twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
Artek (アルテック) /  Domus Chair


Artek / Domus Chair

イルマリ・タピオヴァーラの
ドムスチェアは
北欧椅子のスターになるって予言


これは研究材料で、これを使って
オリジナルや別注を組み立てるんだって、
相当量のビンテージチェアを買い集め、
何年も数々の椅子を使って来たんだけど、
その中で好んでいつも座っているのは、
フリッツ ハンセンのエイトチェア、
アルテックのチェア69、そして
イルマリ・タピオヴァーラのドムスチェア。
この3脚だった。中でも、ドムスチェアは
特に長時間座る時に、ほぼ確実に選ぶ。
シープスキンをバサッとかければ、
これに勝る快適さは、なかなか他に
見つからないんじゃないか?と思う程に
座り心地はよい。そして、
この組み合わせは真夏以外いける、
というのも気に入っているポイント。

1946年にヘルシンキの学生寮
ドムス・アカデミカの為に
イルマリ・タピオヴァーラが
デザインしたドムスチェア。
ドムスの良い所は、嫌な所がない所だ。
座面も広くて座りよいし、
背の形状によって背骨が当たって痛い、
なんて事を聞く椅子もあるけれど、
ドムスに関しては、それもない。
またフィンランドらしい骨太な作りで
とても丈夫だし、40年以上経過した古い物
ですら、今でも現役で安定して座れている。
小さな肘掛もとても便利で重宝し、
肘掛が小さいから、テーブルに収めた時も、
椅子が大きく出なくていい。

更に、こんな骨太な作りでいて
スタッキングできるというのは
なんとも可愛らしい家具だと思う。

Yチェア、セブンチェア、
オシャレな北欧空間をほぼ占拠する
デンマーク椅子群に加わり、
北欧のド定番椅子の中心として
フィンランドのドムスチェアが
新たに加わるんじゃないかと、
僕だけかもしれないけれど、そう予想中。
新スター誕生か!?


Artek (アルテック) /  Domus Chair



都会的な洗練された家具
ではないんだけれど
これがいいと思ってしまう。


このドムスチェアには、
なんとも素朴な可愛さがあるよう。
それは洗練された都会的な魅力とは違う
どちらかといえば、モサっとした、
田舎の良さみたいな所。
エロカッコイイではないけれど、
ダサオシャレ、ダサレだ。
なんかホッとするし、印象も暖かい。

これは本当に不思議な魅力だと思う。
イルマリ・タピオヴァーラのデザインした
家具に共通する魅力というか。
このドムスにも、ピルッカにも同じような
そういう素朴で純粋な可愛らしさがある。

また、日本でよく知られた椅子でもなく、
これを選ぶのも、見栄みたいな所から
離れた所にあって、どや感もない。
そういうのも良いのでないかと思ったりする。

よくよく振り返ると、多くの名作椅子が
並ぶスコープの事務所で、スタッフが
欲しいと口にするのは、みんな、ドムス。
友達から仕入れられない?
ってメールがくるのもドムス。
なんとも不思議なのだけれど、
僕の周りは今、ドムスが欲しい、みたい。
やはり、ちょっと変わった魅力があるようです。


Artek (アルテック) /  Domus ChairArtek (アルテック) /  Domus Chair


別注しちゃったのは
僕が愛用しているビンテージの配色を
復活させたかったからってだけの理由


結局、ここを書く事で、僕がビンテージの
椅子を買い集める事が、無駄使いではなく
とても意味がある事だ、という事がわかる。

そう、今回の別注のベースは古いドムスチェア。
その配色を初めて見た時、どうもモサっとした
印象だったのだけれども、ビンテージのドムス
ほど見つけにくい椅子もないので、状態もいい
からと買う事にした。
それで使い続けて、見事に気に入ってしまった。

背と座面が明るくて、フレームが濃い。
もうコレを使いだしてから、ナチュラルは、
僕にはちょっと重みが足りない。
だから、お気に入りの配色で
別注してしまったわけで、
更に全てを均一に揃えるより、バラバラに
好きに揃える方が良いという気持ちも込め
僕の持ってるビンテージに近い色2色を使い、
4バリエーション作った。
まーどれがどれでって事はないけれども、
好きに混ぜて、他の椅子も混ぜて、ビンテージ
も混ぜて使うのがいいんじゃないかと思う。
その為に作ったバリエーションでもある。
新しいドムスから始め、ビンテージのいいのと
出会ったら、それを買い足すというのは
なかなか満足行く結果になると思うのです。

ドムスチェアの座面は少し高いです

フロアガードも付いているので座面の高さは46㎝あります。
ワイチェアと比較して4㎝高く、スツール60やセブンチェアと
比較して2㎝高いです。一般的な椅子より座面は高めです。



Artek (アルテック)
Ilmari Tapiovaara (イルマリ・タピオヴァーラ)

材質 本体:バーチ
背・座:バーチ成形合板
仕上げ:ラッカー塗装(クリア・ハニーステイン・ウォールナットステイン)
サイズ W580×D540×H800mm
シート高:460mm アーム高:655mm (フロアガード含む)
梱包箱:W610×D580×H830mm(1脚入)
重量 約6.1kg
生産 Made in Finland
備考 完成品(フロアガード付き)、 スタッキングは4脚まで
 

Artek Domus Chair

  • Domus Chair
    •  バーチとハニーはアルテックの定番、それ以外がスコープ別注カラーです。
      (S)はシートと背板、(F)はフレームのカラーです。
  •   Domus Chair ハニー(S)×ウォールナット(F) ハニー(S)×ウォールナット(F)
      Domus Chair ウォールナット(S)×ハニー(F) ウォールナット(S)×ハニー(F)
      Domus Chair ハニー ハニー
      Domus Chair ウォールナット ウォールナット
      Domus Chair バーチ バーチ
  • ¥77,700(税抜き)
  • 家具について
  • 木製品について