スコープの新イッタラ企画という事で、今後もスコープをご贔屓にして頂けますと僕らも新しい事にチャレンジできますからどうぞスコープをお願い致します。
そして今回復刻するのは脚無しのみ。
これがうまく行ったら
脚付きに突入しますね。

北欧出張記 2015
2月のフィンランドは、まぁまぁ寒い。
シャチョウより。

JAN.

30

ヘルシンキのイッタラショップへ
行ったら、こんなアラビアの
ムーミンマグ売ってました。
このパッケージ?というか紙の屋根?
かわいいですね。ナイスアイデア!
スコープでも取扱いできると
いいんですけど。

北欧出張記 2015
2月のフィンランドは、まぁまぁ寒い。
シャチョウより。

JAN.

29

スタッフがデパ地下で
節分のお菓子を買ってきてくれた。
今日は私がお茶の準備をするよ。
という理由をつけて
先にお菓子を見せてもらった。
なんてかわいいんだ。
最初からお皿に並べておくなんて
もったいない。そう思って、
重箱に移して蓋をした。
お茶ですよー。
と呼ばれた皆が席に着く。
中に何を入れたか知っている私でも、
蓋をあけた瞬間は
何度でも盛り上がれるものだ。
蓋付き重箱の和菓子使い、
四つ並べてちょうどいい感じ。
今週末は、私も近所の
和菓子屋さんへ行ってみよう。
text : スコープ 酒井

器:重箱
他:汲み出し湯呑み、茶托