twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

artek

2万円購入で
イッタラキャンペーン

スコープで販売中のアルテックの商品、家具は1点につき1枚、ファブリック・小物は合計20,000円(税込)購入につき1枚、六寸皿 印判 Lehtiがもらえます。もともとスコープ別注で復刻してもらったLehtiファブリックの柄を印判皿に。製作は東屋さんにお願いしました。ノベルティでしか手に入らない特別なお皿です。(わけあり品も対象・なくなり次第終了となります)

PRESENT

六寸皿 印判 Lehti

材質:磁器
サイズ:約φ180×30mm 280g
Made in Japan
電子レンジ ○ / 食器洗浄器 ○
*柄の入り方が違う3パターンをランダムでお付けします。どうしても柄に希望がある場合は備考欄にご記入ください。

レフティ六寸皿

artek ロゴ

北欧モダンを代表するフィンランドのインテリアブランド「アルテック」は、建築家アルヴァー・アールトを含む、4人の若者によって1935年に設立されました。彼らは、日常の暮らしをより快適にするために、建築をはじめとする都市開発から芸術に至るまでトータルに作り上げていくという考え方を提唱しました。世界中がモダニズムに湧き上がる1900年代初頭に、アルテックは自然素材をふんだんに取り入れ、新しい木工加工の技術を開発し、これまでにないデザインの世界を切り開きました。

アルテックの社名は、アート(Art)とテクノロジー(Tech)に由来し、「感性」と「機能性」を象徴しています。

アルテックは新しいものを作り続けるだけにとどまらず、家具やデザインのあり方をもう一度考え直そうと「セカンドサイクル・プロジェクト」をスタートさせました。これは創業以来、販売してきたアルテックの商品を収集し、今日も生産し続けている同じデザインの商品とともに並べることで、本当のタイムレスなデザインを考えるきっかけを作るというものです。今ではヘルシンキ市内セカンドサイクル専門のショップをにオープンさせるまでに至りました。

アルテックは、論理的な考え方と美意識、そして環境保護という3つの柱を土台としています。高い品質と時代に左右されないデザイン、自然素材を使った人にも環境にも優しい製品作りを続けています。

Pirkka Stool

Domus Chair

スコープが別注したドムスチェアは、ビンテージのドムスチェアの背と座面が明るくてフレームが濃い配色を採用。さらに2016年には、革張りのドムスを別注。こちらはフィンランドのスタバにあったドムスラウンジと同じ革を選んでいます。

LEHTI

Stool 60・E60 リノリウム スコープ

なぜスコープがスツール60をリノリウム、しかも18色ものカラーバリエーションで別注したのか?それは、ずっと使っていく物だから、先の姿が美しい物を手にして欲しいと思ったから。ビンテージのスツール60を集め続け、過去をしっかり見たスコープは、完全にリノリウム推しです。

Pirkka Stool

Pirkka Stool

10年ほど前、北欧ヴィンテージショップで初めて出会ったピルッカスツール。当時、知識はなかったけれど、それと知らなくとも目を惹く魅力があり買ってしまった。その時の印象もあり、定番色に加え、ハニーのピルッカスツールを別注してしまった。

Chair 69

Chair 69

数ある椅子の中から、何故チェア69を選んだのか?見た目の好みや使い勝手の良さも勿論あるけど、ビンテージを見ての信頼が大きい。1940、50年代の物を日々愛用しているけど、壊れた事がない。長く愛用できるという点でチェア69を選んだ。そして、ドムスチェアに配色を合わせ色別注もしました。

LEHTI

High Chair K65

ハイチェア K65の使いどころ、それは、カウンターだけでなく実はキッチンにあるのではないか?座面がフラットだから物置き場所として活用する時間が使ってみると非常に多くなります。下手をすると置き場所としての利便性があまりに良くて、座るという事を忘れ、いや諦めてしまう事になるかもしれない。

MEADOW FLOWER

MEADOW FLOWER

2014年の季節限定!アルテックのファブリック、メドーフラワー。単色プリント植物柄、地味でも、派手でもない、そのバランスが使い易い。サッパリとした北欧の食器を日本で使うには、メドーフラワーがうまく馴染みます。